訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
11 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失言の3年目…

何度も書いたが・・・書いてからまたかなりたっているので・・・勘違いされないようにもう一回書くと・・・
・・・というか・・・う~ん・・う~ん・・・
めんどくさがり屋には、ちときついが・・・

そうだ!コピペをしよう!
では、ホームページの『ベル君の紹介』より コピー&ペースト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 通称ベルちゃん。郊外のペットショップに行ったらワカケホンセイインコの隣にいた。ワカケホンセイインコが欲しかったが「非売品」だった。
テンニョインコのケージには
 「テンニョインコ
 H13年春生まれ
 女の子です 手乗りではありません」
と書いてあった。
入荷して3年近く経っているが、売れ残っていたようである。カッコいい鳥だったので可哀想になってお迎えすることにした。
 当初メスだと思っていたので、女神様の名をとってベルダンディーと言う名前にしたが、オスだったので「ベル(は)ダンディーちゃん」ということにした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お迎えした当初、ベル君の尾羽はそれほど長くはなかった。色合いはどう見ても『オス』だったのだが、図鑑と見比べるしかなく、経験もなく、よくわからなかったのだが、その後すぐに長~い尾羽が生えてきたので『オス』と確定した。
以上の経験から・・・・
3年と半年前の6月ごろに(ベル君がいたところとは違う)ペットショップに行って、入荷したばかりのブルーテンニョインコを見たとき・・・こう言った・・・

3年たって売れ残っていて女の子だったら、お嫁にもらってあげるよ・・

いや、だからさ、何故『3年』と言ったかというと、ベル君のときの経験から、生後丸3年たてばオスかメスか確実に見分けが付くと思ったのですよ・・・。ノーマルなら色合いでもわかるんだけど、ブルーテンニョは色合いでどうやってみわければよいのかわからない。
テンニョインコには『ノーマル』と『ブルー』と『ルチノー』と『アルビノ』があるところまでは知っていたのだが、それ以上のことはわからない。情報が少なすぎる。
第一、特に珍しい品種が欲しいとは全く思わない人なので・・・『ブルーテンニョ』だからって特に欲しかった訳でもなく・・・繁殖にも興味がない・・
ただただ・・・
「こりゃ・・・売れ残るかも・・・」
などど思ったので・・・テンニョインコは人気がないし・・・ブルータイプの希少価値を知る人も富山じゃほとんどいないし・・・手乗りにならないのに高いお値段のブルーテンニョインコを買う人などいないだろうし・・・
だから・・・ああ、可愛そうに・・・3年たっても売れ残っていたら・・・(お安く)引き取ってあげるよ・・・ただし・・・女の子ならね・・・などと思って・・・つい失言を・・・・

で、気づいたら3年半たっていて・・・ケージが1つ余っていた・・・・
で、そのショップではすっかり顔なじみになっているので・・・
一週間貸してもらえることになり・・・ベル君との相性を見ることとなった・・・

↓テンちゃんが来て直後 ベル君興味津々(注 アクリル板越し)
その1
↓三日目 一緒に入れてみる・・・意気投合しているようだ・・・
ベル君、おでこの羽が立っている・・・・
(オスとメスの尾羽の長さの違いを見てみよう…)
その14
・・・・
・・
9歳のベル君にやっと春が来たようだ・・・・
・・・・・
それで一週間様子を見て、正式に『引き取る』ことにして・・・一応・・・お金も払ってきた・・・いくらかはね・・
・・・・・・
3年と半年前に『失言』していたからと言って、特に絶対に引き取らなければならないという義務もないのだが…またもや引き取ってしまうのだから…おバカさんであるが…
・・・・
ちなみにテンちゃんは『上のくちばしの先が伸びすぎて時々トリミングが必要』という軽い障害があるので・・・実はこれが『お引取り』を決意した決定打だったりして・・・・
・・・ははは・・・またか・・・・



以下余談
むっちを連れて行ったら
『モンモン用の室内用のおうち』を買いたいと言ったので買ってきた。モンモンもだいぶ年だから、あったかい『おうち』があるのはいいことだ・・・
・・・・・・
しかし・・・
本犬モンモンさんはさっぱり中にないろうとしない・・・
「そのうち入るわよ」
と言っていたら・・・・
その15
別の者がおお喜びではまっていた・・・
↓セリフを考えよう・・・
その12
・・・・
↓ちなみに・・最近ジュリアさんは・・・
『枕の破壊』に凝っている・・・
その2
『うたた寝大好き』のパパのおかげで、良いおもちゃが見つかったようだ・・・・

↓さらにおまけ
く~ちゃんが一晩お泊りして行って、『大きいママ』と一緒に寝ていたのだが、夜中に見たら、モンモンを枕にして寝ていた・・・。モンモンはすぐに這い出して行ったが・・・・。
その13
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

ダブルヘッダー

・・・次回は鳥ネタの予定・・・愛用のNikon修理中のため・・・写真を撮れない・・・

先週、午前中にア型バーちゃんを日赤に連れて行って帰ってきたとたん、実家の腰の曲がったバーちゃんから電話がかかってきて・・・
・・・「夜中に寝返りうとうとしたら、腰がビリビリして動けなくなった…」
で、午後からそっちのバーちゃんを整形外科に連れて行った・・・
・・・う~ん・・・思わしくない・・・
しかし…なぜそういう日に限って…大雪なんだ…!?

次の日は午前中こっちのバーちゃん担当のケアマネさんとデイケアのケアマネさんとヘルパーさんと自分で
『打ち合わせ四者会談』をして・・・
そのまた次の日はあっちのバーちゃん担当のケアマネさんと打ち合わせをして・・・

ま、とにかくこっちの『要介護1』の人とあっちの『要支援2』の人と・・・
ダブルヘッダーをこなしていくには・・・
やはり
     連携
というものが大切である・・・。
・・・・・・
・・・・
ついでに不動産屋さんに行ったり・・
お布団屋さんに行ったり・・・
会社に行ったり・・
電気屋さんと打ち合わせしたり・・
・・・その他もろもろ・・・
多種同時進行しております・・・ので、頭が混乱しそうです・・というか完璧に混乱しておりますな・・
はははははは・・・・

なんてことをしながら・・・
なぜかテンニョインコについて調べなおそうと思ったら・・・
なぜに
「みだがはらんの日記」
などという、地方のオバサンのブログがトップページの上から2番目に出てくるのだ!?

世の中ようわからん・・・

で、カウンターがもうすぐ10万・・・
なかなか更新できなくてごめんなさい・・

とにかく次回はなぜかテンニョインコさんについて書こうかなぁと・・・
あてにしないで待っててね・・
・・・・
・・
あっ  カメラ屋さんから電話・・・
えっ!? Nikon直ったの?
やった~~~

じゃ、取りに行ってきま~~~す!!

テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

早明大とダッキュウ

・・・・・・
散々音楽聴きまくって・・・やっと書く気になった・・・。
・・・・・・
去年の秋にコガネメキシコインコのダッキュウちゃんが落ちたのである。
・・・・・・・・
何度も書いたが、これまでのあらましを一応書いておこう。
ダッキュウちゃんはとある施設にいた。
コガネが200羽いた中の一羽だった。
しかし、片羽が痛んでいて飛ぶことはできなかった。
展示目的で輸入されたわけだから、役に立たない。
だから『殺処分』の話も出ていた。
しかし、『優しいお姉さん』に引き取られ、6年間世話をしてもらっていた。
その後、縁あって我が家にやってきた。
ママの守護鳥ななごんが落ちてまもなくだった。

当時ななごんが落ちて落ち込み気味だった母のために、長女と長男はバイト代を出し合って上野からコガネを一羽連れてきてプレゼントしてくれた。それが早明大だった。
ダッキュウちゃんと一週間違いだったから、2羽はほとんど同時期に我が家にやってきたことになる。

ダッキュウちゃんはすでに6歳以上で、手乗りではなかったから、指に思いっきり噛み付いてきた。
一方早明大は雛上がりだったから、すぐにママにべったりになった。

ダッキュウちゃんはお子ちゃま早明大には目もくれず、ウロコインコのきゃっちと仲良くなった。
きゃっちもななごんがいなくて寂しがっていたから、ダッキュウちゃんにべったりなついた。
しばらく2羽は相思相愛だった。
ママも良かった良かったと安心していたのだが・・・問題が起こった。
ウロコのきゃっちはダッキュちゃんの羽をかじったり、思い通りにならないと噛み付いたりしたのである。
(つまり、DV男なのである…)
ななごんは飛べたので、上手に逃げながらきゃっちと遊んでくれていたが、ダッキュウちゃんは飛べないのでされるがままになってしまう。
ダッキュウちゃんはきゃっちを嫌がるようになった。

そのうち、早明大が立派な『男』に育ってきて、きゃっちとダッキュウちゃんを争うようになった。
ダッキュウちゃんも早明大のほうがよくなったらしい・・・。自分から早明大にアピールするようになった。
・・・しかし、血気盛んなきゃっちがそれを許さない。早明大はしばらくきゃっちにはかなわなかった。

そして、1年半たったある日、ダッキュちゃん争奪戦に早明大が勝利を収めた・・。
早明大はダッキュウちゃんと一緒のケージで暮らし始め・・・戦いに敗れたきゃっちは・・・毛引きがひどくなった・・・。

その後、ママべったりだった早明大はダッキュウちゃんを『守る』ことに徹し始めた。コガネの本能である。
掃除をしようとしてケージに手を入れると、指に思いっきり噛み付くようになった。
・・・・・
・・
実は・・・3日に一度は指に穴が開いていた・・・・。
ダッキュウちゃんが大好きなりんごをいれようとしても襲い掛かってくる・・・。
早明大は命がけでダッキュウちゃんを守るようになったのである・・・。
・・・・
ははははははは・・・・・
まあ、逆にダッキュウちゃんは結構ママになつくようになって、ニギコロもできるようになったんだけどね・・・。
・・・・・
・・・
きゃっちはダッキュウちゃんを取り戻そうといつも2羽のコガネのケージの周りでチャンスを伺っていた。
ななごんがいたころはななごんと一緒に上着の中にもぐりこんできていたのに、人間を警戒するようになっていた。
・・・
鳥の心を察すると、いずれも当然の行動だったから、ずっと3羽の様子を観察し、危険が無いように見守っていた。

そのうちダッキュウちゃんの調子が悪くなったので、獣医さんに連れて行ったら・・・
心拍数が早明大の半分くらいしかない・・・と言われた・・・。
獣医さんは首をかしげた・・・。
そのころから、毎日ダッキュウちゃんにフォーミュラの挿し餌をするようになった。
挿し餌さえしていれば、体重が減ることは無かった。

続けること1年半・・・・ある日、ふと思ったことがあった。
ダッキュウちゃんの体のゆがみがひどくなっている・・・。
もともとダッキュウちゃんは障害があったから、びっこを引くような歩き方をしていたし、体が左右対称ではなかった。
それがひどくなっているように感じた。
左側が歪んでいたから、もしかしたら心臓が圧迫されていたのかもしれない。

いつも朝になると、早明大とダッキュウはそろって巣箱状の箱から出て『フォーミュラくれ!りんごくれ!」とばかりにアピールしていたのだが、秋のある朝、早明大が一羽だけで、神妙な顔つきで止まり木に止まっていた。
数日前からダッキュウちゃんの食べる量が少ないようで・・・ウンチも小さいようで・・・気になっていたので・・・嫌な予感がしてすぐにケースのふたを開けた。
・・・・・
ダッキュウちゃんはケースの奥のほうで動かなくなっていた。
・・・・・・
ケージに手を入れても早明大は噛み付いてこなかった。
逆に・・・ずいぶん久しぶりに・・・上着の中にもぐりこんできた・・・。

だから早明大に・・・
「ダッキュウちゃんを守っていてくれてありがとうね」
と言いながら、カキカキした。

元の飼い主さん(優しいお姉さん)だけにはメ-ルを送って知らせた。
「ダッキュウはいつも一羽だけでいて寂しかっただろうから、そめちゃんに甘えることが出来て幸せだっただろう」
という返信をいただき、ほっとした。

早明大にいつも頭を擦り付けて甘えていたダッキュウちゃんの表情は本当に幸せそうだった。
調子を崩して以来1年半・・・ダッキュウちゃんがこれほど長くもったのは早明大の愛情のおかげだっただろうと思う。

結果、うちのコニュアーズはオスが3羽になった。
早明大はにぎっても何をしても全く噛み付いてこなくなり、甘金タンと仲良く上着にもぐってくるようになった。ウロコのきゃっちも再び肩に乗ってくるようになった。
それが前々回の記事にUPした写真である。

多分ダッキュウちゃんはメスだったのだろう・・・。
推定年齢は10才以上だったと思われる。
いつも幸せそうな顔を見せてくれていてありがとうね。

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

スピーカーと自制心と自尊心

・・・・
去年は波乱万丈・七転八倒・臨機応変・四苦八苦の1年だった・・・
1月になんとかバーちゃんを高齢心療科に連れて行って「アルツハイマー型認知症」の診断をもらい・・・
お金と地位にこだわり続けるバーちゃんを仕事から引きずり下ろし・・・
あちこちに頭を下げまくり・・・
根回しをし・・・
・・・・
ついでに孫が2人になり・・・
その他もろもろ・・・
書いていたらきりが無いから・・・やめておこう・・・

さて、趣味の分野は大いに楽しんで欲求不満を解消しよう・・
・・・ちと・・・「ステレオマニアもどき」の分野の封印を解いてしまったところが失敗だったかもしれないのだが・・・

とりあえず「西洋蘭愛好家もどき」のところから・・・
↓いただいてから10年たってますが・・・今年も咲きました・・・
白い胡蝶蘭は原種のひとつで「アマビリス」ですな・・。
誤解されないように書いときますが・・・我が家には「庭」がないので「温室」などという立派な物は存在しません…。
胡蝶蘭はとても丈夫なので、コツさえわかれば簡単に花が咲きます・・・。
あけまして

↓こちらはコツをつかんでも冬場は羽をかじってしまうジュリアさん・・・。
ケリーちゃんの形見にいただいた服をついに着せてみました・・・サイズはギリギリというか・・・パンパンでしたが・・・
サンタ2

↓末っ子のむっちに服をプレゼントされてしまったモンモン・・・
もんこ2

・・・・・・・・・・・・・切り取り線・・・・・・・・・・・・・・・・
そこでだ・・
アキュのE-450を導入し、しばらく旦那さんが30年前に買ったTechnicsのSB-6をつないで聴いていたのだが、さすがにアキュは凄かった・・・。
これまで中音域に霧がかかったような音しか出していなかったスピーカーが見違えるほどの音を出し始めた・・・。
・・・が・・・・
残念だが私の好みの音ではなかった・・・
SB-6.jpg

スピーカ選定にはかなり試行錯誤していた・・・
A店で薦められたのはFostexのG1300
B店で薦められたのはPENAUDIOのカリスマ君だった。
ネット上で有名なのはG1300の方だ。カリスマ君はあまり出回っていないので知っている人も少ない。
しかし、ランクはカリスマ君のほうが上かもしれない。この2機種は設計者の考え方が相反する位置にあるらしい…。
・・・・・
あんまり贅沢してはいけないし、自分の力量ならG1300だろうと判断していたのだが・・・
かなりアホな理由でG1300は却下することとなった・・・。
・・・・・・・・・?????
だからさ~~
人がニコニコ現金払いで買おうかと思ってお店に行ったのに、その日は年配のおじいさん店員さんがお当番だったらしく、客を客とも思わないなげやりな応対で・・・確かに話を聞いているとステレオの知識と経験は豊富なのはわかったけど、人がFostexのG1300がいいと言っているのに・・・
お前なんかこれで十分だとばかりに馬鹿でかいだけでボヨンボヨンした鈍い音がする安物スピーカーを薦めてくるし…
態度も横柄だった・・・
お前なんかにステレオの何がわかるとばかりの辛らつな対応だった・・・
以前ほかの店員さんに薦められてその店でONTYOのサブウーハーを買っていたのだが、そのことを言うと憎憎しげに、見下したように
「なんでそんなもん買ったんだ」
と言ってくる・・・。
・・・あのね、このお店の店員さんの勧めでそのウーハーを買ったのに、なんで馬鹿にされなきゃならないの?
G1300には最大のケチがついてしまった・・・。
・・・「がまん」してG1300にしようと思っていたのに・・・しかも・・・現金もっていったのに・・・
・・・・
アホくさくなったので、我慢するのをやめてしまった・・・・
「やっぱりお金がたまってからカリスマ君を買おう・・・・」
という結論に達してしまった。
自制心より自尊心(プライド)が勝ってしまった・・・。
・・・・・
まあ、要するに、あまりに馬鹿にされたので、G1300よりもっといいのにしようと思ってしまったわけですよ・・。
人間の精神構造の変なところですな・・・。
・・・なあんて考えて会社のお仕事をしていたら・・・B店からなぜか電話がかかってきた・・・
「カリスマの在庫は現在国内にあとワンペアしかないのですが、どうですか?おさえられませんか?」
う~ん・・・う~ん・・・う~ん・・・
あまりにもタイミングがが良すぎた・・・・・
「あの、スピーカーは一年後にしようと思っていたのですが・・・」
と言いつつ・・・・A店のおじいさん店員にあまりにも邪けんにされていたので・・・
つい、乗ってしまった・・・
↓12月30日に届いた、本当は本命だったカリスマ君
カリスマ君
いや~~~穴馬にしなくて良かったよ・・・
すばらしい音です・・・弦をはじく指の先まで見えるようです・・・
おじいさん店員さんの悪い対応のせいで、本命にすることが出来ましたな・・・
B店さんはあまり知識の無い人のために、ケーブルも手作りして接続して行ってくれましたぞ・・・
ケーブル2
30年前から使っている普及型のRCA端子ではだめなことは知っていたのだが、どこのメーカーのがいいのかわからなかったので助かっちゃった・・・。
ケーブル1
自分で接続したときは一応モンスターケーブルにしてたんだけどね・・・あははは・・・
・・・・A店には二度と行かないぞ・・・
・・・・・・・・・・
企業には『老害問題』というのがあるらしい・・・
つまり、年をとった重役や責任者が権力を握っているために、新しい方向に進めなかったり、営業に問題が出てくるということだ・・・
・・・まあ、わが社も他人事ではなかったのだが・・・

テクニクスのSB-6はAV用として再びプラズマテレビに接続した・・。
AV用
しかし、アンプに力が無いので、また元の鈍い音になってしまった…。

↓ジュリアさん対策・・・・かじらないようにと・・・聴かないときは壁にくっつけて・・・下に囲いを・・・ゴミ箱とダンボールだけど・・・
たいさく
リューズ
・・・・・
確かにかじったことは無い・・・
あまって出たスピーカーをしばらく床に放置していたが・・・ジュリアは見向きもしなかった・・・
↓・・・いずれもただ同然で手に入れたスピーカーだから・・・売ることもできないくらいのものばかりなのだが・・
・・・しかし・・・どこに置いておこう・・・・
あまった

音に違いがありすぎるので、結局紅白はPCでテレビを見ながらカリスマ君で音を聴いた・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月賦があるので・・・今年はしまっていこう・・・
もんこ
・・・・・
やはり、『ステレオマニアもどき』の封印は解かないほうがよかったかもな・・・

テーマ: どうでもいい報告
ジャンル: 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。