訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故をおこさせてはならない

boti2
オウムの散歩で一番気をつけなけなければならないのはこれ!
まず、事故を起こさせてはならない!
これはどこにも書いてないよ・・・。わんこの飼育本にも書いてない。『ペットを守るのは飼い主の責任です』とは書いてあるけど、逆のことは書いてない。
当たり前のことだが、これに一番気を使う。
ジュリアはとても大人しい個体で、理由もなく突然噛むようなことはない。毛布にくるんでひっくりかえして爪を切るときだけはちょっと危ない。それでも毛布をはずすと「こわかった!!」と訴えるようにぴったりくっついて、普段より甘えてくる。
しかし、突発的に驚いた拍子に子供を噛むかもしれない。だからそういう状況が起こらないように気をつける。枯れ枝を振り回しながら近づいて来る子には『オウムさんが怖がるから棒は置いてきてね』と注意する。怖いもの知らずの子には『急に手を出したら駄目だよ』とあらかじめ言っておく。

『さわりたい!』と言ってくる冷静な子には『ジュリアさん さわってもいいですか? と言ってから羽の下をなぜてごらん。でも嘴で噛むような真似をしたらさっと手を引っ込めるんだよ』と言う。
そういう子はたいがいジュリアをなぜることに成功する。

よく、『噛みませんか?』と聞かれるが、『それに関しては犬と一緒ですよ』と答える。
犬だって噛まない犬もいれば噛み付く犬もいる。普段は噛まないのに、怖いと感じると噛むのもいる。
オウムさんにも噛む子と噛まない子がいるんですよ』と付け加えたりもする。

傾向としてはキバタンはメスのほうが大人しいことが多いようだ。
キバタンのオスは何の前触れもなく突然噛むことがある』という記述を読んだことがある。勿論オスでも噛まない子もいるし、メスでも噛み付く子もいる。

とにかくジュリアを守るために、ジュリアが恐怖に駆られて人を噛んでしまう状況には絶対しない。
安全第一だ。
でもね、みだがはらんがいたずらっ子にはしっかり指導をしてジュリアの安全を確保しているので、ジュリアは割りと小さな子供には愛想がいい。小さなお友達には『こんにちは』と言ってくれる。子供好きの飼い主のなせる業かもしれない。
3月散歩1

boti2
・・・もっと書こうかと思っていたのだが、時間切れで終了・・・。
ケリーちゃんの話にたどり着けるのはいつになるんだ!?汗
今後の予定
・お散歩の注意点その2
毛引き羽齧りに付いて
それから、ケリーちゃんのお話。
今日ケリーちゃんの写真のCDーRを送っていただきました。
・・・ほえ~~どれを使わせていただこうか・・・。

スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: オウム キバタン 毛引き 羽かじり 羽齧り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。