訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捏造証明 従軍慰安婦問題

南京大虐殺は…もちろん中国の捏造…
↓クリック
虐殺されたはずの南京市民
私たちの先人がそんなことをやるわけがない。

もう一つのお隣の国もウソばっかり!
強制労働も嘘です…あれはただの出稼ぎで、日本人よりたくさん給料をもらっていた。
当時朝鮮半島は『日本』だったのです。

しかも、半島から頼まれて併合し、日本にしてあげて、
街を作り、教育制度を導入してあげたのです。
併合前の識字率は10%未満だったのです。

従軍慰安婦問題では日本が正しいことが再度証明されました。
アメリカの有名なジャーナリスト マイケル・ヨン氏が調べられたのを
ケント・ギルバートさんが翻訳してくださいました。
(ブログ ケント・ギルバートの知ってるつもり)
↓クリック
マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳
…はっきり言って…笑える記事です…お、おもしろい…表現が…

日本に住みついたり、密入国してきたりした特定の外国人が、今、日本で悪いことをしています。
帰化人議員が背後で悪いことをする団体をつながっているのです。
テレビ・マスコミはスポンサーからの圧力があるのでしょう。
テレビの『報道番組』のスポンサーは…ほぼ特定の外国の企業ですね。
偏った報道しかしていませんね。
ウソに騙されないようにしましょう。

ちなみに、私は日本人と同じくらい真面目にやっている特定の外国の方々とはお友達です。
スポンサーサイト

大義のある衆院選

以前は政治にはさっぱり興味がなかったので、テレビのニュースくらいしか見ていなかったのですね。
しかし、テレビのニュースがなんか変…と思うようになり…
また、日本の社会が何かおかしいと感じるようになり…
このままでは孫たちの将来が不安…と思うようになってきて…
やっと政治に目が向くようになった…
子や孫たちの未来のために良い国にしなくてはならない…

で、目を向けたらあら大変…
日本が蝕まれているではないか・・

国会議員にはなんと80人ほどの帰化議員がいるのだそうで…
…これでは日本が日本でなくなってしまいます。
↓クリック社民党党首の正体。民団に支援を求め、
在日朝鮮人にも選挙権を与えることをお約束

また、民主党政権が日本を滅茶苦茶にしたのを思い出してください。
彼らは体裁のいいことばかり言い、実は嘘吐きでした。

マスコミはこぞって『大義がない』とあおっていますが、
青山繁晴氏が反日マスコミに対して警告を鳴らしています。
非常にわかりやすいです。
ぜひご覧ください。
↓クリック
青山繁晴が反日マスコミにブチギレ

マスコミは安倍総理が決死の覚悟で世界中飛び回り、友好関係をがっちり築き、
さらに今日は北海道、明日は九州と庶民のことをちゃんと考えておられることを伝えない。
私の周りにも
『安倍さんは好きではない』
と、マスコミに洗脳されている人多いです。

私も最初は
『何で安倍さん?』
と思ったのですが、今では
『安倍さん凄い!』
と思うようになりました。

ちなみに私自身は「アベノミクス」が成功していることを実感することのできた一人です。
助かりました。
失敗はアベノミクスではなく、消費税増税のほうだったのです。

それを左翼もマスコミも
『全部失敗』と嘘ばかり言う。
テレビは帰化議員の味方をする。

ちゃんと選挙に行って、特定アジアの工作員のごとき議員たちを落選させましょう。
彼らは日本国民の血税を、本国に送ったり、在日の贅沢のために使ってしまいます。

日本を日本人の国にしないと、
拉致被害者たちも帰ってきません。
教科書を正しく直すこともできません。
犯罪は増える一方です。

日本人が日本人の誇りを取り戻さないと、
学校のいじめもなくならないでしょう。

元寇 鎌倉武士は一致団結集団戦法で強かった①

いやあ…

実は『元寇』について調べだしたら……
本を読んだりネットで資料をあさったり…
どれが本当で、どれがウソだか取捨選択したり…
ついでに当時の甲冑や弓矢や日本刀や木曽馬や…
モンゴル軍の攻撃の仕方や…
その当時の高麗(韓国)の情勢・南宋の情勢を調べたり…
とにかく
はまりにはまって止まらなくなり…

じゃあなんで
「やあやあ我こそは何がし…」
と名乗っていて弱かった…ということにされてしまったのかって…
原因究明していって…

ってな感じで…

しかしこれをはてさて簡単にわかりやすく、面白く書くにはどうしたらいいのかと思ったら…
もうちょっと頭の中でシャッフルするべき…

…結論から言うと、
よく利用されている資料の一つに
『八幡愚童訓』というのがあって…
これ、漢文で書かれているんですよね…。
これを現代語訳にする時に『訳』が間違っていて
それで、その後の人がその間違っている現代語訳を読んで判断するものだから
「やあやあ我こそは…」
…ということになってしまった…。

戦前までは漢文読めた人がたくさんいて、あらゆる資料から正しく理解していたのに
戦後アメリカさんが日本の歴史を駄目であったことにするために
左翼勢力を利用して教科書を書き変えてしまったので…
・・・
現在に至る…

正しい歴史に戻さないといけません。

〇HKの大河ドラマは見ません。
歴史認識を間違えるから…

え?豊臣秀吉の朝鮮出兵?
朝鮮軍は手強かったって?
・・・
ウソです。

弱すぎて相手にならなかったのです…
戦おうとしてもむかってこなかったみたいです…
アホくさくって、暇で仕方がなかったみたいですよ…

とりあえず…
元寇をかなり正しくとらえたかっこいい動画をひとつ…
これ以外の動画や特にN〇Kの歴史解説の元寇は間違いだらけでした。
↓クリック BGMだけの超短編なので、すぐ終わります。
モンゴルズVSサムライズ
カッコイイ~~~~!!!!♪♪

国産にしてよかった…高かったけど…

結果論なのですが…
とにかく
国産自転車にしておいてよかった…
というお話…

末っ子が中学生の時に買ってやった自転車が…
まる6年間の酷使の末…
『直すより買った方が後々安上がるかも…』
という状態になったので、この間の日曜日、自転車屋さんに買いに行ったのですね…。

自転車は安いのがホームセンターにありますが、メンテや点検のことを考え、
必ず近くにある専門店で買っております。
子供が自分で直しに行けるしね。

で、さてどれにする…というところで…
なにせ地元の国立に行ってくれ節約
自転車通学で交通費も節約
成人式ではお振袖は着ません!と言い張って節約

じゃあせめて自転車だけは安全性に優れ、さびず、壊れにくく、丈夫で、使いやすいのにしてやろう…
途中上り坂もあるし…
……ついでに…運動神経鈍いし…

などど思いまして…

Made in Japan
ブリジストンのアルベルト

なる自転車を買ってやりました。

そして新車導入5日目の夕方…事故は起こった…

左側の脇道から出てきた車が安全確認を怠り、末っ子の自転車に体当たり…
自転車は右側に倒れ、
末っ子は…オシリから地面に落ちた…

幸い両者それほどスピードは出しておらず…
大惨事には至らなかった…

『オシリが痛い』というので、
本日、一応レントゲン検査してもらったのですが、
骨に異常はなく、湿布薬だけで治療…
しばらく我慢していれば、そのうち治るさ…程度でした。

相手の方も良い方で、正しく対応、
保険で検査費用と湿布薬代を出してもらえることとなりました。

しかし、なんとなく、相手方の運転手が不思議だったのが…
自転車がなんともなかったこと…
そういうぶつかり方なら…
普通は少しくらいは歪むはずである…

本日自転車屋さんにも行って点検していただいたのですが…
どこも何ともありませんでした…
少々かすり傷がある程度…

この自転車
タイヤカバーの部分がポリカーボネート製なのです。
そして
車体は頑丈!!
さすが2015年モデル最新型…

頑丈な自転車が、末っ子を守ってくれたような気がしております。
多分なのですが…衝撃を吸収してくれたのかもしれません。
ぐちゃっと曲がって壊れるような自転車だったら・・・
末っ子はもっと異なった飛ばされ方をしていたかもしれないのです。

ごくたま~にですが…
相手が弱いとみると…
『新車に傷がついたから新しいのを買え!』
とか言って因縁をつけてくる人の話を聞きますが…

いつかブーメランになって帰って来る気がします。
因果応報です。

今回の場合は…
自転車が末っ子を守ってくれた…という意識もあり…
相手方に誠意もあり…
ということで…

かすり傷程度は勲章
安全確認を怠らないための戒め
としてあえて残す。
こっちの考え方の方が、伝統のプラス思考だと思います。

まあ、
何より末っ子は無事だったし、

国産車にしておいて良かった…高かったけど…

かえって安上がりであった…

……まあ、予算がない時は…もう少し安いのを買うんですが…

…ちなみに私自身の自転車は…中国製の安物でございます…苦笑
    (勿論、専門店仕様なので、大丈夫だとは思いますが…)

古事記を読もうでBJおまけつき…

ごはん1
久しぶりに頑張ってみました…

ま、とにかくなが~い日本の歴史の原点である古事記関係の本を買ってきたんですね…。
ごはん2

ま、とにかく、世界一長い歴史を持つ…
とにかく なが~い 歴史なので…
死ぬまでに全部調べられるのかしらって…
…無理かもな…なが~いから…
ごはん3

ごはん4
日本はほぼ食べてないけどね…・

食べさせても、食べさせても、
まだ足りないって…
喰らいついてきて…恥ずかしくないのかなぁ…

おまけのつもりのブラックジョークの…
意味が分かった方は拍手お願いします…汗

・・・・・・・・・・・・・・・・切り取り線・・・・・・・・・・・・・・・

カトレアが咲いたので、またご近所の宝飾店に飾っていただいております。
ごはん5

ごはん6

ごはん7

楽しみにしているお客様もいらっしゃるそうです。
飾らせていただいてありがとうございます。

持ちつ持たれつ歩むのが昔ながらの日本社会。
ご近所づきあいは大切にしたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。