訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリアの爪切り

ケーちゃんのままさんから『ポーちゃんの紹介をして欲しい』というご依頼を受けており、ただ今編集中です・・・。
ちょっと時間がかかると思いますので待っててくださいね。
・・・・・・つ~か、こりゃ、ケリーちゃんのときより難しいぞ・・・・・う~ん・・・・

さて、鳥さんの爪切りについてはいろいろ流儀があるようなのですが、その子に合った爪切り方法があるようです。
場合によってはセキセイインコでも爪切りが必要になります。
自然界の鳥たちは日々爪が磨り減る生活環境で必死で生きているので爪切りは要らないわけですが、家庭で過ごしている鳥たちは爪が伸びてきてしまう。
たとえ、爪とぎパーチに止まっていても、限界があり、伸びてきたら切らなければならない。
大型オウムの場合はなおのこと・・・。

ジュリアの爪がまた伸びてきて、腕に傷がつくようになった・・・。
爪10
それで、旦那さんと二人がかりで爪切りをしようと、『毛布』と『爪切り』を持ち出してきた。
爪9
すると、危険を察知したジュリアが旦那さんの腕から飛び降りた・・・。
3メートルほど自主的に飛んだ・・・・。
ほほぉ・・・普段ほとんど飛ぶ気がないのに『飛ぶ』のか?
それならと、旦那さんがジュリアを飛ばしてみた・・・・
爪1
爪2
無理矢理飛ばさせられたのが怖かったらしく、家の中ではママの腕には乗ろうとしないジュリアが、こっち側で写真を撮っていたママの腕にすがるようにしがみついてきた・・・・。
爪3
ははははは・・・・
毎日パパにこれをやってもらおうか・・・・。

で、いよいよ毛布に包む・・・。
新生児用のウールの毛布だよ。昔長男が使っていたものだ。
爪4
個体によってはこんなことをしなくても
『はい!お爪切りますよ~』で足を出させて簡単にチョッキンできる場合もあるのだが、それは若鳥の頃から『プロ』が世話していた場合のこと・・・。
ジュリアは若鳥の時に、『プロ』が世話をしていたわけではないから爪切りが怖い。
どちらかというと、オウムの爪切りに関しての知識がない人に世話をしてもらっていた。
でも、とても優しい店員さんだったけどね・・・。
これでもだいぶましになったんだよ。最初の頃は咬まれないように首のところをしっかりおさえなければならなかった。今は軽く押さえているだけでいい。
とがった爪の先を、最近は3ミリほど切っている。これ以上切ると止まり木に止まりにくくなる。
初期の頃は1ミリだけ切っていた。2年目からは2ミリ。爪の血管まで切ると出血がひどくなるから、少しづつだね。
爪5
本格的な人は『半田鏝』を使う。その方法をとある獣医さんから教えてもらって知ってはいるのだが、時間がかかりすぎる。ジュリアにあっているのは『よく切れる小型わんこ用の爪切り』で手早く済ませる方法だ。
よく切れない爪切りを使うと爪が変に割れてしまうようだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ま、とにかく爪切りが終わると、ジュリアはなぜか甘えてくる。
我慢したことを一生懸命褒めてやる。
爪6
爪7
爪8

次の日は日曜日。
お散歩に行ったら、公園の駐車場で車に乗ろうとしていた女の方がジュリアを見てニコッとされた。
『テレビに出ていませんでしたか?』
『出ていましたよ。ここの公園だったのです。テレビに出ていたときよりはきれいになったでしょ?』
『男の人が好きなのですよね』
『そうですよ~~』
・・・それで、その方と一緒にいた男性にジュリアの羽の下をしばらくなぜていただいてから、腕に乗せた・・。
最近はジュリアに『安全確認』させる時間はかなり短縮されている。
爪11
爪も切ったばかりだから、安心して行かせられる。

中型・小型の鳥さんの爪きりについては写真が撮れたときにUPしようかなと・・・。
ただ、鳥の爪は自然界では自然に磨り減っていくが、家庭内での飼育上は、どんなに爪とぎパーチやら、コンクリートパーチやらを入れておいても、自然に磨り減るには限界がある。
爪が伸びすぎると変に引っかかって怪我をしてしまう場合もあるということを頭に入れておかなければならないと思う・・・。
わかっている方々には『釈迦に説法』だからごめんなさい・・。
boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

ジュリアちゃん、やっぱりお母さんが大好きなんですネッv-344
人間の子供も、甘えたり遊んでもらったりする時は、
父親にくっついてるけど、キケンや痛みを感じたら、
母親のところに慌てて泣きべそで、走って来たりしますょね(笑)
オウムも同じなんですねi-176


京介も同じ犬用爪切りを使っています♪
爪切りはもっぱら息子の仕事で
いつもは息子大好き母は二の次だけど
この時ばかりは爪切りの後
ハァハァして「お爪チョキンかv-359
と言いながら私の所へ逃げてきてくれます♪
そんな時は「よしよし お兄ちゃんは悪いな」
等といいながら美味しいトコ取りできたのです~
でも、今は息子がいないので
私が爪切り係り・・・ 嫌われ係りです(苦笑)

京介はタオルに包むと余計に嫌がるので
お腹に乗せて「お利口さんやな~」と誉め殺ししながら
急いで切りますv-291

うちはこれの猫用使ってます~、そしてタオルで簀巻きにしてパッチン、一緒ですね^^
最後に甘えてくるのも一緒ですよ。「よく頑張ったね~」って褒めちぎってます。

とんだ後のジュリアちゃん、目が文句いってる~^▽^
爪切り後に甘えてくっつくジュリアちゃんも、たまりませんね!

我が家は小動物用ですね
ポーはねぇ~えらいんですよ
止まり木に止まって指を一本ずつ出します。
それもせいぜい2本まですが(苦笑)
で、又後日にするので切れない爪はいつまでも残ってしまいます。

それと銀河を健診に連れて行ったとき、前の飼い主さんはつめきりができなかったのでコンクリートパーチを使っていました。
おまけに止まり木も固かったので銀河の足の裏には「たこ」ができていました。
獣医さんは「コンクリートパーチは控えてくださいねえ~特にボウシインコは足の裏がやわらかいですから「たこ」が破れて化膿すると厄介ですよ」と注意を受けました。
他の中、小の鳥さんはどうなのかなぁ~
今週もう一度行きますからちゃんと聞いておきますけと、なるべく控えたほうがよさそうですね

初めまして

コザクラ飼いのじぇりくんのままと申します。
ケリーちゃんのところから、お邪魔させていただいてます。

ジュリアさんがテレビにご出演されたときの
みだがはらんさんの「安易にオウムを飼えるなんて番組にならないのならと出演をお受けした」という(少しアレンジしてます、すみません) 心意気に惚れました。

ポーちゃんの紹介 楽しみにしています。

つめきり

こんにちは、ケンちゃんは、布やすりでつめをじょりじょりやっています。
ユリアは人間用つめきりでぱちぱちきってます。
たれ蔵も同じかな。
ケンちゃん以外はいがいとコンパクトなので、やりやすいですよ。
時々つめきりの鑢で済ませることもあります。
うちってアバウトだなあ・・・。

>AHOさん
どうかな~~苦笑
初期に末っ子のむっちを咬んだ時、もの凄い形相でにらみ、地獄から響いてくるような恐ろしい声で
『よくも咬んだな~~!!!ダメだぞ!』
と、威嚇したのもママですから・・・・笑
家の中で一番強いから、守って欲しい時はママの所に来るのかも・・・。
お散歩でいつも守ってくれているのはママだからというのもあるかもしれません。
・・・褒めるのも上手・・・なつもり・・・・苦笑

>京介母めぐ さん
息子が時々しか帰ってこなくなったら、いろいろ困ることがあるよね・・・うんうん・・・笑
ジュリアは前側の指の爪ならタオルに包まなくても大丈夫になったのですが、後ろ側はまだ無理です。
京介ちゃんを見習って(息子が)仰向けにする練習もしてみたのですが、ストレスをためて羽を齧るので、途中で挫折しました・・・苦笑

>さじたろうさん
うちでもコニュアたちはタオルで簀巻きにして切っています。でも、キバタンともなると、バスタオルでもタオル越しに咬まれていまうので、ウールの毛布がいいということになりました…ひぃ~。
うまくいけばジュリアは毛布なしでいけそうなのですが…。
地道に進む毎日です。
先代のななごんと早明大は爪切りのあとはしがみついてくるので、よしよしと褒めてやります(いました)。きゃっちもちょっとだけしがみついてきます。でも、すぐに攻撃に転じます。をいをい・・・個性だね~。野性味たっぷりだ。
・・・ダッキュウちゃんは・・・もともと人間嫌いなので、攻撃ばかりです・・・。でも、なぜか居間に連れてくると大人しいので、やっぱり可愛いですよ。
人間不信になっている子なのに、ちょっとでも甘えてきてくれるのが、いとおしいです。
・・・・・なにせ輸入した人間によって『殺処分』が検討されていた子が我が家に来たのですから・・・。

ジュリアは・・・若鳥の頃に飛ぶ練習が出来ない状態に置かれていたので、筋肉が発達しなかったようで。小食ででやせている原因はそこらへんにあるのかもしれません。
飛べないことはお散歩に連れて行く上では利点なのですが、そろそろリハビリで飛ぶ練習をしてもいい時期ではないかとも感じています。

>ケーちゃんのままさん
ジュリアも前の指2本は止まり木に止まったままで切れるのですが、後ろ側2本は切れません。毛布に包んで切るしかないです。初期の頃からするとだいぶ良くなったのですが・・・。
まあ、慌てない主義なので、のんびり学習していってくれればと思っています。
・・・急がば回れ・・・ですな・・・。

コンクリートパーチも使いようだと思いますよ・・・。
たとえ木製の止まり木でも足の裏の接触点が常に同じだったらタコが出来ることもあると聞きます
自然界の鳥たちが止まっている所は細かったり、太かったり、堅かったり、やわらかかったりしているで。
だから、ケージの中の止まり木は常に数種類付けてやっています。
値段の高いセーフティパーチと、安物の爪とぎパーチと、木製の止まり木と・・・という感じです。
狭いケージの中で爪とぎパーチだけを止まり木にしていると、靴擦れ状態になるのは当たり前・・・。
だから足が痛くなったら、違う種類の止まり木に移動できるようケージ内のレイアウトを工夫するようにしています。

>じぇりくんのままさん
富山テレビのスタッフさんは時間不足の中でも、プロ根性でこちらの意図を理解してくださり、出来るところまでの最高の編集をしてくださったと思います。
ありがたや~~~!!
ポーちゃんに記事はもう少し熟成させてから編集・校正かと…。つまり、ケリーちゃんのときは『悪者』を作らずに発信できたので書きやすかったのですが、今回はどうしても『悪者』を登場させなければならないので…それで困っているのですよ・・・苦笑

>ぱふさん
ケンちゃんは『プロ』が多いショップの出身だったよね・・・。
布やすりで、簡単に爪とぎができるんですね。

え?たれ蔵君、元気なんですね。すごいな~~。
何歳になったんだっけ?

こんにちは。
以前、ケリーちゃんの記事を紹介させていただいた
物です。

ジュリアちゃん、とってもかわいい~。
爪切りのあとにあんなに甘えられたら
みだがはらんさん、メロメロになっちゃいますね!

家にはラブバードとオカメが一羽づついます。
オカメさんは8月の末からうちにいますが、
なかなか心を開いてくれません。
毎日声をかけているうちに「ケージ」を開けると
出てきてくれるようになりましたが、
威嚇はなかなか収まりません。
家は他にも犬が2匹いるので警戒心も倍増なんだと
思いますが。

ごめんなさい、自分のことをたくさん書いちゃいました。
これからも楽しみにしています!

>あいちゃんさん
ケリーちゃんの記事、伝えていただきありがとうございます。

ジュリアはなぜか怖い目に合うと甘えてくるのですよ・・。
なぜでしょう???

中型インコの場合は鳥種によってはセキセイインコと同じようになる場合があるようですね。雛のうちに人間に馴れないと手乗りにならなくなるのです。
うちではダッキュウちゃんがそうかな。障害で飛べないので無理矢理肩に乗せたりカキカキしたり出来ますが、ケージに近づくと威嚇するし、手を出すと思いっきり咬みつかれます。でも、なぜか『りんご』を入れてやるときだけは咬み付きません・・・笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。