訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふんじゃった…

タイトルの意味は…最期の動画を見たらわかるよ…そのまんまだし…

とにかく暑いのでなかなか散歩にでられないのだが、薄曇りの日に噴水の横の木の下で涼んでいたら、親子連れさんもやってきてお父さんがねっころがられたので…ジュリアさん、早速アピール。
遊んでいただくことが出来た。
『すみません。子連れの優しそうなお父さんが大好きでして…。甘えに行っちゃうんですよ…』
と、いつもの説明…。
噴水横1
お子さんには『急に手を出さないようにね』と注意して、なぜ方を教えたりしていた。
噴水横2
ジュリアさん大満足。
噴水横3

とにかくとにかく暑いので、愛用のパソコンさんもご機嫌が悪く、加熱のせいかすぐに固まってしまうので……
s-2009-06-30 021
保冷材で冷やしてあげたら、ご機嫌になったらしく・・・全然固まらなくなった…。
s-2009-06-30 022
風通しを良くしてやって、下からも冷やしている…。
s-2009-06-30 024

居間のエアコンの調子も悪く、然るに2台のエアコンで3部屋を冷やしているので・・・
というか、我が家は日当たりがよすぎるので灼熱地獄になるのだが、もう一台エアコンを取り付けると不経済なので、エアコンの変わりに2180円の『サーキュレーター』なるものを買ってきて、よく効くエアコンの冷気を居間に飛ばすことにした・・・。
なぜか鳥かごをかぶせてある・・・。
s-2009-06-30 003
『扇風機』と『サーキュレーター』の違いは、風の飛ばし方なんですよ。
扇風機は風が広がるように飛ぶのですが、サーキュレーターはまっすぐに遠くまで飛ぶのです。
だから、エアコンの冷気を隣の部屋におくったり、空気を対流させたりする時はサーキュレーターの方が効率がいいようですな・・・。
こっちは扇風機・・・。エアコンのないむっちの部屋に風を送っている・・・。やっぱり鳥かごがかぶせてある・・・。効率が悪くなるかなぁ・・・。
s-2009-06-30 004

暑くなって喜ばしいこともある。サツマイモさんは暑いのが好きで・・・
『観葉サツマイモ』さんが『苗』に出来そうなくらいまで伸びたので……
s-2009-06-25 013
く~ちゃんを連れて植木屋さんに深めのプランターと用土を買いに行ったのだが・・・
く~ちゃんときたら『ぶたさんプランター』の前で動かなくなってしまい・・・
・・・・・・つい、買ってやってしまった・・・・
s-2009-06-30 027
え?何を植えたのかって?
……使い切らないうちに『芽』が出てしまった『生姜』ですよ…いたずらしただけです。
『収穫』は期待しておりません…。
で、『サツマイモ栽培ごっこ』を実行した。
s-2009-06-30 025
なぜ『マリーゴールド』も一緒に植えてあるかというと、これを植えると『線虫』が来なくなるからですね。マリーゴールドもそういう意味で『役に立つハーブ』の一種なのですな・・・。
サツマイモはつるが延びたらジュリアのおもちゃにも出来るので、一石二鳥…。
なんというか、く~ちゃんに『土いじり』をさせたかっただけなので、あくまで『お遊び』の範疇なんですよ…。
s-2009-06-30 026
玄関先にはこのほかに『さやえんどう』も植えてあって、これもジュリアのおもちゃになるので、く~ちゃんと遊びながらジュリアのおもちゃを作っているのでありますな・・・。
s-2009-06-30 030
毎年玄関前には『パセリ』が自然発生して、キアゲハさんの餌食になるのだが、今年はなぜか来なかったので、パセリの森のようになってしまった・・・。
これもいずれジュリアのおもちゃになったりする・・・。
s-2009-06-30 031

コガネのヴィヴィアンは誰のところにでも甘えに行く。
↓は長女MEG
ヴィヴィ5
珍しく惚れ込んでお迎えしてしまったヴィヴィアンだが、これまでのコガネたちとどこか違うような気がする・・・。報告はボチボチと・・・。
ヴィヴィ6
ただ、ほんのちょっとだけ困ることがあって・・・
カメラを向けて写真を撮ろうとすると・・・
ヴィヴィ3
飛んできてカメラの上に止まってしまうのですよ・・・
ヴィヴィ4
く~ちゃんと遊んでいたので撮ろうとしたら・・・
ヴィヴィ1
…やっぱり飛んできた・・・尾羽が写っている・・・
ヴィヴィ2
・・・・・
ちなみに甘金タンもく~ちゃんのところにいく・・・
甘金タンとく#12316;
しかし、甘金タンは早明大やダッキュウちゃんともよく遊んでいる・・・。
だんご
ベル君は相変わらずヴィヴィアンが気になっており・・・
s-2009-06-30 018
ケージの前でうろちょろと・・
s-2009-06-30 019
きゃっちも負けじとそわそわと・・・
s-2009-06-30 020


・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・
くれない
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・
まつたけ
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・
最近撮った写真をほとんどUPした・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・で、動画・・・・
注意書き 幼児のいる部屋でアオメキバタンを放し飼いにするのは危険なので決して真似をしないでください・・・・
(FC2動画は混んでいる時は見られないことがよくあるので、その場合は時間をずらしてご覧ください)

ふんじゃった [掲示板]
なんとなくジュリアを撮ろうとしたら、突然く~ちゃんが現れて、ふんじゃったんです・・・。
こいてあることに気付かなかったのですよ・・・。
ちょっとゆるめのそれなのは、やわらかめのフォーミュラやフルーツ類を食べたあとだからで、異常ではありませんのでご心配なさらぬよう・・・。
このあと、く~ちゃんはお風呂に連れてゆかれて足を洗われ、その間『大きいママ』は必死こいて雑巾でウンPを拭いたのであった・・・・。


スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

介護認定

去年実家の父が亡くなったあと、腰が曲がって歩きにくくなっている母の介護認定を申請したら『要支援1』だった。腰が曲がっているだけであとはなんともない。時々買い物等の運転手をしてあげたり、重いものを運んであげたりする程度。自宅を少々改造すれば自立した生活が出来る。市からの補助で『安全なお風呂』に改造したり、あちこちに手すりをつけたりした。

で、ここ一週間はうちの『ア型バーちゃん』(つまり、義母)のほうの介護申請等で忙しかった。すでにアルツハイマー型認知症の診断が下って半年たっている。
なぜすぐに申請しなかったかというと、本人が受け入れないだろうことは明らかだったからだ。
10年ほど前、『どこか変だ』と感じたが、誰も信じてくれなかった。認知症とはそういうものだ。『絶対に変だ』と誰もが感じるようになる頃にはかなり進んでいる。しかも、認知症は本人に自覚症状がない。
どんなことをしでかしても、本人にとってはあくまで『正しい判断』でしたことだ。
ここまでくると、どうも『要支援』ではなく『要介護』ランクの認定になるようだ。

まあとにかく、10年前から地道にやっていたことは『認知症』についていろいろ『事例』を調べること。かしこい対応の仕方を考えること。ことあるごとに頭を下げたり事情を話したりして『包囲網』を作り上げることだった。
今年に入ってアルツハイマーの診断が下りてからは、銀行・取引先・弁護士事務所等もまわった。
金銭感覚がおかしくなっているので『成年後見人制度』の申請書類もすでに用意してだけはある。
まあ、実際に申請するかどうかは今後の進行次第。
現在様子見だ。

アルツハイマーといっても、人によって状態が全く違う。
我が家のバーちゃんの場合は『金銭欲』『権力欲』『見栄(プライド)』の3本柱で動いている。
すでに掃除したり・料理したり・ゴミを分別したりすることはできなくなっているが、身なりはきちんとしている。ちょっと喋ったくらいでは認知症だということが分からないくらいだ。
しかし、つい10分前のことも忘れている。『今』しかない状態だ。

これまで家族と社員が一致団結してア型会長様の『安全』を守ってきた。
認知症のサイトの書き込み等を読んでいたら、
・・・・うちは上手に対応してなんとかここまで持ってこれたほうだなぁ・・・・・
と思う。
まだまだもうしばらく目を話せない時期は続くが、今までどおり、創意と工夫で乗り切ろうと考えている。
・・・・・・
ほんとは具体的なことを書くとかなり面白いのだが、認知症について正しく認識していない人に勘違いされたら困るのでやめとくね・・・
・・・・
・・・・・とにかくすごいバーちゃんなんですよ・・・うちのア型バーちゃんは・・・・

ま、鳥も孫もア型バーちゃんも元気で何より・・・・
↓甘金タンとヴィヴィアン ヴィヴィアンはすでに活発に飛び回っている。甘金タンもだいぶ羽が生え変わり、少々飛び回ることが出来るようになった。
s-2009-06-25 020
↓ダブルにぎころ
s-2009-06-25 033
↓私は『大きいママ』です・・・。注釈もつけてみました・・。
注意書き付
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・
え?ア型バーちゃんの「すごい」ところ?
う~ん
頑張り屋さん 負けず嫌い 見栄はり いばりんぼう お金大好き
300万円の小切手の桁を間違えて3000万円っていかいて取引き先におくっちゃってもあやまらない
(注 取引先の善意で助かった)
自分の地位を守ろうとして人に100万単位でお金をあげちゃった・・・・
私の持ち物件(注 オンボロ)を騙して取り上げようとした・・・・
・・・・等々・・・・
でも、すでに『かわいい忘れん坊のいばりんぼうさん』なだけになってしまわれたので、これからもお食事作ってあげたり、見つからないようにお掃除しに行ってあげたりしようかなぁと・・・・

テーマ: お金大好き強欲ばあちゃん語録集
ジャンル: ブログ

モテモテ・・・

ヴィヴィアンと甘金タンのケージの場所を入れ替えた。

シャワーを浴びてハンサムにもどったベル君はしっかり復活し・・・
またヴィヴィアンのケージの上から動かなくなった・・・
ちなみにきゃっちもヴィヴィアン寄りのところにいる。
s-2009-06-16 002
ところで
前回と前々回の記事内容があまりにも唐突で、説明書きを書くのを怠ったためか、ご批判のコメントをいただいた。
コメントを削除させていただいたのは、HNを出さないようにするための配慮なのでご了承ください。
別の方からの批判への批判のコメントが来ることを防ぐための配慮でもあります。
また、記事の中でレスすることもお許しください。
これは当方の記事を書くときの信念にも関する重大な内容となると考えております。
少々手厳しいレスとなります・・・。申し訳ありません。

いただいたコメントは以下の通りです。
ずっとROMらせていただいてましたが、これはあまりにも可哀相。沢山のインコを同時に放鳥していて、事故はおきないのかしらと心配していたら、やっぱり…失礼ながら、飼い主さんの慣れがこの事故をおこしてしまったのでは?指がもげなくて、ベル君は不幸中の幸いでしたね。趣味でどんどん羽数が増えてしまったのでしょうが、一羽一羽への注意力が落ちてしまうような飼い主さんでは、どんなに鳥飼いとして良いブログをお書きになられていても、説得力がありませんよ。お気をつけて…。

ご心配はごもっともですが・・・・・・・・・・・。
まず、ベル君にシャワーを浴びせることは時々していることで今回に限ったことではありません。テンニョインコは意外と脂粉が多く、ケージがすぐに真っ白になるからです。また、ベル君はほんの時々しか水浴びをせず、しても少し濡れる程度です。時々洗ってやる必要があります。今回は傷の具合をよく見て、完全に出血が止まってからさらに一日待って、軽くシャワーをかける程度で洗ってやりました。これを『かわいそう』ととるか、『必要なこと』ととるかは人間それぞれの感覚の違いかもしれません。

『事故は起きないのかしら』とご心配いただいていたことについては普段の日記で説明不足だったかもしれませんが、旧日記の頃からのことなのでそのことについての説明書きを書く必要性を感じておりませんでした。

『趣味でどんどん羽数が増えてしまったのでしょうが』
心外です。11羽のうち、自分から進んで買い求めたのは3羽だけです。あとは『依頼された』『障害や毛引きがあるので見捨てて置けなかった』『売れ残っていた』『プレゼントされた』等で『引き取った』という感覚の鳥たちばかりです。単なる『趣味』と言われても仕方がないでしょうが、本当にただの『趣味』なら、毛引きや障害のある鳥を引き取ったりはしておりません。ただの『趣味』なら、状態の良い珍しいインコやオウムを買い集めているでしょう。

『説得力がありませんよ』
きゃっちの毛引きについて書いた時に一度説明したのですが、『上手くいかなかったことも正直に書く』ことを信念としております。なぜならあらゆる『事例』は『学び』になるからです。人の失敗は自分の教訓となる。私もたくさんの方に学ばせていただきましたから、あえて失敗したことも書くようにしています。失敗談を知ることにより、読んだ方が同じ失敗をしなければいいなぁ…という気持ちです。
エイサン氏の本にはたくさんの事例が載っています。それが『学び』です。
カッコだけつけていたければ、失敗したことは書かなければ良いのです。あえて書いているのに『説得力がありませんよ』とのご注意、大変痛み入ります。

ベル君が突然ダッキュウちゃんに咬みつかれても、ちゃんと見ていた飼い主は即座に反応し、深刻な事態に至らぬうちにダッキュウちゃんをベルから放しています。
最近聞いた話ですが、とある方の失敗談。
オキナインコが細い金網を破ってアキクサインコに襲い掛かり、かみ殺してしまった・・・そうです。
少しの油断でそのような事態が起こります。また、充分気をつけているつもりでも、事故は起きます。知識不足で事故が起きることもあります。だからあえてセキセイインコの爪きりについても触れるのです。

もう少し書かせていただければこれは私の『子育て』に通じることです。
小さな失敗はあえてさたほうがよい。少々の怪我は子供のうちにさせた方が良い…という考え方です。
つまり転んで怪我をさせるのが怖くて転ばせないようにばかりしていると、ひ弱な子に育ったり、大人になってから大怪我をしたりします。
小さなうちに『たたかれたら痛い』ということを知らないと、人の痛みの分からない、手加減をすることを知らない子供に育ちます。
まあ、取っ組み合いの喧嘩は幼稚園か保育所のうちに充分させておけばよいのです。
子供のうちに大きな挫折をし、それから立ち上がった子は、大人になってからは丈夫です。少しのことではめげません。自分の力で立ち直ったという自信がそうさせるのです。

ベル君はとても賢いですから、二度とダッキュウちゃんのケージの上には止まらないでしょう。
細かいことまでいちいち記事にはしていませんが、早明大もきゃっちに咬まれたことがあります。甘金タンもきゃっちに咬まれたことがあります。それが学びとなってお互い怪我をしない同時放鳥が可能となっています。
しかし、深刻な事態に至りそうなら、時間差放鳥にしています。きゃっちがいくら毛引きしてアピールしても、咬みつく限りはダッキュウちゃんには近づけさせませんでした。
コメントをくださった方が過去記事をすべて読んで、それでも『説得力がない』とおしゃるのなら、失敗談は隠して当たり障りのないことだけを書いている別の方の記事をお読みください。
そのとき困っていることがあったらそれを書く。問題に対してどんな対策をとっているか、ある程度まとまったらそれを書く。私は日々あったことを暇があったときに書いているだけです。
事例として出しているだけで『説得』とか『説教』をしようと思っているのではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
あ、そうだった・・・今日のタイトルは・・・『モテモテ』だった・・・
↓2歳のパピヨン君に持てている毛毛(中国語読みでモンモン)
s-2009-06-16 006
『オバーサンだからやめときなさいよ・・・』って言ったんだけど、カンスケ君は毛毛が好きらしい・・・。

↓男の子にもてているジュリア
梅雨
梅雨の合間に散歩に行ったら男の子が3人遊んでいて『コンニチハ』と言いながら寄ってきた。前にも会ったことがあるようだが・・・・あまりにもたくさんの人に会っているので・・・いつ会った子だか覚えていなかった・・・・。

また、誤解されないように一応書いておくが、子供の腕に安心してジュリアを乗せられるようになるまでに慎重に訓練して4年の歳月をかけている・・・。
『この子は大人しいけど、咬みつくオウムさんもいるからむやみに手を出しちゃダメだよ』と注意もしている。
・・・・・・・・・・・
・・・・
しかしなぁ・・・・配慮してるつもりでも、やっぱり表現の仕方が悪いと誤解されちゃうな。
今後表現には気をつけます・・・。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

セキセイインコの爪きり

まず、前回の記事の続き・・・
↓ダッキュウちゃんに指を咬まれたため、ベル君のケージが血だらけになってしまったので、3日後にベル君ごとケージを丸洗いした・・・。頬についた血もだいぶとれたが・・・ベル君災難続きだね・・。
s-2009-06-14 011
足を痛そうに上げている。咬まれた次の日は出たがらなかったのだが、3日後からはヴィヴィアンを出すとやっぱりケージから出たがるようになった。
・・・・愛は痛みに勝つらしい・・・
s-2009-06-14 010
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
今日はほとんどの方には『釈迦に説法』の内容かもしれない。しかしあえて書いておこうかと・・・。

ときどきこんな話を聞く。
『野生の鳥たちは爪きりなんかしていないから、爪切りはしなくてはいいのではないか』
というもの。
特にセキセイインコでそう考える方がいらっしゃるようだ・・・。

わんこも一緒なのだが、野生の鳥でもオオカミでも、自然の中では『爪』は自然に磨耗する。
オオカミの場合、生きていくために穴を掘ることもあるだろうし、岩場を走ることもある。
鳥だって止まるところは多種多様・・・。硬いところもあればやわらかいところもある。太い木もあれば細い枝もある。爪は自然に磨り減っていく。
もし爪が長く伸びてしまった個体がいたとして、ある日何かに長~い爪が引っかかり、飛び上がれなくなったとしたら・・・・・捕食動物の餌食になって生き残ってはいけない。

ある犬友達がこんなことをおっしゃっていた。
『うちの子爪切りを嫌がるので獣医さんにそう言ったら、「爪を切るのがいやだったら、硬いコンクリートやアスファルトのところを毎日1時間以上散歩しなさい。そうすれば自然に磨り減りますよ。」って言われちゃったのよ・・・』
・・・・・・
さもあらんや・・・
・・・・
で、セキセイインコの場合、ちょっとくらい長くても人間の皮膚に食い込むことはないから必要性を感じないのだが、あまりに長くこの場合、切ってやらないとケージのどこかに引っ掛けて足を痛める場合がある。人間の毛糸の服に引っ掛けて大暴れしていまうかもしれない・・・でやっぱり、足を痛めるかもしれない。
我が家の場合、先代のセイちゃんもハル君も爪きりの必要はなかったのだが、ジョニーさんは爪が伸びやすいらしい・・・放っておくとどんどん長くなる・・・。
だから↓くらいになったら先を少しだけ切るようにしている。以前はもっと長くなっていたことがある。
(注 切りすぎないように!!!)
s-2009-06-14 006
通常腱はずれの子の場合は止まり木に止まることが出来ないので、爪は伸びやすい。しかしうちの太陽君の場合はジョニーさんより長くはなって来ない。だから一度も爪は切ったことがない・・・。
↓太陽の爪
s-2009-06-14 013
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・
ところで、やもめのハル君の後妻さんとしてお迎えしたメスのジョニーさんはお迎えした時点で3歳以上で、1年以上ハル君と仲良くしていたのだが、卵を産んだこともなく、鼻はずっと薄紫色のままだったのだが・・・・・・
ハル君がいなくなってから寂しそうに太陽の方ばかり見ているので一緒にしてみたら・・・・
・・・たった一週間で鼻が茶色っぽくなってきた・・・・・・・う~ん・・・・
太陽の方が魅力的だったのかな・・・・
s-2009-06-14 017
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まあ、交配は無理だと思うよ・・・・太陽は人間の髪の毛に捕まって『尾羽フリフリ』はするんだけど・・・
メスの上に乗ってそれは出来ないと思う・・・
・・・・両足が180度に開いちゃってるから・・・・・
・・・・・・・・
・・
↓おまけ 早明大とダッキュウちゃんがいたずらして遊んでいるところを撮っていたら偶然太陽が『タイヨーコンニチハ』と言っているところが入った。ジョニーさんと一緒にする直前の動画。

タイヨーこんにちは FC2 VPS 仮想専用サーバ

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

ベル君 恋は盲目注意一秒怪我一生?

本題に入るまで…時間がかかるかもしれない…

↓3年ぶりに仕立ててみた『観葉サツマイモ』
つまり、スーパーで買ってきたサツマイモから芽がでてきたので水栽培しているわけ。
お祭でむっちが食べたかき氷の入れ物にあしらってみました…。
しばらく鑑賞して、長く伸びたらジュリアのおもちゃとして利用。
一本だけは大きなプランターに植えて、く~ちゃんと『サツマイモ栽培ごっこ』をして遊ぼうかと…。
s-2009-06-10 002
↓根っこが出てきた…。
s-2009-06-10 003

↓偶然ぞろ目のスクリーンショットを撮ることができた…。ありがとうございました…。
77777.jpg

さて、コガネのヴィヴィアンが来てからの中型たちの反応なのだが・・・・。
↓オカメの紅君…全く興味なし…。
気にならない1
↓オカメの松茸君も…同じく全く興味なし…。
気にならない2
↓早明大は甘金タンが来たときはすぐに受け入れてカキカキしてやっていたのに、ヴィヴィアンには興味を示さず、時々甘ちゃんのケージに行って遊んでいる…。
向かって左が早明大。右が甘金タン。……そめちゃんは胸側のオレンジ色が濃いが、甘ちゃんは黄色っぽくなりそうだ…。
s-2009-06-10 007
↓甘金タンは風きり羽がだいぶ生え代わって早明大とダッキュウちゃんのケージまでは飛んでいけるようになった。いつの間にか3羽で遊んでいることがある。
左から甘金タン・早明大・ダッキュウ
s-2009-06-10 016
↓ヴィヴィアンのために新しいケージを買ってそめたちのケージの横に置いたのだが・・・・
先住の3羽は全く興味がないようだ…。
s-2009-06-10 019
↓扉を開けておいたら、早明大とダッキュウちゃんがヴィヴィアンのケージに移動して遊んでいた…。
s-2009-06-10 011
↓…しかも…ヴィヴィアンのペレット入れにダッキュウちゃんがウンPを飛ばし入れていた…。
問題ありだなぁ・・・。
・・・・またケージの配置換えをしなければならないようだ…。
s-2009-06-10 013
↓甘金タンにヴィヴィアンを近づけてみたが、全く興味なし…。早明大アニキの方が好きなのかなぁ・・・???

甘ちゃん無反応 FC2 VPS 仮想専用サーバ
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
それで、ここら辺からやっと本題に入る・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
ヴィヴィアンが来てから、
テンニョインコのベル君の様子がになったのです…!!!

ベル君はそれほどケージからは出たがらず、でてきてもちょっと遊んですぐにケージに入ってしまっていたのだが、ヴィヴィアンが来てからやたらとそわそわしてケージから出たがるようになった。
↓しかも、いったん出ると、なかなかケージに戻ろうとしない・・・。
気になる1
(富山弁注 しょわしない=わずらわしい・めんどくさい)
↓きゃっちにからまれて、長~い尾羽に噛み付かれて曲げられても逃げようともしない…。
s-2009-06-10 004
↓きゃっち以上にヴィヴィアンに興味があるようだ・・・。
気になる2
その上、手を怖がらず、むんずとつかもうとしても逃げないので・・・
気になる3
以前は考えられないくらいのベル君の変貌振りだが…さすがに咬まれた…汗
気になる4
とにかくベル君をそのままつかむことが出来るなんて、お迎えして以来始めての珍事だ…。
かなり強気になっているようで、ヴィヴィアンを肩に乗せていたら進んで乗ってきて首筋をかんで逃げて行ったりする…。
どういう心境の変化なんだ?????
やっぱりベル君の初恋らしい・・・・。
↓ヴィヴィアンは相手にしないのだが、ベル君はかなり積極的で・・・なぜか飼い主に咬みつく…。

最期に咬む FC2 VPS 仮想専用サーバ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
で、恋は盲目らしい・・・・
その後突然事故発生・・・

早明大とダッキュウちゃんのケージを下に下ろして掃除していたら、ヴィヴィアンがケージの上に飛び乗った・・・
・・・するとベル君がヴィヴィアンに近づこうとケージの上に乗った・・・
で、ケージの中にいたダッキュウちゃんがベル君の足の指に食らい付いた・・・
咬みついて放さないので、慌ててダッキュウちゃんにタッチして放させたが・・・・
コガネは嘴の力が強いので・・・出血多量・・・
・・・・幸い指がちぎれるようなことはなかったが・・・・
↓咬まれた足で顔をカキカキしたので、ベル君の美しい顔にも血がついた・・・次の日に撮った写真…
s-2009-06-10 043
↓足が痛々しい・・・
s-2009-06-10 045
注意一秒怪我一生・・・
人間さんも恋に夢中になり、油断して怪我しないように気をつけよう・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
ヴィヴィアンは体が大きいので、きゃっちはなかなか近づけず、コガネたちもちょっと警戒しているようだが、体の大きさ的にベル君のおめがねにかなったらしい・・・・まだ緑色でテンニョインコのメスの色にいているし・・・・
・・・つて・・ヴィヴィアンはやっぱりメス?
・・・・・なぞだ・・・・。
・・・勿論ヴィヴィアンはまだ若鳥なのでベル君には全く興味を示していない・・・汗
とにかく、予想外の展開だった・・・・。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

お互いに頑張りましょう

頑固の固まりになってしまっている『年寄り』を抱える大変さは、扱った者にしかわからない。
特に『認知症』ならなおのこと…。

うちのア型バーちゃんもいよいよ過渡期になってきたのでお隣さんに電話した。お隣の奥さんいわく…。
うちのお父さんも2週間入院している間におかしくなって…お互いに頑張りましょう…

先週の土曜日は実家の父の一周忌で法事があったので、お寺さんにそっと言った。
『うちのバーちゃんアルツハイマーの診断が下りているので、なんか変なこと言っても聞き流しておいて下さいね…。』
住職さんの坊守をなさっている奥さんいわく。
うちの母もいよいよ施設に入って変なこと言っておられるようです…。
ずっと自宅で介護されていたのだが、遂に施設に移られたようだ…。
それで住職さんの奥さんとしっかり抱き合って…。
お互いに頑張りましょう…

うちのバーちゃんと同級生だったバーちゃんを抱えている家の奥さんとも…
お互いに頑張りましょう…

問題のある鳥さんや毛引きの鳥さんを引き取ったり世話をしたりしている皆さんへ…
お互いに頑張りましょう!! 

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
ジュリアさんは法事に行っている間に一番長い冠羽の先を、また5ミリほど短くしてしまった…。
はいはい・・・
散歩に行って緑色の松かさとってこようね・・・一番大好きなおもちゃね・・・


↓長女が慌ててソックスカバーを放置して出て行ったらジュリアさんが自主的におもちゃにしていた…
お気に入りのソックスカバーだったらしい…
ま、いいか・・・・
ゲット

テーマ: お金大好き強欲ばあちゃん語録集
ジャンル: ブログ

暴風雨のあと

今日は軽い話題。
・・・・・・
まず『ゴジラ』のテーマソングをかけて写真を見よう・・・
  ♪ダダダーン ダダダーン ダダダダダダ ダダダーン♪
      ♪ダダダーン ダダダーン ダダダダダダ ダダダーン♪
 
Fnas
ファラッシュをたいたほうが迫力が出るかな??
      ♪ダダダーン ダダダーン ダダダダダダ ダダダーン♪
           ♪ダダダーン ダダダーン ダダダダダダ ダダダーン♪
 
Fあり
・・・・・しかしなぁ・・・・
  アオメのオシリのアナのまわりには黄色の可愛い体羽が生えているのだが、相変わらずジュリアさんはこまめにそこもかじっている・・・・・。
そーゆーところ
『プチ水浴び』で冬場を乗り越えた羽かじり癖のジュリアさんだが、ちょっと油断をしたらあっという間にかじるので、よ~く見るとあちこちやっぱりかじってある。あっという間にかじる・・・。
やられた
公園で出会った人に『きれい~~~』と言ってもらっているのだが、白いからかじってあるところが目立たないだけなんだよね・・・。
s-2009-04-19 084
s-2009-04-19 088
一番困るのは旦那さんが昼寝をしている時で・・・・・・
お昼寝ソファーのところで羽をかじりながら旦那さんが起きるのをけなげに待っているので、霧吹きも出来ず・・・・怒ることも出来ず・・・・・う~ん
おりこうさん
羽かじり鳥は手ごわいのである・・・・。

さて、そんなオウムのおもちゃなのだが、そうそうおもちゃにお金をかけるわけにもゆかず・・・手作りおもちゃに長時間費やすわけにも行かず・・・・・
やはり省エネ省時間省コストとなると木の枝がいい・・・・・
かといって庭があるわけでもなく・・・・公園の枝を折ってきたら「公共物破損」のようで気が引けるし・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・
で、狙いどころは暴風雨のあと ということになる・・・・・
暴風雨はあまりいいことはないのだが・・・こういう面では助かるかも・・・・。
↓写真が古くなってしまったが、これは『春一番』の大風が吹いた次の日の写真・・・
木の枝がたくさん落ちている・・・
s-2009-05-06 031
自然に折れた枝だから、拾ってきても誰にも文句は言われない・・・・・
拾ってくるのは『カエデ科』の木の枝か、鳥の本の『有毒植物リスト』にのっていない種類の木の枝にしている。
↓使いやすい長さに切り、よく洗い、乾かす・・・
s-2009-05-06 014
↓ジュリアコーナーにくくりつけたり・・・・・

枝を折って遊ぶ FC2 VPS 仮想専用サーバ
↓短い枝は取りやすい場所においておいたりしている・・・。木の皮をむいて遊んでいる。

木の皮をむいて遊ぶ FC2 VPS 仮想専用サーバ
最近は『プチ水浴び作戦』の成果で木の枝でよく遊んでくれるようになったので、ある意味助かっている。お迎えした頃は見向きもしなかった。なにせに『根気』のいるオウム育てだ・・・。

5月もたくさんの方々に遊んでいただいた。写真はあまり撮らなかったのだが、撮った分だけUPしておこうかな・・・。
↓『モザイクはいりませんよ』とおしゃってくださったお父さん。
新緑
↓5月の第一週に撮った写真だと思う・・・。
5-6.jpg
↓撮りたて。5月31日の写真
5月末日
ジュリアと遊んでいただき、ありがとうございました。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。