訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめたりしない優しい良い子

・・・・・
あっという間にひと月以上たってしまった・・・

今回は先に公園で撮った写真をUP・・・
kouenn4.jpg
kouenn5.jpg
kouenn6.jpg
kouenn7.jpg
kouenn8.jpg
815-7.jpg
kouenn1.jpg
kouenn2.jpg
kouenn3.jpg
815-3.jpg
815-4.jpg
815-5.jpg
815-6.jpg
他にもたくさんの子供たちに遊んでもらったのだが・・・
写真を撮るゆとりがなかったのでごめんなさい・・・

ジュリアは子供を嫌がらない。
過去の体験上そういう判断をジュリアがしているわけだ。
最近はむしろ子供の腕のほうが乗せやすい。
お母さんやお姉さんの腕にも乗っていく。
だがなぜか大人の男性の腕には乗っていかなくなってしまった。
一時期は好んで甘えに行っていたのだが、どうもパートナーをうちの旦那さんに決めてしまったので、『浮気』はしないらしい・・・。
おじいさんは・・・相変わらず・・・好みではないらしい・・・汗

ただ、安易に子供たちの腕に乗せて楽しんでいるのではないということをご理解いただきたい。
子供とオウム双方の安全を維持するために、実はけっこう慎重にやっている。

まず
『怖くなかったら腕に乗せてあげるよ』
と問いかけて、
オウムを怖がらない子だけ選ぶ。
次に
『怖がるとオウムさんも怖いから腕をぎゅっとつかんで痛くなるからね』
と注意する。
そしてジュリアの羽の下をなぜて見本をみせながら
『じゃ、まずオウムさんの羽の下をなぜてやってくれるかな?そうそう、やさしくね』
と言って子供にジュリアをなぜてもらう。
次のせりふが重要・・・。
『オウムさんにね、この子はいじめたりしない優しい良い子なんだよってわからせてあげるの。そしたら乗ってくれるんだよ』
これを言うと、親御さんから『あ、そうか!』という反応が返ってくる。
なるほど納得。
それからジュリアをその子の腕に乗せる。

で、さらに深い真意としては・・・
ジュリアが腕に乗ってくれた子は『いじめたりしない、優しい良い子』ということになる。
自分は『いじめたりしない優しい良い子』だからオウムさんを腕に乗せることができた。
そのことをずっと覚えていてほしい。
・・・・
・・
地道なことやってるな・・・うん・・・ほのかに教育・・・

かといって、子供のことだから、中にはしつこくちょっかいをだしてくるお子さんもいる。
そういう子にはちゃんと注意ができなくてはならない。
最近『よそのこは叱れない』という人が増えているが・・・・。
いや、私は叱ることはまずないのだが、『注意』はできるということだ。
ほとんど親御さんが一緒だから、自分の子供がしつこくオウムにちょっかいをだしていたら、たいがい自ら自分の子に「やめなさい」と言われる。
『オウムさんを怖がらせたら駄目だよ』
『急に手を出したら駄目だよ。優しくなぜてね』
という注意を親御さんもそばで聞いているからだ。

先日こういうことがあった。

お母さんが日本人でお父さんが西洋人のハーフのお子さんがジュリアにしつこくちょっかいを出してきた。
『やめて!オウムさんがこわっがているでしょう!』と言ったがやめない。
さっきまでしゃべっていたお母さんのほうは小さな末っ子さんを追いかけて向こうのほうに行ってしまっていた。
近くにはお父さんしかいない・・・汗
お子さんに向かって、とっさにこう言った。
She afraid you
(正しくは She is afraid of you と言わなければならなかったのだが、とにかく頭に浮かんだ単語だけ並べてみたという次第…滝汗)
・・・・
なんとか通じたらしく、お父さんがお子さんの腕を押さえてくださった・・・。
よほどのことがない限り、ジュリアは咬みつかないのだが、ジュリアが子供嫌いになったら困るからね。
文法を無視した単語だけの英語で理解してくださってありがとうございました・・・。
・・・・
・・・
ははははは・・・・

・・・・・・・
・・・
閑話休題
↓末っ子のむっちにカキカキしてもらっているジュリア。足はだんなさん・・・
s-2010-8-15 047

↓わんこが赤ちゃんの手をなめている写真は珍しくないと思うのだが・・・
815-1.jpg
↓こういうのは絶対に真似しないでください 
815-2.jpg

最後に『こういうのは絶対に真似しないでください』と言いたくなる写真をもう一枚…。
2010-8-15 067
変なTシャツを着て来て、オードリーの春日の様に胸を張っているのは誰だ!?
親の顔が見てみたいわ!!!
・・・・って、私だよ・・・とほほほほ・・・
本人とお嫁ちゃんに言わせると
『かわいいTシャツ』なんだそうな・・・・
ま、いいか・・・
『いじめたりしない優しい良い子』
だから・・・・。


スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。