訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケリーちゃんが教えてくれたこと

人間と言うものは『臭い者には蓋をする』という性質があるようだ。だから、自分の正当性ばかり主張して、失態は隠してしまう。
HPにしろ、ブログにしろ、可愛かった子のこととか、面白い写真とか、自分の良い面ばかり出してしまう。
みだがはらんも一緒だよ。
面白い写真ばかりUPしてしまうのだから。

ケーちゃんのままさんがケリーちゃんを連れて行った獣医さんは言った。
『軽症ですよ』
ひどい自虐でも軽症なのです。
もっとひどい子は『骨が見えるほどまで自分をかじる』のです。そんな子のことをテーマにしてブログを作ろうなんて思う人はだれもいない。隠してしまう。

良く考えて欲しい。
感情も、感受性も、知能も発達している大型鳥を興味本位で『飼ってみたい』と言っている人は今、たくさんいる。
しかし、放置されてしまう鳥もいる。

虐待されたり、人間に捨てられたりしたペットさんたちが、今日も収容施設で命を絶たれている。
犬や猫ですら、そういう状況だから、飼うのが難しいオウムならなおのこと。(注 個体差は大きい)
だからよく調べてから迎えるかどうか決めて欲しい。

人間というものは『流行』が好きなようだ。
十数年前ほどに、『ハスキー犬』が流行った。たくさんの人がその銀色の瞳にあこがれて、その子犬を迎えたが、力は強い、扱いきれない、手に負えなくなってくる・・・。たくさんいたはずのハスキーの仔犬たちは・・・どこにいったのかな?
老衰するまで世話をしてもらえたハスキー犬は運が良かった方だ。
ましてや、オウムは寿命が長い。老衰するまで面倒を見ることはできるだろうか?
オウムは噛むよ。毛引きするよ。
ハスキー犬以上に大変な生き物だ(注 個体差は大きい)
確かにやりがいはあるが、手間も暇もかかる。人間の子と同じくらい育てるのに『コツ』がいる。
しかし、オウムの心を理解できれば、ご褒美にあふれる愛をくれる。
かといって、本も何も読まずに楽ばかりして楽しもうとしている人たちに扱える生き物ではないと思う。

オウムは素晴らしい。しかし、生半可な気持ちで迎えてはいけない。興味本位で手を出してはいけない。実際に興味本位で迎えたはいいが、扱いきれなくなって里子に出されてしまうオウムもいる。
そりゃ、病気や家庭事情で手放さなくてはならなくなることもある。そんなときは人間同士で助け合うしかない。
一人にはしないで。
ケリーちゃんはそんなことを教えてくれたのではないかと思う。

伝えてください
ケリーちゃんのお話を。
ケリーちゃんのような子が二度と出ない為に。

40年という時間
http://soumeidai.blog121.fc2.com/blog-entry-37.html
40年という時間

伝えてください
http://soumeidai.blog121.fc2.com/blog-entry-38.html
伝えてください

オウムは心を寄せる
http://soumeidai.blog121.fc2.com/blog-entry-39.html
オウムは心を寄せる

ケリーちゃんが教えてくれたこと
http://soumeidai.blog121.fc2.com/blog-entry-40.html
ケリーちゃんが教えてくれたこと

以上四つの記事(上の3つだけでも結構です)を貼り付けて伝えてください。

ケリーちゃんの写真は使っていただいても大丈夫ですが、『著作権保有者の許可をいただいて使用しております』と明記してください。心ない人たちにいたずらなどをされないように。
ケリー1

ケリー3

ケリー2


boti2

追記・・・夜中に書いた文が大変荒かったので、だいぶ書き換えました。すみません。

補足
大型オウムは非常に知能が高く、長生きです。個体差はありますが、2歳か3歳くらいの知能があり、中には『会話』が成り立つほどまで『人間語』を覚えて喋りだす個体もいます。
喋れなくても、人間の言葉を十分理解できるほど知能が高いです。


生き物が好きな心ある方たちへ、
リレー方式で、伝えてくださいケリーちゃんの話を。いちいちみだがはらんに断る必要はありません。
あなたのお友達が生き物の心が分かる人なら、生き物の心を分かろうとしている人なら、断る必要はありません。どんどん伝えて、ケリーちゃんと同じような目にあう子がでないように、ご協力ください。

さらに追記
ケリーちゃんの元親さんは、心のある方でした。ケリーちゃんのことをとても心配なさっていたたのです。昔は、オウムはひまわりの種と水を与えて、ケージの中に入れておけばよいということが常識でしたし、今のように詳しく書かれた本があるわけでもなく、インターネットで調べられるわけでもなく、詳しい人と知り合いになれるわけでもなく、大型オウムに詳しい獣医さんを探し出せる手段もなかったのです。 奥さんが病気になり、お母様が病気になり、看病と介護と仕事でどんなに忙しくても、ケリーちゃんに餌と水を与え続けていらっしゃたから、ケリーちゃんは生き延びていたのです。
どうか、その状況もご理解ください。
みだがはらんもケーちゃんのままさんも、親の介護をしながら、オウムのお世話もしております。元親さんがどんなに大変だったかも、そのお気持ちがわかるのです。

ケーちゃんのままさんが新しくブログをお作りになり、日々の葛藤、触れ合いのことについて書き始めていらっしゃいます。ケリーちゃんについてもっとお知りになりたい方は、↓のブログに行ってくださいね。
ケリー
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: オウム 毛引き 自虐 タイハクオウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。