訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なおばあちゃん

レスがたまっていてあせっておりますがすみません・・・。
ネタもたくさんあるのですが…
アルツハイマーばーちゃんと
成年後見人をしている関係と
社員の生活を支えなければならないと思う意識と
その他色々
あえいでおります。

今日は祝日でしたので、今年最後のオウムの散歩に行きました。
ちょっと日光浴もさせることができたと思います。

枯れかけた公園の芝生で、ジュリアは私より年上のおばあさんと思しき方に甘えに行きました。
とても優しい方なようで、その方はジュリアをなぜなぜされました。
ご夫婦で、4人のお孫さんを連れて富山市科学博物館から帰るところとお見受けしました。

『オウムさん、優しいと思った人に甘えに行くんですよ』と言ったら、
おじいさんがお孫さんたちに向かって面白いことを言われました。
『はなれろ!誰に近づいていくかな?』
すると4人のお孫さんたちは
パッと離れて、おばあさんを含めてジュリアを円形に囲みました。
 さて、6人に円形に囲まれてジュリアさんはどうしたかというと、
優しそうなおばあさんのところに行きました、。
4人のお孫さんたちは、おばあちゃんとおじいちゃんを尊敬したでしょうね♪
その後、ジュリアを順番にお孫さんたちの腕に乗せてあげました。
勿論
『オウムは飼うのが難しい。子供を咬まないオムムの方が珍しい。』などなど
説明いたしました。
楽しいひと時でした。
・・
・・・
写真撮ったのですが、
時間切れ・・・
やっとかっと・・・
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

放送日時

本日城南公園で取材終了
保育所の子供たちがお散歩に来ていたので、ジュリアと遊んでもらいました。

放送日時は今のところ
14日(火)のYouドキッ!たいむ の中のどこかで1分間ほど
さらに日時変更の可能性ありだそうですが、その週の間であることは確かだそうです。
…どんな編集になるのか少々心配です。
とりあえず
三都井アナウンサーとジュリアの写真をUP
s-017_20110608165018.jpg
s-018 (2)
う~ん
さすが美人アナウンサーは写真写りがいいなぁ…

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

動画『パパ帰ってくるね』

・・・
お待たせしました…。
やっと、ジュリアの『パパ帰ってくるね』の動画が撮れました…。
けなげなジュリアがやっと覚えたお喋りです。

もう一度書くと、
ジュリアがパートナーに選んだ旦那さんは出張が多い。
だからいつも帰ってくる日に
『今日、パパ帰ってくるからね。おりこうさんにしていようね。』
と話しかけていたら、いつの間にか
『パパ帰ってくるね』とお喋りするようになった。

もう一つ解説しておくと、
毎年、2月~4月はジュリアが一番ハゲている時期ですので、驚かれませんようお願いいたします。
[高画質で再生]

パパ帰ってくるからね [画像縮小]

おまけ
ジュリアのケージで遊ぶソロモンオウムの金平糖。
怖いもの知らず。
いつもジュリアのケージに入り込んで盗み食いをしている…。
ジュリアのほうが避けている。
s-001_20110228205307.jpg

地道にいたずら。
座布団カバーの買い替え時期のようだ…。
上手に縫い目をほどいたこと…。
s-111.jpg


金平糖についての報告は次回できたらいいなぁ・・・。
悪い予想がどんぴしゃで的中して…やっぱり羽齧りっ子だった・・・。
…というより、『絶対に問題あり固体だ』というのが選定最優先条件だから…救いがたい…。
馬鹿じゃ!アホや!ダラなしけ!!(注 『ダラなしけ』は富山弁『アホちゃうか』の意)

ショップで見つけた時から、尾羽が変に荒れていたのですよ…。2本根元で折れていたし…。
でも、甘えん坊でとっても可愛いですよ。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

新ジュリアコーナー

・・・・・・
なにせ…細いとはいえどもステンレスの針金を使ったので…指が痛くなった…。
ジュリアが怪我をしないように先をきっちり曲げるのに苦労しました。
本日丸一日かけて…新ジュリアコーナー…6割出来上がりました…。
・・・・
何故6割かと言うと…
万が一地震があったときにジュリアが怪我をしないように…
ガラス飛散防止シートを貼ろうと思っているからですよ…。
s-018.jpg

実は室内温室は…
展示品 型落ち 少々難あり 
を大小2台でさらにお安くしていただいたのだが…
その値段交渉のときにこちらが申し出たお値段に対し、係りの店員さんが…
『良くご存知で
という、何か褒め言葉のようなことを漏らされまして…
…う~ん…かなりきわどい、ぎりぎりのがめついお値段だったらしい…汗

で、小さいほうはミニカトレアと胡蝶蘭用にいたしまして…
…って、洋蘭初めて15年ほどになるのに…やっと温室か…という状態で…ははははは…
…何と言いましょうか…これで鳥さんたちに葉っぱを齧られずにすむよ…ということで…汗
s-019.jpg
ま、とにかく何とか使える状態に改造できたので
早速ジュリアさんに入っていただいてみたのですが…
意外なことに自分用であるとわかっていたらしく…
入るなり中でご飯を食べ始め…
割と気に入った様子でした…
…まあ、朝から製作過程をずっと見ていましたからね…
s-015_20101212224003.jpg
で、さらに孫ちゃんたちが怪我をしないよう…安全のため、下部をプラダンボールで覆いました。
ちょっとガラス戸を開けておけば、ジュリアさんは出入り自由です。
さらに、トルーライト、最高最低温度計、湿度計もジュリアさんにいたずらされないような形で完備。
これまで課題であった湿度も、下の新聞紙を濡らしておくことで、ほぼ解決。
羽毛と脂粉の飛散もジュリアが中に入っている間の分は、これまでとは比べ物にならないくらい少なくなるでしょう…。
s-016.jpg
ただし…
ジュリアは大人しい子で、破壊活動も他のオウムさんに比べると、殆どしないといっていいほど少ない。
一日中放し飼いも可能なほどなので、室内温室で作ったおうちでも大丈夫なのですが…
ガラスを齧って壊してしまうオウムさんもいるので、
皆さんのオウムさんのためのおうちを作られる時はよくご考慮くださいね。


・・・・・・・
・・・
つ…疲れた・・・。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

くーちゃんと上野動物園

写真がなくてすみません…。
とにかく近況…。
11月6日(土)
長女のMEG夫婦がお友達の結婚式に参加するため、子供二人を連れて上京した。
富山駅まで送っていった。
で、夜に届いたメールによると…。
お友達の結婚式の前に上野動物園に行ったそうだ。
で、4歳のく~ちゃんが、上野動物園のアオメキバタンさんの所に行ったときに言ったんだそうな…。
……
ジュリアだ!
・・・・・
・・
・・
そりゃ・・・
言うかもね・・・
・・・・
・・
あのね・・・
生まれた時からアオメがいるおうちって・・・
滅多にないんだよ・・
はははははは・・・
・・・
・・学習して帰っておいで・・・

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

パパ帰ってくるからね

6年前にジュリアを引き取った時にしゃべっていた言葉は…。
こんにちは
バイバイ
おはよう
キバタン
バイバイタン


あとは
ニワトリの鳴きまね…
その他はさっぱり聞き取れなかった。
・・・
その後毎日話しかけていたが
メスはオスよりおしゃべりは得意ではなく…
何かしゃべっているがさっぱり聞き取れない…
・・・
しかし!!!
最近明確にしゃべるようになった言葉がある
それが…
パパ帰ってくるからね
パパ帰ってくるね

・・・
・・
なのですな・・・
・・・・・・
・・・
・・
ジュリアが現在パートナーに選んでいるうちの旦那さんは出張が多い。
だから帰ってくる日はいつも
『今日、パパ帰ってくるからね。おりこうさんにしていようね。』
と話しかけていた。
だから今日(じゃなくて昨日)も…。11月3日祝日…。
旦那さんが用事で出かけるとすぐにジュリアは
パパ帰ってくるね!
と言うので、
『帰ってくるよ』
と答えていた…。
・・・
・・
録画しようと努力中…。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

ぼく!?

更新しなくてすみません…。
ア型のバーちゃんあり…。
孫あり…。
会社あり…。
ほっほっほっほっほ…汗

ネタも写真もたくさんたまっているのですが…暇なし…。
で、くだらないネタだけ…

10月31日
台風が来ているようだが雨は降っていなかったので犬鳥散歩に行った…。
ジュリアが腕から飛び降りて芝生の上を歩き始めたので一緒に歩いていたら、声が聞こえてきた…。
富山県立近代美術館から出てきた60代ほどの奥様方の集団だ。
・・・
・・・

・・・
『ボク!オウム!?』
・・・?????
??????
あのね…
確かに私はオウムの散歩をしていて
姿は…
身長170センチで
肩幅が広く・・・
男物の上着を着ていて…
髪はショートカットで…
・・・・
・・
遠目に見たら・・・
『ボク』
に見えたかもしれないんだけど…
・・・・
・・・
・・ま・・・いいか・・・アホくさ・・・
若い坊やに見えたようだということで、納得しておこう・・・
はーはっはっはっは・・。くだらん・・・

テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

いじめたりしない優しい良い子

・・・・・
あっという間にひと月以上たってしまった・・・

今回は先に公園で撮った写真をUP・・・
kouenn4.jpg
kouenn5.jpg
kouenn6.jpg
kouenn7.jpg
kouenn8.jpg
815-7.jpg
kouenn1.jpg
kouenn2.jpg
kouenn3.jpg
815-3.jpg
815-4.jpg
815-5.jpg
815-6.jpg
他にもたくさんの子供たちに遊んでもらったのだが・・・
写真を撮るゆとりがなかったのでごめんなさい・・・

ジュリアは子供を嫌がらない。
過去の体験上そういう判断をジュリアがしているわけだ。
最近はむしろ子供の腕のほうが乗せやすい。
お母さんやお姉さんの腕にも乗っていく。
だがなぜか大人の男性の腕には乗っていかなくなってしまった。
一時期は好んで甘えに行っていたのだが、どうもパートナーをうちの旦那さんに決めてしまったので、『浮気』はしないらしい・・・。
おじいさんは・・・相変わらず・・・好みではないらしい・・・汗

ただ、安易に子供たちの腕に乗せて楽しんでいるのではないということをご理解いただきたい。
子供とオウム双方の安全を維持するために、実はけっこう慎重にやっている。

まず
『怖くなかったら腕に乗せてあげるよ』
と問いかけて、
オウムを怖がらない子だけ選ぶ。
次に
『怖がるとオウムさんも怖いから腕をぎゅっとつかんで痛くなるからね』
と注意する。
そしてジュリアの羽の下をなぜて見本をみせながら
『じゃ、まずオウムさんの羽の下をなぜてやってくれるかな?そうそう、やさしくね』
と言って子供にジュリアをなぜてもらう。
次のせりふが重要・・・。
『オウムさんにね、この子はいじめたりしない優しい良い子なんだよってわからせてあげるの。そしたら乗ってくれるんだよ』
これを言うと、親御さんから『あ、そうか!』という反応が返ってくる。
なるほど納得。
それからジュリアをその子の腕に乗せる。

で、さらに深い真意としては・・・
ジュリアが腕に乗ってくれた子は『いじめたりしない、優しい良い子』ということになる。
自分は『いじめたりしない優しい良い子』だからオウムさんを腕に乗せることができた。
そのことをずっと覚えていてほしい。
・・・・
・・
地道なことやってるな・・・うん・・・ほのかに教育・・・

かといって、子供のことだから、中にはしつこくちょっかいをだしてくるお子さんもいる。
そういう子にはちゃんと注意ができなくてはならない。
最近『よそのこは叱れない』という人が増えているが・・・・。
いや、私は叱ることはまずないのだが、『注意』はできるということだ。
ほとんど親御さんが一緒だから、自分の子供がしつこくオウムにちょっかいをだしていたら、たいがい自ら自分の子に「やめなさい」と言われる。
『オウムさんを怖がらせたら駄目だよ』
『急に手を出したら駄目だよ。優しくなぜてね』
という注意を親御さんもそばで聞いているからだ。

先日こういうことがあった。

お母さんが日本人でお父さんが西洋人のハーフのお子さんがジュリアにしつこくちょっかいを出してきた。
『やめて!オウムさんがこわっがているでしょう!』と言ったがやめない。
さっきまでしゃべっていたお母さんのほうは小さな末っ子さんを追いかけて向こうのほうに行ってしまっていた。
近くにはお父さんしかいない・・・汗
お子さんに向かって、とっさにこう言った。
She afraid you
(正しくは She is afraid of you と言わなければならなかったのだが、とにかく頭に浮かんだ単語だけ並べてみたという次第…滝汗)
・・・・
なんとか通じたらしく、お父さんがお子さんの腕を押さえてくださった・・・。
よほどのことがない限り、ジュリアは咬みつかないのだが、ジュリアが子供嫌いになったら困るからね。
文法を無視した単語だけの英語で理解してくださってありがとうございました・・・。
・・・・
・・・
ははははは・・・・

・・・・・・・
・・・
閑話休題
↓末っ子のむっちにカキカキしてもらっているジュリア。足はだんなさん・・・
s-2010-8-15 047

↓わんこが赤ちゃんの手をなめている写真は珍しくないと思うのだが・・・
815-1.jpg
↓こういうのは絶対に真似しないでください 
815-2.jpg

最後に『こういうのは絶対に真似しないでください』と言いたくなる写真をもう一枚…。
2010-8-15 067
変なTシャツを着て来て、オードリーの春日の様に胸を張っているのは誰だ!?
親の顔が見てみたいわ!!!
・・・・って、私だよ・・・とほほほほ・・・
本人とお嫁ちゃんに言わせると
『かわいいTシャツ』なんだそうな・・・・
ま、いいか・・・
『いじめたりしない優しい良い子』
だから・・・・。


テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

本来の使用目的!?

よく品物を買うと『本来の使用目的以外の使い方はしないでください』という注意書きがついていることがある。
そもそもこのベビーフェンスは末っ子のむっちが階段から落ちないようにと購入し、3年前に孫のく~ちゃんがケージをいたずらしないようにと、物置から引っ張り出してここに取り付けたもので…
現在はしょ~ちゃんの安全を確保するために役立っているが…
本来5
ジュリアさんの寝床として設置してあるのではない…!!  
本来2
まあ、確かに野生のオウムさんたちは夜は高い木の木陰で寝ているのだから、暖簾の陰で寝ようとするのは本能なのかもしれないが…

↓最近しょ~ちゃんがわんこのモンモンの水入れをいたずらするので、時々こういう状況になっている…。
わやく9

で、そもそも『包帯』というものは本来怪我の治療に使うものであって…
オウムが止まりやすいようにとベビーフェンスにまいたりするものではなく…

さらに『テーピングのテープ』というものは本来捻挫等の治療やスポーツでの怪我防止等に使うものであって…
オウムが止まっているところの包帯がすぐにささくれだってきて爪を引っ掛けたら危ないからって…
わざわざ包帯の上に補強して巻いたりするものではない…
本来1
ジュリアさん!
暖簾は齧るためにぶら下げてあるのではありません!!
 
 

わやく10

ジュリアの一番長い冠羽がのびきって今のところまだ無事なのだが…
本来6

それ以外の冠羽は全部齧って短くなっている…
本来7
ジュリアさん!!
冠羽は本来齧って遊ぶために生えているのではありません!!
さらに!タオルケットというものは本来夏場寝るときに上掛けとして使用するものであって、
齧って穴を開けたり、ついでにそこから頭を出して『あは!?』とか言ったりするものではありません!! 
 

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・
でもまあ、赤ちゃんを襲ったり、子供に咬み付いたりしないとってもおりこうさんなオウムのジュリアさんは今日も元気で家族は幸せだ・・・。
わやく2
↓ジュリアコーナー全景(アクリル板で囲ってある)
わやく1

ではいつものように、公園で撮った写真をUP
本来9

本来11
子供たちがいつも横を向いているのは、親御さんが写真を撮っているからですな…。
本来10
本来12

久しぶりにジュリアを接写してみました・・・。
わやく7
わやく8
わやく3
わやく4
わやく5
 ↓耳の穴!! 
わやく11
オウムは本来接写には向かない生き物ではないかと思うのだが…
ジュリアさんはちゃんとさせてくれるので…
やっぱりおりこうさんだ…うん…。
おしまい・・・。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

また半年かかるかな・・・

さてさて・・・
いろいろとトラウマを抱えたアオメキバタンは、当時はずいぶん『男嫌い』で、さわれるのはママだけだったのだが…
半年後に長男のみっち君をパートナーに決めてからは、逆にママに咬みつくしぐさをするようになった…
されども毎日の『お散歩』の甲斐あって、『オンリーワン』になることは回避された…
『男嫌い』も治って行った…
そして…
赤ちゃんにも優しいオウムちゃんになった…
zuri1.jpg
↓ 自分のパートナーに近づく者に攻撃してしまうのがオウムの習性だと考えた方がいいと思う。ジュリアもお兄ちゃんになつき始めた頃は独占しようとしてママや末っ子のむっちに攻撃することがあった。お散歩効果は絶大だったと思う…。孫のしょーちゃんに咬みつくこともない。
zuri2.jpg

しか~し、オウムの心は難しい。
元パートナーだったお兄ちゃんに対してはやはりなかなか心を許さない。
↓自分を裏切って帰ってこなくなったお兄ちゃんに心を許すようになるのに、また半年かかるかなぁ…。

[高画質で再生]

バイバイ・・・ [小説]

我が家と同じように、はじめその家の『お姉ちゃん』になついていたのに、進学のためいなくなったら手がつけられないほどの『凶暴オウム』になってしまい、いろいろ手を尽くしたがどうにもならず、施設に預けられることになったとういうオウムさんもいる。(有名な『踊る雪球』ちゃんだね…わかるかな?……ダンシングスノウボールちゃん…)
我が家の場合はパートナーをパパに乗り換えていって凶暴化することはなかったし、やはり『常にたくさんの人と触れ合うお散歩』の効果があったかもしれない。

まあ、半年粘ろうと話している。
天候が良くなったら、お兄ちゃんとお嫁さんの二人で、ジュリアをお散歩に連れて行ってもらおう。
続けることによって、また変化が見られるかもしれない。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。