訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだに持っている

boti2

るうなが落ちてしまったことについて、お悔やみのメールをいただきました。
ありがとうございます。
・・・アホをやっているようですが、実は結構気落ちしているのですよ・・・。
そんな時はこれを見て元気を出す!というとっておきの宝物をお見せしましょう。
このふたつ。小さな宝箱とイラストノート。
宝箱

宝箱の中には昔の切符とか子供の時に買ってもらったお守りとか、そしてなぜかセキセイインコの尾羽が入っている。
ぺる羽

小学生の時に飼っていた初代のセキセイインコ『ぺるちゃん』の尾羽だ。黄色のハルクインだった。
(つまり、この尾羽は35年以上たってもいまだに持っているということだよ)
とてもよくなついていて、いつも一緒にいた。
小学生の頃だから、知らずになんでも食べさせていた。
中1のときに落ちてしまってそれはそれは泣いたもんだ。
今ならデジカメでどんどん写真を撮ることが出来るのだが、当時は写真を撮っておくんなんて思いもつかなかった。
だから写真は一枚もない。
それでその姿を残すために、泣きながらペルちゃんの絵を描いた。
それからお墓を作った。
ぺる絵

小学生の時にセキセイインコを飼う経験をしていなかったら、末っ子のむっちが「飼いたい」と言った時にあっさり却下していたかもしれない。
ペルちゃんがいたから、今10羽の鳥たちがいる。

鳥の愛情は一途で純粋だ。
人の感情をかきたて、心を豊かにしてくれる反面、失った時の悲しみは底深い。

今では、子供の心を育ててくれた『恩師』でさえあった気がする。
だから、こんな曲を贈ろうか。
本日撮りたてほやほやだよ・・・。ただし『リハーサル』のときの歌だ。本番はもっと上手だったよ。

今日は『感謝の集い(謝恩会)』だった。「仰げは尊し」を親子合唱して先生方に泣いていただこうという大作戦は見事に成功した。
役員のオカーサンの指導でしっかり2部合唱してくれた子供たちも偉いね!
先生方の育て方がよかったんだろうね!

『感動』して泣いたり、『悲しくて』泣いたりしながら、人は心を豊かにしていくのだろう。
立ち直れないくらい落ち込んでも、それを乗り越えた時に人は強く優しくなれるのだろう。

もっとも、みだがはらんの場合は『目の前』にあるたくさんの課題を一つ一つ処理するので精一杯だから、落ち込んでいる暇がない…というのが現実だ。
小学校での集いで役員さんのお仕事をして帰ってきたら、ジュリアが怒って羽を落としていた・・・。
・・・・・慌てて出かけていったからだね・・・。
可愛い鳥

あごの下の周辺を一気に齧っていた。
そうだね。今日は晴れていて暖かだったから、行こうと思えば久しぶりにお散歩に行けたかもしれない。
なのに、何も言わずに「いってきま~す」と出かけていって、なかなか帰ってこないのだから、ジュリアさんが怒るのは当たり前だ。
明日の日曜日も暖かだといいのだが。

boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。