訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ オカメの口笛演奏

久しぶりにオカメのマツタケ君12歳の口笛演奏の録画に成功しましたので、
ブログ2にアップしました。
難しいんですよ…。
録音するのが…。
よく歌ってくれているのですがね…。
↓クリック
久しぶりに録画したオカメの口笛演奏
スポンサーサイト

お知らせ

ブログ2に鳥ネタ記事をアップしました。
アオメ及びソロモン
↓クリック
試行錯誤後の現在

申し訳ありません。
前回の記事
「12年目のアオメは18歳」

写真を「別名で保存する」モードになっていなかっため
写真が一部消失してしまったため、削除中です。

激動が予想される2016年+鳥写真でご挨拶

波乱万丈になりそうな2016年となりました。
昨年一年間は
政治、経済、世界情勢、ホントの日本史、ホントの世界史、考古学の最新情報…
などを調べ続けておりました。
色色ありましたが、ブログ更新する暇がない一年でもありました。
…すみません…。
どうも、趣味が多すぎるようです…。
ついでに、介護と、孫育てと、お仕事も同時進行で…
ブログつぶそうかな…とも思いましたが、
思いとどまっております。

昨年末、長女がこんなことを言いました。
仕事の関係で出席した忘年会で、自分よりかなり年配の男性が言ったそうな。
「うちのおやじ、最近パソコン自分で操作して、
 ネットでYouTube見まくって
 テレビ報道はやっぱり嘘だったんだ、って言いだしたんだよ…。
 あはははは…」
そのお父様というのは、70歳代だそうですが…
長女は言ったそうです。
「うちの母もです…」
・・・・・・
・・・・・・
おい、
その70歳代のお父さんはすごいと思うけど…
私の親の年代だよ…

ま、いいか…
いあ、すごいおじい様ですね。

なんでも、
東北大震災の時のテレビ報道が変だと感じられたそうで、
災害があったときは黙って働いて、
復興に努めるのが当たり前なのに、
「保障しろ!」
だの、一部の限られた人たちだけの報道ばかりだった。
よく調べたら、特定のごく一部の人たちだけのことを
まるですべてのことであるように報道していたことが分かった。

そうなんですよ。
70歳代のお父様、素晴らしいです。
よく気づかれた。
私の実家の母はパソコンはできませんが、
やはり言います。
「テレビは見ない」

テレビ報道は嘘だとわかっているのです。
・・
だいたい、
芸能人の「結婚」とか
芸能人が「亡くなった」
とかいうニュースを
トップニュースで報道するところからして

どうも、芸能人の内輪の世界観だけしかないようです。

報道関係に詳しい方の話を聞くと
テレビ局の報道関係のスタッフ自体が、世界情勢について全く分かっておらず、
幼稚園並みなのだそうです。

そして、テレビ、新聞がなぜ、いわゆる「偏向報道」をするようになったというと、
70年以上前に、日本を恐れたアメリカが、そして不凍港を求めた共産党旧ソ連のコミンテルンが、
陰謀によって、
素直でお人好しな日本人の心を曲げてしまった結果だと言わざるを得ない。
日本の味方、ケント・ギルバート氏も怒っている。
「テレビに出たけど、
一番言いたいことはカットされて、
まるで逆の意見であるかのように編集されて放映されている。」
他の論客たちも口をそろえておっしゃている。

「テレビで本当のことを言うと、そこの部分をカットされたり、
二度と出演依頼が来なくなったりするんですよ」
「テレビの出演依頼が来て行ってみると、
<こうこうこういう意見を言ってください>
と言われて、いやだというと
出演断られるんですよ。」

つまり
テレビに出ている〈専門家〉
はお金と名声欲しさに
テレビ局の言われるままに、
「うそ」
を言っている人たちが多い…
(注 全部ではない)
ということですね。

我が家は家族で
「朝日新聞を糺す国民会議」
に参加しています。
捻じ曲げた記事がほとんどで、
洗脳されている人もまだまだ多いです。
日本を戦争に導いたのも朝日新聞なら、
現在国力を弱めるために頑張っているのも朝日新聞です。
「人民日報日本語版」
と言われています。

最近は「ホント」を伝えてくださる方々がいてくださるので、
よし、今年もお勉強しよう!
という意欲が高まっております。
読みたい本がたくさんありすぎて、どうしよう…という感じです。

日本は「不思議の国です」
ホントの日本史は面白くて仕方がない。
ついでにホントの世界史も面白い。
ホントのチャイナの歴史や、ホントの朝鮮半島の歴史も知れば知るほど納得がいく。
この年で歴史の勉強が、こんなに楽しくなるとは思ってもいませんでした。
経済関係も、わかれば面白い!

日本人で本当によかった。

ごたごた長くなりました。
では
今年も元気な鳥さんたちの写真です。
・・・
え~
実は年末に富山独特の
「ぶり起こし」
という雷のせいで、
PCが2台いかれてしまいまして、
保険に入っていたおかげで、
無料でWin10になったのですが、
写真加工がうまくできておりません。
ご了承を…。
↓きゃっちパパです。10歳です。
2016新春1

↓右よもぎママです。左ぷらちー(息子)です。一緒にいますが親子です。
2016新春2

↓からっとです。一人暮らしです。コニュアは組み合わせが難しいです。 仲が悪いのを一緒にすると流血沙汰になるので…。
2016新春3

↓なのなの です。女の子です。
2016新春5

↓えぐぜ です。
2016新春4

↓金平糖です。
2016新春10

↓昨年孵化一日目から挿し餌で育てた ちゅみちゅ と 我が家最長老の まつたけ です。
2016新春6

↓六神丸(ろくしんまる)です。いつもは「ろくちんまるぅ~♪」と呼んでおります。l
2016新春7

↓左 ぐられんと 右 早明大(そうめいだい)
2016新春8

↓ベル君とテンちゃんは…相変わらず「二人の世界」です・・・。
2016新春9

↓実は…超ニュースはジュリアさん!
毎年この時期は…お腹ハゲてるはずなのに…
ハゲてない!!
奇跡だ!!
2016新春11

「天皇陛下って何している人?」と子供に聞かれたら

小学校の3年生くらいの時、母親に聞いたことがある。
「天皇陛下って何してる人?」
親の反応は言葉に出すのも畏れ多いといった風で
まるで腫れ物に触るかのような様子で…
……
何も教えてくれなかった…。

が~ん

母は小学校の6年生の時に終戦だったので、
どう説明して良いのかわからなかったのである。

さて、ひと月ほど前、小学校3年生になる孫第一号がこう聞いてきた。

「天皇って日本で一番偉い人?」
(こら~~!天皇陛下と言いなさい!勿論注意しましたが…)

さて、小学校の3年生にどう説明するか。
ポイントを書きだしてみよう。

・ 「偉い」という言葉の意味は幅が広いので使い方は難しい。
・ 「歴史の長さ」「伝統」「権威」「位」を考えると世界一かもということになる。
・ 「お人柄」という点でも尊敬に値する。
・ 日本は天皇が「シラス(すべてを知っている)」国として長く続いてきた。「ウシハク(支配する)」国ではない。
・ 日本では民は『大御宝(おおみたから)』つまり、国民は天皇の宝物であると考えられてきた。
・ 陛下の一番のお仕事は国民の幸せのためにお祈りすることである。

はてさて、これをどう説明しよう…。
とりあえず、わかりやすいように説明して、成長するにしたがって順次教えて行こうか…。
だからこんな風に言っておいた。

日本が世界で一番歴史の長い国だって教えたよね?
『地位』で一番偉いのは『皇帝』、英語で言うと『エンペラー』で、
それから『法王』。
この二つが一番偉いのね。
法王は『ローマ法王』がいらっしゃって、キリスト教で一番偉い人なのね。
で、『皇帝』の称号を持っているのは現在世界でただ一人。
日本の天皇陛下だけなの。
しかも、天皇陛下は法王でもある。
(神道の最高神官でもいらっしゃるので。つまり「法皇」である)
皇帝と法王両方なのは、世界中で、天皇陛下だけ。
わかるかな?
125代も続いている「皇帝」兼「法王」なんて世界中探してどこにいる!?…
天皇陛下は国民が幸せになりますようにって
いつもお祈りしてくださっているんだよ。


小3の孫はどうも「世界で一番偉い」
と思ってしまったようである。

陛下がご来県されることは分かっていたので、
孫は言った。
『会いたい!』
(『お会いしたい』と言いなさい…すかさず注意)

『よし!じゃ、日の丸作りなさい!』
と言ったら…

『日の丸ってなに?』

ガクッ…

ま、とにかく孫は一生懸命『日の丸』を作ったのだった…





・・・・・・・・・以下余談なので読まなくていいよ・・・・・・・・・






どうも、これが…
結果としては…凄く良かったようだ…
背筋がピンっとはるくらい…
あとからゾクゾクしてくたくらい…
よかったようだった…
なぜか…

シャッターチャンスは3回だけ。
カメラにもお洒落させて3回行きました。
004 (2)

一日目に撮ったのが前回の写真。
足の悪い実家の母を連れていたので、
最前列で母の横にしゃがんで撮りました。

二日目は一人で行って最後列に立っていたので
こんな写真
003.jpg

その代り、自分の目で両陛下のお顔をしっかり拝ませていただきました。

三日目は学校行事の代休だったので、小3の孫と二人で行きました。

子供を連れていると、最前列に出していただけるので、
孫の横にしゃがんで撮りました。
残念ながら焦点ボケ…
しかし…
友人に指摘されてやっと気づきました…
あ、皇后陛下がこちらを見ていらっしゃる…
カメラ目線…滝汗
004.jpg

配布された日の丸より、ちょっと大きくて、
明らかに子供の手作りだとわかる、
まっかっかに塗ってある
日の丸を見つけてくださったようなのです。
カメラはその日の丸の真横にあったのです…
006.jpg

皇后陛下のオーラを感じて
汗が出てきました…。

で、もう一回、一日目の写真を見ると…
気づきました…。
この日は孫は長女と一緒に私のいた位置から
5メートルほど右に離れたところで旗を振っていました。
027.jpg

皇后陛下の目線の先には手作りの旗を振っている孫がいる。
この日も見つけてくださっていたのだ…。
後から気づいて、
感動していた次第です…。

しかし、それがなくても、両陛下のオーラは素晴らしかったです…。

あとから気づいてあせっって感動していた・・・という、おバカなお話でした…。




とりあえず写真3枚

↓①愛知県警の皆さんin富山市
028.jpg

②↓富山県警の白バイ
022.jpg


③シャッターを押すタイミングが、0.1秒遅かった…
  でも、相変わらずお美しい…

027.jpg

あすとあさっても近所をお通りになるので、引き続き挑戦…

書いておきたい記事はあるのですが、とりあえず写真を先に…

まちがいを発見して修正中…

とりあえず、ジュリアと金平糖の写真をUP・・・

今年の夏は、珍事件…というか…やれやれ?事件が発生…。
アオメとソロモンの女の子同士で仲が良いのは大変良いことで…
カキカキのしあっこをしているところは大変微笑ましいのですが…
なぜか二羽でシンクロするように…
二羽とも卵を産みました…

こんたまご

人口飼育下でオウムが性成熟することは珍しいと聞いていたのですが…

ずりあたまご

勿論 無精卵ですよ!
メスが2羽ですから!

053_20151015181146c2c.jpg

アオメ卵が3個とソロモン卵が2個でした。
かわりばんこに温めていたのですが…
セオリー通り、ひと月ちょっと温めさせてから…
取り去りました。

さて、
「テレビ報道がどこかおかしい」
と感じて調べ始めて止まらなくなり、
歴史・経済・世界情勢等々
いろいろ学習しておりました。
毎日日経平均を調べることが習慣化してしまいました。

しかし…最近の地上波テレビは
タレントのうちわ受けばかりで、
興味がわかず、必要最低限しか見なくなりました。
印象操作も多いと思います。
報道するべきを報道しない。

NHKも間違いが多い…
「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」
も、NHKの造語だそうで、
両方健康のためには必要だそうです。
逆に低すぎると癌になりやすいそうです。

ダイオキシンは猛毒?
毒ではないことが分かっているそうです。

地球温暖化も一つの『説』であって、間違いだと思っている学者の方が多いそうな…!
二酸化炭素は地球温暖化にほぼ関係ない。
これは以前から変だと思っていたのですよ…。

青森県で縄文時代の巨大遺跡が発掘されていますが、
なぜそれだけ大規模な集落が北国で出来上がったかというと、
当時は日本は亜熱帯だったのです。
ですから、青森県あたりでも食べ物は豊富で豊かに暮らしていけた。
その後、寒冷化に伴い冬場は食料に困る。
巨大な集落は続かなくなった…。
人々は生きるために四散していった。
…残って北国の暮らしに適応していった人たちもいた。

あれ?変だなぁ…
縄文時代は日本は亜熱帯だった?
縄文時代に地球は温暖化していたのか?
海水面は上がっていたのか?

北極の氷が全部融けたら海水面が上昇する?
…んなわけないでしょう。
アルキメデスの原理です。

実験してみましょう…
コップに水を八分目入れて、氷を浮かべます。
水面に印をつけて氷が融けるのを待ちます。
水面の高さは変わりません。
氷が水に沈み込んでいた分、水面は上がっていたので、
融ければ平らになるだけです。

地球が温暖化していることにしておくために、
印象操作できるの映像ばかり流していたということですね。

氷河が融けている?
当たり前です。
極冠の所で増えているのですから、
周辺部では常に崩れている。

たまたま北極の氷が少なくなった年に映像を撮って
地球温暖化を煽り、
次の年には氷が逆に増えていることは放送しない…。

北極の氷が少なくなった年に、実は南極の氷が逆に増えていたことも報道しない。
どうしても、CO2のせいで、地球が温暖化していることにしておかないといけないらしい。

なが~~~い地球創世の歴史から考えると、
日本が温帯か亜熱帯かというのは誤差の範囲内で、
どっちかというと現在は氷河期と考えた方が妥当という
科学者の意見に賛成です。

え?平均気温は上がっているって?
そりゃそうでしょう。
都市部に設置されている温度計で統計を取っているのですから。
都市化のせいでコンクリートだらけですから、
上がって当たり前。

これについては科学者の武田邦彦さんや丸山茂徳教授のお話でお勉強させていただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・

『上野の西郷さんは本人とは似ていない。
銅像のお披露目があった時に奥さんが
「うちの人はこんなんじゃない」
と言っていた。』
という歴史物の番組を見たことがありますが、
これも間違いでした。
本人に、極めてよく似ているそうです。
西郷隆盛を描いた肖像画が多数あります。
奥さんが言った意味は
「人前で寝巻を着たまま歩き回るような人ではない。
身なりに気を使う人だった」
と、いう意味だったのだそうです。

事実の日本の歴史は面白いです。
そして、
日本は凄い国ですね。

テレビとゆがめられた歴史教科書に騙されないようにしましょう!
歴史教科書は私が子供の頃より、さらに酷くなってきているようです。
70年前のアメリカの陰謀と、近くのわがままな国のせいもありますが、
ちゃんと言い返せるようにならなければならないと思っています。

そういえば、テレビで『邪馬台国』について特集する時は、
いつも「近畿説」と「九州説」で、結論が出ないような終わり方ですが、
実はとっくの昔に結論が出ているそうです。


まず、音からして、
邪馬台国=ヤマト国=大和国
ですよね。

答えは旧唐書にちゃんと書いてあるそうです。

つまり
二つともあった!

二つあって、近畿の方が九州の方を併合した。

↓旧唐書より一部抜粋
日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名。或曰:倭國自惡其名不雅、改為日本。或云:日本舊小國、併倭國之地。其人入朝者、多自矜大、不以實對、故中國疑焉。又云:其國界東西南北各數千里、西界、南界咸至大海、東界、北界有大山為限、山外即毛人之國。

 日本国は、倭国の別種なり。その国は日の出の場所に在るを以て、故に日本と名づけた。あるいは曰く、倭国は自らその名の雅ならざるを憎み、改めて日本と為した。あるいは日本は昔、小国だったが倭国の地を併せたという。そこの人が入朝したが、多くは自惚れが大にして不実な対応だったので、中国はこれを疑う。また、その国の界は東西南北に各数千里、西界と南界いずれも大海に至り、東界と北界は大山があり、限界となし、山の外は、すなわち毛人の国だという。


シナの歴史書はどれも他国を見下して悪く書いたり、悪い意味の漢字を当てたりするので、細かいところは気にしない。
ちゃんと
「日本国は倭国の別種なり」
「倭という名前が気に入らなかったから、日の出る方向にあるので日本という国名に変えた」
「倭国の地を併せた」
と記録してあるところを褒めてあげましょう…。

話ちょっとずれますが、
『卑弥呼(ひみこ)』はどう考えても『姫巫女(ひめみこ)』
に悪い意味の漢字を当てて書いたのではないか(宮脇淳子先生談)
…という意見に賛成です。

話戻る
だから、ヤマトタケルの命(尊)がクマソを征伐に行ったお話があるわけですね…。

ねずさん(小名木善行氏)の本やお話のおかげで、歴史認識がまともになりました。
↓基本編
CGS日本の歴史_ねずさん


面白いですよ。
・始めに縄文人がいて、そこに渡来人が来て現在の日本人になったというのは
まちがい!
 縄文時代から、色々な顔の人がいたのです。
・半島から日本に稲作が伝わって弥生時代に稲作が始まったというのも
すでに覆っている!
 縄文時代から日本ではすでに稲作をしており、遺跡も発掘されているのです。
 

その他、歴史に関しては、宮脇淳子先生も面白いです。

とりとめのない話になってきたので・・・このくらいにしておきます。
申し訳ありません。

久々富山弁講座 「あんま」と「おっじゃ」

ブログ放置状態です。
すみません。
鳥たち元気です。
アオメのジュリアさんとソロモンの金平糖も元気すぎて、困っているくらい元気です。
女の子二羽で…段ボール箱の中で、なにやらよからぬことに夢中です…。

今年孵化1日目から育てたウロコのちゅみちゅも・・・元気すぎです。

オタクモドキ性格のブロ主は・・・
最近またもや全く別分野の趣味?のようなことができてしまい・・・
只今挑戦中です。

さて、本日は富山弁講座&アクアリウム関連の雑記です。

富山弁
あんま=長男
おっじゃ=次男以降


ちっこい水槽専門でソイルを使った水草水槽をいくつか維持しているのですが、
ソイルの場合、1年に1度はリセットする必要があります。
そういう時はメンテナンス用の予備水槽に魚やエビを移してリセットするのですが・・・
はぁ・・・そこに孫が絡んでくると・・・予定通りにはいかないのですね。

9月のシルバーウイークにでも、水槽ひとつリセットしようかと、ひと月前から計画的に準備!
砂利を入れたメンテナンス用水槽を立ち上げたのですね。
そうしたら、長女急用で、あんまおっじゃを預かることになったのですね。

で、時間稼ぎに5歳と2歳の2人を連れて、熱帯魚専門店に遊びに行ったんですね。
旦那さんの知り合いがやっている、こだわりの熱帯魚店です。

さて、あんまはもうすぐ誕生日なので、熱帯魚…ただし、小さくて、かつ増えないタイプのお魚…を買う約束をしていました。

で、カラシン系の熱帯魚・・・
ファイヤーテトラ5匹とダイヤモンドブラックテトラ5匹を買うことになった…
…ここまでは予定通り…

お店の人がお願いした魚を袋に入れてくださって、あんまは笑み満面…

すると、おっじゃの方が
金魚の水槽の前で泣き出した…

「金魚が欲しいの?」
と聞くと、
うん!
……
ありゃりゃりゃりゃ…

そりゃ、お兄ちゃんが何かを買ってもらっていれば、自分も欲しいよね。
同じようにしてやらねばならない…。

ちなみに、
「熱帯魚専門店」なのに、どうして金魚の水槽があるかというと、
これは俗に言う
「エサ金」
というものですね。
アロワナのような肉食の大型熱帯魚を飼っている人たちにとっては
エサ金やエサメダカはどうしても必要となります。
賛否両論あるかもしれませんが、
例えば鳥で言うと、フクロウ等猛禽類を飼う場合は、
冷凍コオロギや冷凍ネズミはどうしても必要になりますよね。

すべては食物連鎖とか、食物ピラミッド…という、自然の掟の話につながります。

さて、普段はこのエサ金用の水槽には
「小赤」
という、フナ型の小さな金魚が入っているのですが、
なぜかこの日に限っては、
ほぼ、流金が入っておりました。
こだわりの熱帯魚屋さんですから、
エサ金といえども、健康で、病気のない、元気な金魚さんたちばかりです。
で、その流金さんたちに交じって
出目金さんが3匹入っておりました。
尾ひれの長い金魚は
尾腐れ病になりやすく、
あまり買いたくはなかったのですが、

なにせこだわりの熱帯魚屋さんの、健康そのもののエサ金さんですから…
アロワナのご飯にするのは忍びないくらい、綺麗な出目金さんたちでして…

しかも…
すぐ飼える水槽ちょうどあるし…

勿論、あんまおっじゃ
金魚さんたちが実は「エサ金」であるということは、まだ知りません。

しかし、おっじゃの泣き方に、何かを感じて泣いているように思い、

つい、
…負けました…

037.jpg

メンテナンス用予備水槽は、そのまま出目金さん3匹の終の棲家となったのでありました…。
あんまおっじゃはVサイン。

黒出目金と赤出目金とキャリコ出目金のお世話をすることとなってしまいました…。
…とさ…
孫がいると、予定通りには事は運びませんね。
ま、喜んでいるからいいか♪と、いうことにしておこう。




ナノコンポ+カリスマベーシック

本題に入る前に、2月17日孵化初日から挿し餌で育てているウロコちゃんの経過報告。
初日の体重3~4g
↓3月11日 体重15~18g
なの1

↓4月7日 体重61~70g(挿し餌前と後では10グラム近く違う)
なの2

↓新しいケージに入れました。
なの3

↓水とペレットも入れてあります。そろそろ一人餌の準備です。
なの4

↓中でぬくぬくしております。
なの5


以下、自称『オーディオマニアもどき』の話題♪

旦那さんの趣味ピアノ演奏と音楽鑑賞である…。
就寝前は旦那さんの部屋でずっと音楽を聴いてから就寝…なので、
旦那さん用のオーディオセットも用意してはあったのだが…
音質はあまりよくなく、操作もしにくかった。

ナノコンポは小さいのに音質が良いことで定評がある。
これに以前から所有していたPENAUDIO(ペナイディオ)のCharisma(カリスマ)を繋げばよいのではないかと思っていたのです。
なの6

今回、Olasonicの『NANO COMPO』(オラソニックのナノコンポ)を
遂に導入しました。
なの7

念頭にあったのは
① 操作がしやすい(旦那さん用なので…え!?…汗)
② コンパクトであること(旦那さんの寝室は狭いので…)
③ 音質が良いこと(なにせピアノを弾くのが趣味な人なので、耳は良いのです)…
④ 特に低音はしまった音がしっかりでること(旦那さんの好み…)
なの8

スピーカーコードは、以前クリアサウンド イマイさんに勧められてパイオニアのA70につけてあったのをはずしてもってきてみました。(つまり、テレビ用スピーカーにしていたカリスマとコードをそのまま持ってきて、旦那さんの部屋で使っていたのと、取り替えちゃったのです)
なの9

NANO-UA1(プリメインアンプ)の凄い所は、DAC内臓であること。
PCと接続できるので、ハイレゾリューションサウンド(ハイレゾ)も再生可能。
…とりあえず、余っているPCを繋いでおきました…。
なの10

音は、思った以上に素晴らしかったです♪
音の種類、音域によっては居間のメインのPCオーディオよりクリアに再生できていたりします。
Charisma(カリスマ)も、その大きさにしては低音をしっかり再生できるすぐれた性能を持つスピーカーです。
ただし、プリメインアンプとCDプレーヤーの能力・相性によって違いがでるようです。
今回の選択は大正解ではなかったかと思っております。
相性抜群でした♪
やった!
旦那さんに「ありがとう」と言っていただいて、
しょっしゃあっ♪
…でございました。
(注 奥さんの方が機種を選んで接続してるって…『逆』じゃないの?…というツッコミは無しということで…)


↓おまけ
新しい段ボールに穴をあけて紐を通していたら、待ちきれずに齧りに来たジュリアさん…
なの11

孵化一日目から挿し餌で育てる その1

ご批判を受けそうな内容かもしれませんが…

繁殖にはさっぱり興味が無くて…
繁殖させないよう、極力気を付けていたのですが…
失敗してしまいました…

ウロコインコのメスを二羽一緒にしておいたつもりが…
一羽がオスで有精卵だったようです…
昨年は孵ることはなかったので、今年も一緒だと考え、油断していました。
(同じような油断をしたのはこれで2度目ですが…)
しかし、前回の失敗と違うところは、
巣材は全く入れていなかったということです。
ステンレスのエサ入れの中に産卵したので、そのままエサ殻だけ抜いて、
温めさせておりました。
↓再現画像 偽卵を入れてあります。
ちゅみちゅ① (4)
↑繁殖させないことに失敗した事例として
 報告させていただきます。

外は雪です。
日中は暖房していますが、夜間は切っています。
たまに放置して温めていないこともあり…
まさかの事態でした…

セオリー通り、昨年通り、3週間ほど温めさせ、、
そろそろ取り除こうかと思っていた朝…
突然
ピィ~ピィ~
バタバタバタ…
という声と音が…

見ると、一羽、孵っているではありませんか…
(多分孵ったその瞬間だったようで…)
親鳥はびっくらこいて逃げ出し、2羽とも雛とは反対側の金網にしがみついている…

な…なんだって…

しならく様子を見ていたのですが、
育児放棄・抱卵放棄です。

子育てをしたことのある別の雌のケージに入れてみたのですが、
興味なし…。

段々冷えて弱ってきてしまいます。

様子を見るのと同時進行でホッカイロ付きの容器を用意していたので、
冷え切る前にそこに移しました。

孵化第一日目から挿し餌することとなりました…。

こういった状態になったどなたかが、資料の記事を書いていらっしゃらないか探しては見たのですが、
…みつかりませんでした。

と、いうことで、上手くいくかどうかわかりませんが、
誰かのために、資料を残しておこうかと思った次第です。

現在、挿し餌6日目ですが、元気に育っております。

ちゃんと育った暁には…
詳しく報告したいかなぁ…
と、思っております。

↓2月17日孵化した日の写真です。
ちゅみちゅ① (1)

巣材無しの状態で孵ったのですから、生命力の強い子なのかもしれません。
ちゅみちゅ① (2)

↓温度は30度を維持
ちゅみちゅ① (3)



国産洗濯機最新型

長女と一緒に洗濯機を買いに行ったというつまらないかもしれないお話なので…
今回は先に写真をアップ…

↓栽培している蘭はほとんどミニカトレアと胡蝶蘭なのですが…
 違うのも数鉢だけあります…
 咲きました♪
だんぼ1

オウムのおもちゃで一番安上がりなのは…段ボール箱なのですが…
やっぱり大きいのが好きですね。
2,3日に一回やっている作業です。
だんぼ2

だんぼ3

作業を始めると、上からのぞいていたり、
横で段ボールの端をくわえて待っていたりします…
だんぼ4

だんぼ5

だんぼ6

だんぼ7

だんぼ8

↓紐で縛っておかないと、箱を引っ張って
          下に落としてしまうのですよ…
だんぼ9

だんぼ10
段ボール箱の確保に頭が痛い毎日でございます…。

さて、長女夫婦は節約のため長らく洗濯機は『お一人様+α用』タイプを使用しておりましたが…
さすがに子供が3人になっては洗濯物が追い付かず…
「よく我慢したね…」
ということで、一緒に大型洗濯機を買いに行きました。
・・・
そうしたら・・・
パナの「国産品」があるではありませんか!
同じくパナの中国産のも並んでいました。
パナソニックが日本に帰ってくるというのは聞いていましたが、
なんだか嬉しくなってしまいました。
国産品の方が少々高かったのですが、最新型です。
性能とお値段を天秤にかけると、最新型の性能が勝ちました!
しかし長女の予算額を超えてしまいます。
……
勿論応援しましたよ。
…財布の中から…
仕事と子育てを両立して頑張ってもらわないとね♪

ちなみに我が家は縦型洗濯機を愛用しております。
ドラムが斜めについているのは…腰が痛くなりそうなので…はい。
憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。