訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウムのケリーちゃんの話をアニメ化してくれないかなぁ…

細田守監督の「サマーウォーズ」はとても気に入っていて先日テレビで放送していたので、しっかり録画した。
新作「オオカミ子どもの…」も是非見てみたい。

4年前の春に「タイハクオウムのケリーちゃん」の記事をたくさんの方々にご協力いただいて飛ばした時、2つのことを考えていた。

ひとつは
「小学校の道徳の授業のネタになりそうな話だわ…」
4年経った今年の春、神奈川県の小学校の先生から連絡が入り、道徳の研究授業で使っていただけることになった。
その先生はわざわざケーちゃんのままさんに会いに行かれ、直接話を聞き、自分なりに教材文を書かれ、協力者の別の先生が子どもたちを引き込むような温かいイラストを挿絵として描かれ、研究授業は行われた。
とても素晴らしい授業になったそうで
「もう2度とあんな授業はできないかもしれない」
と感じたくらい、子供たちは命の大切さを感じてくれたそうだ。
イジメ問題がまた浮上してきている昨今、とても嬉しい連絡だった。
ありがとうございました。

もうひとつは
「テレビドラマかアニメのネタにできそうだわ…」
まあ、実写のドラマは無理だとして…ケリーちゃんの役をする鳥がいないから…。

私が書いた記事は概略に過ぎない。
詳細まで書くと長くなりすぎるし、個人情報は漏らせないからちょっとごまかして書いたところもある。
例えば、
ケリーちゃんの前の飼い主さんは
「うるさいときはケージをガンッと叩くと静かになります」
と、おっしゃっていたこと。
前の飼い主さんはご年代的にそれが当たりまえだと思っていた世代で、それでもケリーちゃんのいことは心から心配して世話をし続けておられた。
前の飼い主さんが悪者扱いされないために、そのことは書けなかった。

それでもやはり
「前の飼い主さんが悪い」
と感じた方がたくさんいらっしゃったので苦慮した。

それから、子どもたちが「化け物探し」に来たというところ。
ちゃんとままさんは子どもたちのお母さんと連絡を取り合っており、
子どもたちのお母さんも「変な声で叫ぶ化け物の正体はオウム」だということを知っていたのですね。
つまり、地域で連携して、子どもを育てていたのです。
このことについてはとても面白いくだりを知っていたのだが、省略した…。

それから、
ケリーちゃんが落ちる最期の部分…。
最期、ケリーちゃんが腕の中で苦しんで、そして動かなくなった時、
ケーちゃんのままさんは名前を呼びながら何度も必死に振り続けたそうだ。
そして次男さんが母の肩を捕まえ言った。
「母さん、やめろ…もう死んでいる」
そして、ケーちゃんのままさんは泣き崩れた。

これも書けなかった。
最期は幸せな静かな終わり方にしたかった。




最近の鳥関係のニュースとしては、
「ヨウムが絶滅の危機にある」
ということ。
友人から伝え聞いたのでは、ヨウム最大の輸出国コンゴでは、過去4年間に5000羽のヨウムが合法的に捕獲され、輸出されているそうだ。

鳥にも感情がある。
情緒がある。

そんなことも含めて、細田守監督さん…ケリーちゃんの話、アニメ化してくださらないかな…。
色々な監督さんの作風から考えると…細田さんしかいらっしゃらないように思う…。
いや、富山県出身だから…ということは別にして…。


なんて長いつぶやきなんだ…
スポンサーサイト

テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

それなのにオウム飼ってるの!?と言われた話

ボランティア精神で、「お客さんがオウムの爪切りをしなければならなかったペットショップ」に行ってきました。
不幸中の幸いで、新任採用の店員さんがみだが羽蘭の読者だったので、なんとかなったかな…。

さすがは富山だなぁ~~~どういう意味なんだ!?

まあとにかく、…
「オウムはヒマワリの種さえ与えておけば良い」
と考えている年代の責任者さんに上手に話して…色々お考えを改めて頂けるよう…
お心を傷つけないような会話の仕方で、ご意見してきました。
・・・
で、本当はうちの鳥連れて行きたくないんだけどね…

フライトスーツなるものを責任者さんに見せる必要があったのです…
だからフライトスーツを着せたソロモンオウムの金平糖を連れて行ったのですよ…。

本当は怖いんですよ…いろいろと…

責任者さんはすぐに気に入ったようで…
足に鎖をつけるのはやめようと思ってくださったようです。
まあねぇ…
ちゃんと設備が整った状態で…つまりしっかりした止まり木が設置してあって…
志村動物園に出てくるオスのアオメちゃんのようなのね…
まわりを柵で囲ってあってお客さんが近付けないような状態で…
…そんなコーナーがちゃんとあれば足の鎖も妥協できるのですがね…
あの状態で鎖はやめられた方が良いと思うのですよ…


さて…
金平糖を肩に乗せて駐車場を歩いていたら…
年配のご婦人が話しかけてきた…
「あなたお子さんいるの?」
……!?
「はあ!?子供は3人で、もうすぐ孫が4人になります…」
「それなのにそんなの飼ってるの!?」
と、あきれた顔をされてしまった…。
・・・
まあ、確かにね…
子どもがいないからペットを子ども代わりにして生きがいを見出している方もたくさんいらっしゃるとは思うんですけど…
正直言って…
…長生きのオウムは子供や孫がいるような人間のほうがいいんですよ…
でなかったら、自分に何かあった場合に引き継いでくださる人を見つけておかないといけないんですよ…
などと思ったが…

まあ、責任者の年配のスタッフさんは
「自分はもう年だから猫さえ飼えない」とか
「オウムは長生きだから、若い人に売らなきゃいけない」
とか、おっしゃっておられて、
とっても生き物が好きな方なのです…
ショップのアオメの女の子が幸せに暮らせる飼い主さんのところに行ける様に願っている。
・・・・
・・・
・・
一応断っておきますが…
私は孫がいるようには見えないはずです…
多分見えないんじゃないかな…
見えなかったら良いな…
…でも、今日もお手入れサボっちゃったな…
……

テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

メモ書き更新

取り急ぎ…メモ書き更新…。

その1 
お仕事で関西まで強行軍日帰り出張に行った。
取引先の隣町にケーちゃんのままさんがお住まいなので、帰りに寄らせていただいた。
ネット上でのお付き合いは長いのだが、実際にお会いするのは初めてだった。
凶暴鳥のアオメのポーちゃんはケーちゃんのままさんにすっかりべた慣れになっており改めてケーちゃんのままさんの凄さを感じた次第。
とても素敵な方でした。
ポーちゃんの体をあちこちなぜなぜさせていただきました。
うふふ…なかなかのマッチョさんで美味しそうでした…!?
↓アオメのポーちゃん
s-053.jpg

↓アオボウシインコの銀河ちゃん
s-054.jpg

↓コボウシインコのコボちゃん
s-057.jpg

ポーちゃんに↓のジュリアの写真をプレゼントしてきました。満更でもない様子で見ていたそうです…ハハハ…
s-044.jpg


その2
↓ウロコの雛たちはすっかり成長し、毎日飛び回っております。
ちびたち


その3
今日ジュリア散歩をしていたら
「○リー○マー○ット(郊外にあるペットショップ)に同じ鳥がいましたよ」
とおしゃった方がおられたので、すぐに行ってみました。
…やれやれ…
うちのテンニョインコのベル君とコガネの六神丸(ろくしんまる)はこのショップの出身。
…いました…ひとり餌になったばかりのアオメが…。
どうみても女の子でした。
アオメと暮らし始めてからだいぶ長くなるので、嘴を見ればオスメスの判別はつくんですよ…。
で、スタッフの人は…やっぱりわかっていない…
「この子メスですよ…」
ケージの下にはウィキペディヤからプリントアウトした生息地の資料が掲示してあったが…
………オーストラリアの地図だった………汗
…本キバタンの資料ではないか…
で、またスタッフに伝えた…
「違いますよ…」
…アオメキバタンはニューギニア周辺です…

で、ケージから出して思いっきり遊ばせていただいたが…
なにせ爪きりしてないので腕が穴だらけに…
…これじゃリストカット常習者のようではないか…ははははは…
で、どうしようか迷ったが…つい言ってしまった…
「犬用の爪切り貸してください…」
で、そこのペットショップのアオメの爪切りをした…

う~ん
多分アオメさんに嫌われたな…
私ってやっぱりおバカ…
……
わんこ用ペットシーツを持ってレジに行ったら…
レジスタッフさんが
「みだがはらんさんですか?」
ブログ読者でいらしたらしく…
わ~~~
ありがとうございます…
……

やっぱり顔が割れているなぁ…
モザイクが薄いのと…テレビ取材に応じたせいだな…きっと…
もっと美顔を心がけねば…今日お手入れしなかったんだよ…
なんちゃって
改めて
私ってやっぱりダラなしけ~~~~
(富山弁注 ダラなしけ=(バカじゃないか+アホちゃうか)÷2)



富山の皆さん…
○サシ富山店にいるアオメは男の子で…
熊野のグ○ーン○ーケッ○にいるアオメは女の子ですよ


テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。