訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アオメ」ば尊し

タイトルは意味不明・・・???
あんまり調子に乗っていると転んで怪我をするので、気持ちを引き締めていこう!
学級役員さんの活動で、今日は小学校へ行ってきた。
なにせ末っ子のむっちは6年生だからね。最後のご奉仕だ・・・。
・・・・で、何をしてきたかというと、なぜか6年生約100人に『仰げば尊し』の歌を教えてきた。
昔は『卒業式』にはつきものの歌だったのだが、最近は歌われていない。
役員をしているとあるお母さんの発案で「感謝の集い(謝恩会)」で親子合唱したらどうか、という意見が出て、実行することになったのだ。
これを歌うと、先生たちが涙ぐむ。
「1年生から5年生の時までお世話になった旧担任もお呼びするのだから、ご招待する先生方にに感動して、泣いていただこう大作戦」
なのである。
しかし、問題点は最近の小学生は『仰げば尊し』の歌は知らない。
教える必要がある。
・・・・・・
まあ、いろいろな手順だの交渉だのそんな話は省略。
とにかく音楽室に6年生全員に集まってもらい、お母さんたちが考えた『先生たちを涙ぐませよう大作戦』のことを伝え、『仰げば尊し』の歌を教えたわけだ。

昨今、教育問題でがたがた言っている報道が多いが、役員のお母さんたちが6年生全員を1時限分貸していただける状況なのだから、教師と親との協力体制はバッチリで、信頼関係も良好ということだ。

何を隠そう、みだかはらんは小学生にお歌を教えるのは得意中の得意。
『役に立たない多芸は無芸』のひとつだったりする。
40分ほどの活動で、約100人の6年生は『仰げば尊し』を二部合唱できるようになった。

いあ~~~久しぶりに楽しかったよ・・・。
高速道路で走ってくるより、やっぱりこっちの方が楽しいな・・・。


さて、多芸は無芸のみだがはらんはカメラのことについても、ちょっとしか分かっていないのに、稚拙な実験を試みてしまった。
『アオメ』も被写体として3年以上活躍してくれているのだから、『尊い』存在である。
ライトで日光浴

・・・・アオメば尊し・・・なんのこっちゃ!? ジュリアさんはまったりしているので、幸せな気分だ。
水浴びの後、ずっとトルーライトで日光浴していたときに、いろいろ試し撮りしてみたんだよね。尊い存在のジュリアさん、写真撮らせてくれて、ありがとうね。
スポンサーサイト

テーマ: アオメキバタン
ジャンル: ペット

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。