訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

席替え

羽齧り癖アオメキバタンのジュリアは、散歩をするとあまり羽を齧らない・・・。
あまり齧らないだけでやっぱり齧る・・・。
↓散歩をした日
s-2008-08-29 024
↓散歩をしなかった日
s-2008-09-01 017
塵も積もれば山となる・・・・。
羽齧り防止対策は散歩だけではない。暇さえあれば話しかけてなぜてやる。
それと湿度に気をつける。具体的にいうと、羽づくろいを始めたら、手伝ってやるか霧吹きで軽く羽を濡らしてやるかどちらかをする。
栄養状態に気をつける。具体的にいうと、毎日ネクトンバイオ入りフォミュラをスプーンで食べさせる。自分で食べさせるよりは話しかけながら手で食べさせたほうがたくさん食べる。だから結構時間がかかる。
冬場はどんなに気をつけても、ちょっと目を話した隙にあっという間に齧るからお手上げになる。
しかし、羽齧り癖の鳥を持っている方は開き直ろう。癖は癖。
ジュリアはすっかり『習慣』として板についてしまっている。
羽を齧っても見た目にみすぼらしいだけで、あとは何にも問題はない。
飼い主は自己嫌悪に陥る必要はない。

どちらかと言うときゃっちの毛引きのほうが難題だ。
一気に羽を引き抜いた後、出しっ放しにして経過観察をしていたが、せっかく生えてきた筆毛をまた引っこ抜いてしまった。
s-2008-08-29 026
s-2008-09-01 007
『難題だ』と書いたがきゃっちの毛引きをやめさせるのは実はもの凄く簡単だ。
きゃっちはこんなこと↓や・・・・
きゃちダ2
こんなこと↓をしたいのだ。
だきゃ1
そして、日がな一日24時間ダッキュウちゃんとくっついていたいと思っている。
しかし、それをさせるとダッキュウちゃんの羽が痛み、毛穴はつぶれ、羽が生えてこなくなり、体力が弱まってくる。
きゃっちと遊ばせなくなってだいぶ経つが、オシリの周りの毛はまだ生えてこない。
きゃっちが愛撫しすぎたためだ。一日一時間限定で遊ばせていたが、それでも障害のあるダッキュウちゃんには荷が重すぎた。飼い主は反省しなければならない。
s-2008-08-26 029
ではダッキュウちゃんの意思はどうだろう。
ダッキュウちゃんと早明大はほぼ同時期に我が家に来た。その時は早明大は雛上がりのお子ちゃまだったので、ダッキュウちゃんは全く相手にせず、きゃっちだけを相手にしていた。その後早明大の成長とともに両方と遊ぶようになり、最近は早明大とだけ遊びたがるようになってきた。きゃっちが近づくと逃げてしまう・・・・そりゃそうだ・・・思い通りにならないと、きゃっちは噛み付くのだから・・・。
s-2008-08-22 021
s-2008-08-22 025
ダッキュウちゃんの意思がそうなら、きゃっちとこれ以上遊ばせるわけには行かない。
・・・・・・・・
・・・
しかし、そするときゃっちは自分の羽をどんどん抜いてしまう。
以前も書いたが、きゃっちはその性格・気質からして『自虐』に至る可能性がある。
それは是が非でも避けたい。
・・・・・
写真をたくさん貼るとブログが重くなるので、続きは↓(拍手マークの下)をクリックしてね・・・。



きゃっちと早明大だけを放鳥していた時間は結構長かった。きゃっちは早明大の尾羽の先っぽを齧ったりするのだが、早明大もだいぶ強く賢くなってきたらしく、上手く交わすようになってきた。ダッキュウちゃんさえ絡まなければ争い事はしない。
↓早明大の寝袋の向こう側にきゃっちが隠れている。
s-2008-09-01 006
この他、放鳥の組み合わせや時間を色々試し、きゃっちの様子を観察した上で2つのことを実行した。
ひとつは『席替え』・・・。
まずオカメーズに下の段に行ってもらった・・・・ごめんよ・・。
s-2008-09-01 014
ついでに前板は透明なアクリル板に取り替えた・・・。
コニュアーズの配置は色々やってみた・・・・例えばきゃっちを居間に持ってくるとか・・・
s-2008-09-01 049
しかしきゃっちは寂しがって叫び続け、さすがに仲間はずれは可愛そうなので30分でやめにした・・・。
最終的には早明大がいたところにダッキュウちゃんを持って来て、オカメーズがいたところに早明大ときゃっちを並べることにした。
s-2008-09-01 055
その方が早明大ときゃっちを同等に扱える。
(それにダッキュウちゃんはウンP飛ばしをするので、独立していたほうが掃除が楽だ・・・)
↑では早明大がダッキュウちゃんのケージに行って一緒に遊んでいる。頃を見計らって早明大をケージに入れ、ダッキュウちゃんのケージを閉めた状態できゃっちを出してやればいい。
以前の状態だと、早明大とダッキュウちゃんがいちゃいちゃ遊んでいるのをきゃっちは隣のケージで見ていなければならなかった。この状態なら見えない。

もうひとつやったことはきゃっちのケージの大改造・・・。
まず『糞きり網』を復活した。きゃっちは敷き紙の下にもぐりこんで遊ぶのが好きなのだが、羽を抜くのも敷き紙の下が一番多い。だからあえて糞きり網を使うことにした。その代わり『寝袋』を用意した。
・・・・手作りで2つ・・・・・。
↓昔ななごんのために買ったフェレットさん用の寝袋・・・。改造しようと思っていたのだが、ななごんは寝袋には入らなかったのでそのまま引き出しの中でお蔵になっていた・・・。ちょっと切って改造・・。
s-2008-09-01 030
↓厚手のスポーツタオルを袋縫いにして、ビデオテープのケースを切ってはさんで・・・・(ちょいといい加減だが大変丈夫に)・・・・作った寝袋・・・・インスタントでお恥ずかしいが・・・汗
s-2008-09-01 032
それらを二つとも取り付けた上で、さらに中をおもちゃでいっぱいにした・・・。
s-2008-09-01 036
エイサンの本に毛引き鳥のケージの工夫としてそういう風にするようなことが書いてあったと思う…。
s-2008-09-01 035
まあ、その場限りの工夫になるかもしれないが、とにかく自虐だけは避けたい・・・。
あとはきゃっちがストレスをためないよう、十分放鳥時間もとってやろうと思っている・・。
結論の出ない話で長くなってごめんなさい・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
今日の記事はつまらかったかな~~~と思うのでおまけを3枚・・・。
普段はお散歩から帰ってきてお風呂でシャワーをかけた後、ジュリアは自分でジュリアコーナーにもどっていくのだが、この日は洗面所を出たところで止まった・・・。
可愛く体を左右に振っている・・・。
もう一回1
『どうしたの?』と近づいたら体はまっすぐ階段の下のほうを向いた・・・。
もう一回2
まだ暑いけどみんな元気で行こう!!!
・・・・・・・・・・・と、夏ばて気味の人が言っても影響力なしかな・・・う~ん
秋空
皆さん!ポチッしてくださってありがとう!
boti2






スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: 毛引き 羽かじり 羽齧り

コメント

きゃっちタンにもお相手見つけてあげたら
マシにはならないのかな?
そんなに簡単にはよくならないですよね
早く良くなってかっこいい姿またみしてね

ジュリアちゃんの、羽かじりも見ていて辛くなりますが、きゃっちちゃんの毛引きは、本当に心が痛みます。

どうか少しでも、きゃっちちゃんの心が安らぎ、毛を抜かなくなります様にと、願ってやみません。

こんばんは かなうです

実はきゃっちちゃんを2年前にもHPで見ていました。うちでは最初コザクラインコを、1年後にもう一羽迎えたくて随分考え選んだ末決めたのがウロコインコです。その時ウロコインコを毎日検索して勉強していました。うちの子はピースと言います。ウロコつながりでも宜しくお願い致します。
きゃっちちゃんの毛引き、とても痛々しいです、接している方も気がかりで努力されていることが感じられます。
毛を抜かなくなることを願っています。

かなうはとても穏やかに、家庭になじんできています。1日置きに霧吹きで水浴びをします、その後ドライヤーで乾かすのですが、翼を思いっきり広げ左右に体を揺らします
それがさぞかし大空を飛んでいるがごとくで、幸せな顔に見えてきます。

繁殖能力のある野生採集個体、飛べるはずの鳥を飛べない環境で飼うそれでいて絶滅危惧種、希少種に高値をつけて売買する 事って許されるのでしょうか それで癒されるのでしょうか?何か矛盾してます。

>久美さん
そうなのですよ・・・簡単ではないのです。
きゃっちのお目にかなうお嫁さんを迎えたとしても、きゃっちに羽を齧られ、皮膚をハムハムされ、毛穴がつぶれて行くでしょう。きゃっちにしてみれば愛情行為なのですが、お嫁さんの立場にすれば『虐待』になります。
虐待されるためにお嫁に来てもらうことは出来ません。
長期戦の覚悟でいますよ。
応援ありがとう!

>はっぴ~ママさん
ありがとうございます。
世話をしたり作戦を考えたりしていると、心が痛んでいる暇がなくなるのですよ・・・苦笑
観察して対策を練って実践する。観察、検証、予想、仮説、実践・・・。
あとは地道な粘りと根気よさ・・・。
ひぃ・・・。
コニュアーズは今日は3羽で仲良くしていましたよ…詳しいことはそのうち報告ね・・・。

>かなうさん
あらら・・・そんな昔から・・・。
ななごんが元気だった頃ですね。懐かしい・・。
ななごんは始めのうちはきゃっちと仲が良かったのですが、噛み付くし、羽を齧るし、だんだん逃げ回るようになりました。そのことは旧日記にははっきりは書いてありません。きゃっちにしてみれば愛情行為でも、ななごんにしてみれば迷惑行為だったのですね。
きゃっちの持つ気質は世話をする人間にしてみれば非常に神経を使うところです。まあ、地道に行きます。

かなうちゃんはすぐに懐いてご家庭に溶け込んでいるのですね。うれしいです。

金儲け目的の業者はたくさんいますね。貧しい生活を何とかしようと自分の住む地域に生息するオウムやインコを乱獲して都会から来る業者に売る人々もいると聞いています。私はディズニーアニメや映画は大嫌いです。クマノミだのインコだのを主人公にした面白おかしい一見感動的なストーリーを作ってはヒットさせ、結果『飼いたい』というニーズが高まり、乱獲が発生します。
引き取ったり引き受けたりした10羽の鳥の世話だけで私は精一杯です・・・というか・・・飽和状態になっております。
(自分で定価を支払って迎えたのは10羽中2羽だけだったりして・・・汗)
世の中って下から見上げると変ですよね・・・。

みだがはらんさん、ご無沙汰してます。
毛引き相談所?!でお世話になったさくらんぼです。
毛引きオキナちゃんを迎えてから、看護に追われる日々を過ごしています。日記は毎日拝見してましたよ~。
そうですよね、ひたすら観察→対策を練る→観察→評価ってやってると、いちいち悩んでいる暇がないですね~。
一番辛い思いをしたのはこの子だから、私がくよくよしてどうするって気持ちになって、何故だかこの子のことは前向きでいられます。
うちの子はすでに自咬もしてます。。。
きゃっちちゃん、どうか落ち着いてくれるといいですね。
きゃっちちゃん、一緒にがんばろうね。

>さくらんぼさん
レス遅くなり申し訳ありません。
オキナちゃん迎えてくださり、ありがとうございます。
・・・・悪影響与えちゃってごめんね・・・陳謝
そうなんですよ・・・くよくよしてはいられないのです。常に前へ進むのみです。
オキナインコはコニュア同様、若鳥のうちから世話をすればニギコロもできて人間べったりになれる鳥だと認識しているのですが、人間を『敵』と思ってしまった子はなかなか懐かないだろうと思います。我が家の場合はダッキュウちゃんがそうです。それでも毎日世話をしているうちに、呼吸が合ってきて、それなりに信頼関係が出来てくるようです。
自咬にまで至っているとなると、相当心が痛んでいるのですね。鳥の心って人間と大差ないな・・・と思います。
カウンセラーになった気分で地道に無理し過ぎない程度でいきましょうね。長丁場は出力70%程で行かないと乗り切れません。もしよかったらお写真BBSに貼ってくださいね。
ブログでご紹介させていただいてもいいかな?
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。