訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のあるスタッフばかりだったんだ

人の無知のなせる業を見下すことはできない。誰でも始めは無知なのだから。
一生懸命やっているのに、無知な故に失敗したことを『バカもん!』などと怒りつける人はそれこそ『バカもん!』だ。
昔『私の立場がなくなるんです!』と、いかり狂って平教諭を怒りつけていた女教頭がいたが、大嫌いだった。
判断基準は『自分の立場』か!?
よくそんなんで教頭になれたものだ。自分の立場を重んじて欲しければ、相手の状況を理解しろ!
相手が置かれている状況を理解することが出来れば、はかりしれない信頼を勝ちうることが出来る。
だれもその教頭を好きではなかった。児童さえも。子供は頭がいいんだ。時として大人よりも。

聞きかじったオウムに関する知識は店員さんよりはあったようだ。しかし、さすがにそのオウムのケージに貼ってあった札を見たら混乱した。
キバタン 名前はコバちゃんです』
????????
なぜにキバタンの名前がコバちゃんなんだ?????
ノーミソが一瞬にしてフリーズした。

詳しくはこれ
↓読んでくださった方 ありがとうございます。誤字と脱字を放置してあるのでごめんなさい…汗
ケージの札

要するに、見ただけでコバタンなのかキバタンなのか区別できない程度の人間が、キバタンに『コバちゃん』という名前をつけたスタッフを見下すことなんかできないということだ。
そんなことしたら『五十歩百歩』だ・・・。

それに、実は、もうひとつ頭をフリーズさせた情報を持っていた。
動物保護団体の人が書いたらしい文章だった。
『個人経営のペットショップで迫害状態になっている白色オウムを見つけたが、好意でそのオウムを引き取るようなことはするべきではない。結局売れたオウムに味を占めた店主は、また儲けになるオウムを仕入れるだろう。いつまでたっても、かわいそうなオウムが増えるだけだ』
こんな内容だった。

だから、目の前にいるハゲハゲのオウムを買ったら、もっと可愛そうなオウムが増えるのではないかと、そんなことをしたらいけないのだと、そういう思考でがんじがらめになってしまっていた。
だから、どうしていいのかすぐに判断できなかった。
一回頭を冷やすために、家に帰ってよく考える必要があった。

でもね、お店のスタッフの方たちは心のある人ばかりだった。責任者の人も、真面目で誠実な人だった。開店して1年ちょっとのお店だから、スタッフが知識不足なのは理解できたし、大型ホームセンターのペット館だったから、責任者の人も含めてみんな『雇われている』身だ。

そのくらいのことは見ただけで分かる。

だれでも生活のために働かなくてはいけない。与えられた情況で精一杯仕事をしなければお給料はもらえない。
人間のそんな経済体系に巻き込まれるようにして、たくさんの生き物が仕入れられたり、販売されている。
それでも、やはり、そのオウムは欲しいと思った。
ケージの札に
『甘えん坊の寂しがりやです』
と書いてあったからね。
ボロ雑巾のような姿をしていたが、嘴の前に指を持っていっても噛まなかったんだ。
優しい子なのだろうと、なんとなくわかったんだ。

大型ホームセンター採用された、とても誠実で、真面目そうな責任者の方は、とても素敵な言葉を言ってくださった。

お客様を信じてお渡しします
これまでに生きてきた中で最高の部類に入る言葉だった。

・・・つづきは、明日かあさってね・・・。

↓今日のお散歩 まず出発 「お散歩に行くよ~」といったら、自分からアクリルキャリーの中に入る

↓階段を下りて下足箱の上にキャリーを置く。玄関のドアを開けてわんこもスタンバイ。キャリーの戸を開けると、ジュリアは腕に乗ってくる。

↓近くの公園の駐車場にはよく観光バスが止まっている

↓・・・え!?3月なのに幼稚園の遠足??すごい幼稚園だね。

↓ジュリアはなぜか園児たちの方に歩いていく。勿論「こんにちは」をご披露する。子供たちは大喜びする。
3月の遠足

オウムのお散歩についてもそのうち書く予定・・・。安易にやると危ないことだらけだからね。
boti2


スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: オウム キバタン 毛引き 羽かじり 羽齧り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。