訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えてください

ケリーちゃんの話は生き物が好きな人たちに伝えてください。それが、最後にケリーちゃんを腕の中でみとったケーちゃんのままさんの希望でもあるからです。
ケリーちゃんと同じ目に合う子がでないように。
boti2
ケリー15

さて、ケリーちゃんは40年以上待って、やっと次の飼い主さんの家に引き取られた。鋭い目つきをして、爪が恐ろしく伸びていて、心も体もボロボロに傷ついた年をとったオウムがやってきた家は、新しいパパと新しいままがいて、それから高校生のお兄さんと中学生のお兄さんと小学生の女の子がいる、とてもにぎやかな家だった。
しかし、最初の感想は・・・臭い!
オウムやインコはほとんど臭わないんだけどね。とにかく臭かったそうだ・・・。
ケージを洗っても臭いが取れなくて、新しいケージを買ったそうだ。
それから、夜昼かまわず絶叫する
ままさんは、最初の夜はその『臭い』ケージの横で寝てあげたそうなのだが、すぐに絶叫をしなくなるわけではない。
『ここら辺に化け物がおるんや』って言って、子供たちが近所に探検に来るほどだった…。

おまけに、ケージから出しても歩けない!
足が思うように動かなかったそうだ。それでも一歩一歩、歩き始めた。それから家具を伝って上のほうに上っていくのだが、下りられなくなってそこにしがみついて『助けて!』とばかりに叫ぶ。そうしたら、しがみついている足を一本一本引き剥がして下ろしてやらなければならない。爪が伸びているから、腕や肩が傷だらけになってしまう。

そして一番心が痛むことは自虐
自分を噛んで、痛いから「ギャッ!」と声をあげ、同じところをさらに噛んでまた「ギャッ!」と声をあげる。血はにじむ。末っ子の女の子は「噛んだら駄目だよ」と声をかけ続けた。

セキセイインコを育てたことはあったが、そこから急に自虐までするオウムと暮らすことになった訳だから、ままさんは情報を求めてネット探検を始めた。そして、個人でオウムと暮らしている方のHPに書き込みをして、そこでみだがはらんと出合った。みだがはらんもそこのお宅でいろいろ教わったりしていた。似たようなことをしていたし、人間の子供も年が近かったから、ぞれからずっと情報交換をするようになったというわけだ。

ケリー17

ケリーちゃんの新しいままさんは大型鳥にも詳しい獣医さんも探した。そして色々アドバイスを受けた。手作りのカラーや服も作り始めた。
可愛いでしょ!?
ケリー18

なにせ、毛穴がつぶれてしまっているところが多く、獣医さんからも「そこは体羽は生えてこないでしょう」と言われたので「これは楽しむっきゃない!」と何度も作り直した。そこは、ど根性母さんなのである。
ケリーちゃんのことを知って可愛いお洋服を作って送ってくださる方も現れた。大きなおリボン付だよ!素敵でしょ!?
ケリー14

(使用している写真は、すべて著作権保有者の特別な計らいにより、UPしております)
つづきは数日中に・・・
boti2

スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: オウム 毛引き タイハクオウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。