訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく動画と写真を…

許可がでましたので、FC2動画に早明大出演のCMをUPいたしました。


[広告 ] VPS


連ちゃん孫守りのおかげで…
思考停止状態でございますが…
とにかく鳥写真UP!
今回の写真は…クリックすると拡大して、
文字も見やすくなるはずです♪


こま1

こま2

たまにはテンニョインコネタ。
ケージの扉を開けても全く出てこようとしないテンニョインコ夫婦をケージから出し、
ケージは丸洗い…
その間もこの2羽はマイペースであった…
こま3

ラブラブな様である…
こま4

一応手に乗る…
こま5

手に乗ったほうが楽にケージに戻れるからであるらしい…
こま6

↓ソロモンオウムの金平糖
こま7

う~ん なぜこうなったかというと…
こま8

ジュリアさんが金平糖の頭をカキカキしたからですな・・・
こま9
まあ、喧嘩もしないし…仲良しだから…飼い主は妥協・・・
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

2012新年写真集 33枚

元日…疲れがたまってバテてしまったため、ゆっくり休むことにしました…。
ケージの大掃除は明日と明後日にしようかと…。
で、写真をUP…。

セキセイインコ
せきせい3

せきせい2

ジョニーさんは菜っ葉が好きだから長生きなんだね…きっと…
せきせい1

せきせい4


テンニョインコ
去年「ベル君のなぞの風切羽はテンニョインコ独特の『スパチュラ羽』ではありませんか?」と教えてくださった方がありました。
ありがとうございました。
しかし、ベル君も年をとったのか、スパチュラ羽は生えてこなくなりました。
てんにょ2

てんにょ1

ウロコメキシコインコ
よもぎと仲良くなってから、きゃっちは精神的に落ち着くようになり、毛引きはかなり改善された。
放鳥すると、2羽でくっついている。
秋はよもぎは卵を産まなかった。
うろこ1

よもぎはたまにジュリアのところに遊びにいっている。
うろこ2

オカメインコ
最近松茸に新曲を教えているのだが、8歳のオカメインコは覚えてくれるだろうか…!?
おかめ1
…『シャル・ウイ・ダンス』を教えているのだが、この曲、口笛で音を外さないようにするのが難しい…。

コガネメキシコインコ
早明大と六神丸のおうち
こがね3

りふぁとぐられんとのおうち
こがね4

水浴び…
こがね2

こういうひと時は…内心うひひひひ……
こがね1

CM撮影本番…頑張れ!早明大!!その名に負けぬよう!!
こがね5

こがね6

こがね7

たまたま学校が休みだったので、末っ子のむっちも一緒に行った。
こがね8

白色オウム
はくしょく1

はくしょく4

はくしょく5

はくしょく2

はくしょく3

はくしょく7

はくしょく6

ジュリアさんご用達のお米…飼い主はいつも食べているわけではないが…
はくしょく11

はくしょく10

はくしょく8

はくしょく9

去年ジュリアと遊んでくれた子供たち。
はくしょく12

はくしょく13


おまけ
極楽極楽…
おまけ1

モンモン長生きしようね…。
もん1

もん2

つまらない写真をたくさんご覧頂き、ありがとうございました。
今年も時々しか更新できないかもしれませんが、できるだけ頑張っていこうと思っております。
よろしくお願い申し上げます。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

絵日記風にしよう

大見栄張って啖呵をきったところで…
久しぶりに旧日記を見てみた…
http://diary2.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/midagaharan/
絵日記風でやっぱりこの頃のほうが更新しやすかったなぁ

これからは絵日記風ににようかな。
写真はやっぱり大きいほうがいい。
写真をクリックすると拡大します。

とにかく…
写真を貼ろう
ジュリアと金平糖はさらに仲良くなってきている。
いち

に
しかし、2羽で齧るので被害は大きい…。
さん
なべで水浴びされてしまった…。
ごお

しい
早明大は最近甘えん坊。
リファとグラレントが来たからではなく別の理由がある。
わかってるよ、そめちゃん。

ろく

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

『絶対』はありえない

『自分の考え方』をちょっと書いてみようと思う。
過去ペットとしての鳥に関して、様々な本も読んだし、いろいろな人の書いた文も読んだ。
一見筋が通っていそうに感じても、同時になんとなく疑問も感じていた内容のものもある。

1 『コンパニオンバード』という概念について
『コンパニオンアニマル』とか『コンパニオンバード』という考え方がある。飼い主とペットという主従関係ではなく、「伴侶」としての関係であるべきという発想らしく、その概念を知った時はさもあらんやと感銘したものだが、現在では自分は『飼い主』だと思っている。
なぜなら平等な関係だと仮定すると『責任』の所在があやふやになるからだ。
法律上、ペットは飼い主の『所有物』として存在している。
しかし、生きている。
病気になったり、種類によっては人様に危害を加えることもある。
『所有者』には『責任』が伴うということだ。
しかもオウムは知能が高い。感情も情緒もある。
どちらかというと『手間のかかる子供』のようなものだ。
育て方を間違えると問題行動を起こし、手に負えなくなることも多い。
・・・・・特に大型のオウムやインコは・・・・。
憧れてお迎えしたものの、手に負えなくなってもてあます人は多い。
個体差も大きい。
人間の子供の性格が一人一人違うのと一緒だ。

どちらかというと、『扶養する義務のある子供』『躾をしなければならない子供』と考えたほうがいい。
しかし、人間の子供は20年も育てれば大人になるが、この『子供』ときたら40年育てても自立はしない。
この『子供』たるべき大型インコやオウムを、しかも少々トラウマをかかえていたり、問題行動を起こしている子供を上手に育てる実力を持っている人間は、ある程度の経験をつんでいるため、困ったことに『寿命が足りない』。
(……さらに、それ以上に問題をかかえているインコやオウムは、専門知識を持った人間にゆだねなければならないが、日本にはそういう施設はでき始めたばかりだし、アメリカのようなレスキューシステムはできていない。)

では、どうすればよいか。

2 『絶対に最後まで飼います』『絶対に最後まで面倒見てくれる人に』という主張について
そういう記述が良くある。
はっきり言って『絶対』なんてことはありえない。
どんなに若くて元気な人間でも、ある日突然ペットの世話ができなくなってしまうことがある。
なりなくて『病気』になる人はいない。
遭いたくて『事故』に遭う人はいない。
『失職』したくもないし、『経営困難』にもなりたくもないし、『地震』にもおこってほしくない。
ましてや『認知症』にもなりたくない。
しかし、人間はそういう状況に陥ることがある。
人間はいずれ必ず年をとり、オウムの世話ができなくなる。

では、今のうちからどうしておけばいいのか

長寿のオウムやインコを飼う時、それを考えなくてはならない。

子供や孫が引き継いでくれるかもしれない。

しかし、その場合でも考えておかなくてはならない。

子供や孫が万が一引き継いでくれなかった場合はどうすればよいか。

その場合のことも想定して、毎日オウムと相対して育てておかなければならない。

努力もしておかなくてはならない。

え?どういう努力か?

それまでどのような環境でそのオウムが暮らしてきたか、記録に残すこと。
万が一の時に引き継ぐ人が楽に世話をできるよう、訓練しておくこと。


『ジュリアちゃんなら是非私が引き受けたい』
という人を作っておくことではないか。

私はケリーちゃんの記事を発信したが、ジュリアをケリーちゃんのように『40年』も待たなければ次の飼い主のところにいけないようにはしたくない。

だから時間を割いてはブログも書くし(ふだんはふざけた記事ばかりだが…)写真も撮るし、散歩に連れて行って人との触れ合いをさせる。
私は丸ハゲでトラウマをかかえていた6歳のアオメキバタンを引き取った。
7年かかってジュリアは老若男女問わず初対面の人の腕にも乗っていくようになった。
赤ちゃんが手を出しても咬みついたりしない。
小さい鳥たちに危害を加えたりもしない。

私はジュリアの『トレーナー』という意識でジュリアの世話を続けてきた。

長寿のインコやオウムを飼う時は、初めからそういう意識を持つ必要があるのではないか?
『コンパニオン』として癒してもらおうと思って迎えるのは人間の身勝手というものだ。

甘やかしすぎても上手くいかない。
厳しすぎても上手くいかない。
オウムは問題行動を起こして手に負えなくなる。

毛引きは治らないものとして考えよ。
自分が辛くなって続かなくなる。
鳥にも負担がかかりすぎて情緒不安定になる。
「まし」にするだけでいい。

私はまだまだ元気だし、ジュリアのトレーニングを今後も続けていくだろう。
幸い子供もいる。孫もいる。
生き物の好きな子供に育てよう。

しかし、もし、子供や孫がジュリアと金平糖を引き受けてくれなかったら、人様に頼るだろう。
その人が、苦労しないように、トレーニングを続けていこう。


・・・な~んちゃって・・・
・・・あとはただの写真集・・・・・。


あの1

あの2

あの3

あの4

あの5

あの6

あの7

あの8

あの9

あの10

あの11

あの12

あの13


テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

ジュリアお姉ちゃんと遊びなさい!(動画)

ジュリアさんは超慎重派で、石橋を叩いて渡るタイプだ
自由奔放で怖いもの知らずの金平糖にすぐには接近せず、それでも少しずつ距離を縮めてきていた。
金平糖が来て丸9ヶ月。
やっとカキカキのしあっこを始めた。
・・・・まだ下手くそなようだが・・・。

[広告 ] VPS


ジュリアが金平糖に興味を持っていることはわかっていたのだが、当の金平糖はママにべったり。
で、先日金平糖をカキカキしているときにジュリアが近づいてきたので、
ジュリアおねえちゃんと遊びなさい!と金平糖に言ったら
ジュリアさん
うん うん
というように首を縦に振った…。
で、金平糖をジュリアのほうに向けてポイッとしたら、本当に2羽で遊び始めた。

9のs-028
9のs-027

9のs-024

9のs-014

9のs-019

しか~し…
問題点はあるな……
9のs-022
う~ん
う~ん
う~ん
う~ん
あんまりカキカキのしあっ子をし過ぎたら…金平糖がハゲるかもしれない・・・

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

はげます秋

たまには「まとめ」をしなくてはならない。
ハゲハゲで、警戒心が強く、トラウマをかかえていたアオメキバタンのメスを引き取って、それを腕に乗せて近所の公園で散歩を続けたらどうなってきたか…ということの報告だ。
今年でお散歩7シーズンめ。

初期の頃に比べ、ジュリアの様子は全く違ってきている。

そもそもアオメキバタンの女の子と言うのは、神経質で警戒心が強い。そして、オンリーワンになりがちな傾向が強いらしい。
それを克服するための『散歩』だったのだが、ジュリアさんは7年間でかなりの学習をしたようだ。

3年目までは飼い主の腕にしっかりしがみついて怖がっていて、ぜったいに下には下りなかったのだが、最近は公園に着くなり腕から飛び降り、トコトコと芝生の上を歩いていってしまう。
子供たちやお母さんたちが近づいてきて手を伸ばしてもすんなり受け入れ、触られても平気。
勿論飼い主は
「そっとなぜてあげてね。つかまえようとはしないでね。」
など、注意はする。

ジュリアさん、よそのお母さんにカキカキしてもらいながら、気持ちよさそうに頭を摺り寄せ、カタカタと嘴を鳴らしていたりもする・・・。

昨シーズンまでと違うのは飼い主の肩の上に、フライトスーツを着たオウムが乗っているということ。
実はジュリアさん、それが気に入らない。
腕に乗せて歩いている間中、ジュリアは肩の上の金平糖を警戒している。
で、公園に着くととびおり、これ見よがしによそ様に甘えに行く様でもある。

これもまあ、その内変わっていくかもしれない。

7年間でずいぶん変わったのだから。
少しの変化もたまれば大きい。

アオメのメスが…公園で…子供たちになぜられたり、腕に乗ったりしていて、しかも咬まないのだから…
…もしかしたらこれは凄いことなのかもしれない…が…いつものことだから当たり前になってしまっている。
次回の散歩にはカメラを持っていこう…。

今回は室内で撮った写真ばかりで
すみません…

9月の7

9月の8

9月の8

9月の10

9月の2

9月の3

9月の4

ジュリアさんは毎年9月末から羽かじりがひどくなる
だからタイトルの「はげます秋はハゲ増す秋!
9月の5

9月の6

9月の9

9月の11

9月の12

9月の13

9月の14

9月の1

…おしまい…

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

2011新春オールスター?近況報告

2011001
…とにかく…
たまには鳥さん全員をいっぺんにUP…しようと…30日と31日にたくさん写真を撮りました…。

セキセイインコたちは相変わらずなのですが…仲良しです。
この2羽は菜っ葉が好きなので、健康なのかもしれない…。
2011002

ミックスウロコーズも大いに元気。「仲が悪くない」という仲だ。よもタン(よもぎ)の元親さんがきゃっちの毛引き防止にならないかということでよもぎを譲ってくださったので…そろそろ一緒にしてみようかと思っている。
ただし、小さいケージでは無理だと思っていたのでこれまで踏みとどまっていたのだが…
2011003

はからずも最近中古の大きいケージがおまけとして手に入ったので、きれいに洗って使おうかと思っている。
(注 何のおまけかは…最後まで読んでから想像しよう…)
とりあえず一緒にしてみて、うまくいかないようなら、また分けようかと思っている。
2011004
………そうそう…中古とか…型落ちとか…少々難ありとか…


足の指が横に寝ていて、尾羽も斜めに生えている障害オカメのポヨも元気だ。ちょっと下手くそだが、ちゃんと飛び回っている。
2011005

我が家で一番古株となった松茸君も食欲旺盛だ。
2011006

3年売れ残っていてお迎えしたベル君と…3年半売れ残っていてお嫁さんとしてお迎えしたテンちゃんの、売れ残りテンニョインココンビ!?も元気なのだが…テンちゃんを迎えてからベル君はケージの中から全く出てこなくなった。
扉を全開にして写真を撮っているのに、出てこない…。
2羽だけの世界にはまっているようだ…。
2011007

コガネーズも相変わらずで…。
2011008

人の肩の上でカキカキのしあっこなどをしてる…。
2011009

2羽がこうだから、そのうち六神丸(ろくしんまる)も来るようになるかなぁ~と思っていたのだが…
2011010

やはり若鳥のうちに手乗りにならなかったコガネの意識改革は難しいらしい…。ケージに手を入れると六神丸だけは咬みつこうとする…ただし…なぜか胡桃のかけらだけは手からもらって食べている…。
…やはり食べ物でつって訓練すべきだなぁ…。
2011011

次はジュリアさん…バナナを切ってコガネのケージに入れてもどってきたら…ジュリアが残りのバナナを食べていた…重くない!?
2011012

をいをい…全部食べられるわけじゃなし…とかいいながら…面白かったので写真を撮ってしまった…。
食べ残しのバナナがもったいないなぁ…。
2011013

これは大掃除の後でまたもやお昼寝してしまった旦那さんとジュリアさん…。
2011014

で、寝ている旦那さんの足にジュリアが甘えていたら、よもタンがやってきてカキカキしだした…。
ジュリアさんってパパにくっついている時はよもぎが来ても受け入れるのである…へんなの…。
パパにくっついていない時によもぎが来ると、雄たけび上げて追い払うのです…。
2011015


次はソロモンオウムの金平糖(こんぺいとう)
2011016

ちとごあいさつ…
2011017

生え変われば真っ白になるさ…。
(注↓ 頭部の白さを見比べてみよう…)
2011018

詳しく書くと長くなるのでやめておきます…。
とにかくやせていて…嘴の噛みあわせが悪かった…。店員さんは気付いていなかった…。
このままでいくと…甘金タンや…友人の家のあの子のようになりかねないかなぁと…。
金平糖はかなり甘ったれです…が…
2011022

自由奔放なところもあるようで…マイペースで遊んでおります…。
アオメとはかなり性格が違いますね…。
2011019

すぐにフライトスーツを着る練習を始めました…。若鳥のうちに覚えさせないとね…。
2011020

しばらく頑張ってカジカジしていましたが…リードを取ると…ジュリアの温室の上に飛んでいって…
2011021

しばらく熟睡しておりました…。
2011023


↓無意味におまけ 愛鳥ななごんはまだ携帯電話の中に住んでいるのだが…近々姿を変えて復活するような情報がある…。イラストも出来ているような…。
2011024


本年も気まぐれ更新になると思いますが…よろしくお願いいたします。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

ウロコVSアオメ

ツイッターはじめました・・・・。
・・・が・・・・
ほんとはア型バーちゃん関係のつぶやきをしようと思っていたのだが、なぜかブログに設置してしまった・・・。
う~ん・・・

認知症老人関係のことも書こうと思うのだが、なかなか踏み出せない。
なにせ「成年後見人申請」まで通してしまった状態だから、情報としては非常に有用なのだが、認知症についての正しい知識のない人が読むと誤解されてしまいそうで怖いのである・・・。
なにせ認知症としては、うちのバーちゃん結構特殊というか、表現しにくいタイプなので・・・。

只今思案中・・・。

では、よもぎとジュリアの写真をどうぞ・・・。
(注 よもぎのセリフは富山弁です)
ウロコアオメ6

ウロコアオメ5

ウロコアオメ4

ウロコアオメ3

ウロコアオメ2

なにせジュリアは羽齧りっこなので…普通にお手入れしているだけで、羽を切って落としてしまう。よって、↓のようなことをあんまりやらせると、ジュリアはよもぎの羽の先も切って落としてしまうのである…。
だから↓のようなことはめったにはしない。実は今回はかなり珍しい写真なのである…。
ウロコアオメ1


↓遊んでくれてありがとう。
ウロコアオメ7

では、動画をどうぞ・・・。
[高画質で再生]

仲が良いアオメとウロコ [レンタルサーバー]

↓ジュリアがお気に入りのベビーフェンスのところいたら、ウロコのきゃっちがやってきた。
きゃっちは「きゃっち きゃちっち」と言いながらジュリアに迫っていく。
途中でよもぎと入れ替わり、ジュリアは退散する・・・。
どうも我が家ではアオメよりウロコのほうが強いようだが・・・。
いや、ジュリアが優しいんだよね。
まねしないでくださいね・・・
[高画質で再生]

きゃっち&よもぎVSジュリア [無料blog]
↑…こういう時は通常『ボリュームに気をつけて再生してください』という注釈をつけるのが一般的なのだが…
逆を言いたくなる…。
『せっかくだから、30ワット以上の外部アンプ&外部スピーカーに接続して音声出力し、ボリュームを上げて再生し、キバタンの雄たけびを大迫力で味わいましょう…。』
…なんつって…それが怖くないウロコって…いったい…

テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

度胸があるのか鈍いのか

9の2

春にやってきたミックスウロコのよもぎは…
ジュリアが全く怖くないらしい…
ジュリアが寝床にしているベビーフェンスのところに
よく止まっている。
コガネたちもここによく止まって遊んでいるのだが、
ジュリアがいるときは止まらない。
よもぎだけは、ジュリアがいてもお構いなしにやってくる。

9の11

で、ジュリアが羽を広げて威嚇しても・・
大きな口を開けて脅かしても・・・
全く動じない・・・
他の子達はジュリアの『ギャ~!!!』が聞こえると
少なからずピクッと反応したり、近くなら逃げたりするのだが・・・
よもタンだけは平気の平左・・・
ジュリアが実際には襲わないということをわかっているようだ・・・

9の12
上の写真の動画もあるのだが・・・
UPするのは控えたいと思う・・・
やれやれ・・・
よもタンは度胸があるのかそれともただ鈍いだけなのか・・・
??????
で、よもタンときゃっちのケージの中に最近新しいおもちゃを取り付けて、
きゃっちは気に入ってすぐに遊びだしたのだが
よもタンはと言うと・・・

9の20

怖がって寝袋の中から出てこない・・・

9の21

半日このままだったので、新しいおもちゃは取り外した・・・。
ジュリアの威嚇は怖くないのに木のおもちゃは怖いのか!?

へんなの~~~
・・・・
・・

以下雑多な写真集・・・

まずはコガネ~ズ 仲が良い
9の19

次はオカメ~ズ 
9の13

お豆腐とジュリア
9の14

鳥たちは豆苗が好きなので自家製で出来ないかと思って実験してみたが、発芽率が悪かった…
9の16

一番豆苗が好きなのは、セキセイインコのジョニーさん
9の18

ちなみに、プランターで栽培していた赤粟の穂は収穫した…こっちは成功・・
9の15

末っ子のむっちとよもぎ(普段よもタンと呼んでいる)
9の17

幸水梨を食べるジュリア
大好物で、冷蔵庫から出して皮をむこうとしただけで、食卓までやってきて待っている…。
9の5

次はチンゲンサイとジュリア・・・
これも好物。小松菜よりチンゲンサイのほうが好きらしい・・・
9の22

放鳥中に撮った写真・・
9の6

パパとジュリア
オウムがこんな風に甘えてきたら、たまらないね。
9の3

水浴び中のきゃっち
9の10

水浴び中の甘金タン
9の9

テンちゃんを引き取って以来、ベル君はケージの中から出てこなくなった。テンちゃんもでてこない。
2羽だけの世界にはまっているようだ・・・。
テンニョインコのオスがメスにアピールしているところを見てみてね。
口をパクパクさせているところが面白い。
[高画質で再生]

ベル君とテンちゃん [ライブチャット]

お散歩ジュリア
9の4

いつものように、遊んでいただきました。
9の7
9の8


9の1

今回はとりとめのない写真集ですみませんでした・・・。
それと・・
太陽!ごめん!!君の写真だけなかったよ・・・。
今度は撮るからね!

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

赤粟の穂

…とりあえずがんばって更新…

まずはこの写真を………右の翼をおまたにはさんでじっとしているジュリアさん独特の『いじけポーズ』
2010-7-11 002
この『いじけポーズ』をとっているときは油断禁物…おもちゃを出しておこうが、声をかけようが…なぜまわそうが…効き目がない…
2010-7-11 035
やっぱりやったな…
よもたん6
・・・・・・・
・・・
夏だから…うちわで遊んでいてください…
2010-7-11 025
↓横から撮ったところ…
2010-7-11 026
・・・・・・・・・
・・・・
玄関先の小スペースにプランターを並べて『く~ちゃんの畑』なる物を作ったことは書いたが…
小松菜は散々だったが、三寸にんじんはたくさん収穫できたので…
『にんじんの葉っぱ入りカレー』とか、『にんじんの葉っぱ入りおからハンバーグ』とかいろいろ作った…
↓にんじんの葉っぱ入りおからハンバーグオーブン焼き 焼く前の写真
2010-7-11 032
2010-7-11 034
実は春に鳥さんたち用の『赤粟の穂』のこぼれた赤粟を撒いておいたのだが…
↓こうなった
2010-7-11 069
2010-7-11 070
よもたん13
…どうも深めのプランターで栽培できるようだ…

次はコガネのケージなのだが…
3羽で仲良く暮らしている…
よもたん3
よもたん4
六神丸は最初のうちは寝袋に入らなかったのだが、現在は入るようになっている。
ただ…写真左にある黄色の寝袋は破壊されてしまったので…奥の大きい寝袋に2羽、緑色の小さい寝袋の1羽入って寝ている。
ところでコガネたちの見分け方なのだが、
雨覆羽や風きり羽の辺りをよく見比べてみよう…かなり模様が違っている。
よもたん7
よもたん8
↓写真ではよくわからないかもしれないが、前から見ると、早明大のほうが若干オレンジ色が濃いことがわかる。
六神丸は早明大より、もっとオレンジ色が濃い。
目の周りのオレンジ色の濃さも3羽で違っている。(今回は3羽の写真はないが…)
よもたん9
↓一回書いたが、六神丸はほかの種類の鳥に襲い掛かって危険なので、放鳥には組み合わせがある。この4羽はいっしょに出しても危険はない。(この場合、六神丸はケージの中でお留守番となる)
よもたん11

つぎはミックスウロコさんだが、お父さんは両方ともホオミドリアカオウロコなのだが、赤い色の出方や尾羽の長さに違いがあるのが面白い。
よもたん1
よもたん2
よもぎのほうが尾羽が長く、根元まで赤い。きゃっちの尾羽の赤い部分は4分の3くらいだ。

ちなみによもぎは若いのでなんにでも興味津々だ。きゃっちも昔はそうだったのだが、現在は落ち着いている。
よもたん12
よもたん5

では公園で撮った写真をUP
今回はどうも明らかに鳥さん慣れしている男の子たちがかけてきた。
↓この子の家に鳥さんがいるんだそうだ。
よもたん15
よもたん14
↓お友達も慣れているらしく、平気でジュリアさんを乗せた。
よもたん16
よもたん17


↓おまけとお礼。
 友人が手作りして送ってくださったお洋服。く~ちゃんのお気に入り。
 ・・・そろそろく~ちゃんも大きくなってきたので、次回からモザイクかけようかな…。
くるみ元画像

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。