訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲とプライド

このブログを書いている人は真面目な主婦だと思っていたが、どこかオタクじみたところが微妙に時々なんとなくあるような気がする・・・・。

と、感じられた皆様へ!
『漫画好き』を自認し、『ゴルゴ13』が大好きで、オタクの聖地アキバで人気のある代議士が『日本国総理大臣』になるご時世です。
少々『オタク』が感じられても
あっそう・・・
と無視して読み流しましょう…。

ぽーちゃんの紹介をする前に長~く『前置き』が必要だな・・・と感じている。
簡単に書けば書けるのだがあまり『悪者』は作りたくない。
それと、これから数ヶ月ほどは忙しくなりそうだ。
だから、申し訳ないが、少しずつね。

ジュリアがパートナーである旦那さんに甘えている。
s-2008-09-21 050
これは人馴れしたどのオウムさんにもあることなのだが、ちょっとカメラを退いて写真を撮るとこうなっている・・・。
s-2008-09-21 053
孫がじいちゃんの近くにいる。足を出している。
この場合普通なら、オウムはパートナーを独占しようとして幼児の足に咬みつく。攻撃を加える。
・・・・・ジュリアも迎えて1年目の頃はそうだった。
当時パートナーにしていた長男を独占しようと、ママに猛攻撃してきた。末っ子のむっちにも咬みついた。
幼児に咬みつかないアオメキバタン・・・って・・・普通じゃない・・・。
一生懸命育てたからこうなった。
家族として迎えて、お散歩にも連れて行って、社会性を身につけたからこうなった。
幼児を咬まない『安全』なオウムになった。
・・・・・・羽・・齧るけどな・・・・。
オウムは子どもを一人育てるくらいの忍耐がいる。
それを分からないで迎えようとする人が不幸なオウムを作る。
幼児の心がわからない人間が不幸なオウムを作る。
欲深で、変なプライドを持つ見栄張り人間が不幸なオウムを作り出す。 そんなことから書き出さなければならないと思う。
えらい
こら!旦那さん!寝るな!
ジュリアが羽を齧りだすぞ!!!!
こういうときは目が離せない・・・・。
・・・・・つづく・・・・・・・・・・
boti2

補足
・・・・・・・・え?2歳なのに哺乳瓶?・・・はあ、すみません・・・風呂上りに哺乳瓶で牛乳を飲まないと気がすまないらしいんですよ・・・く~ちゃんは・・・・汗
人間は育てられ方によって、どういう人間にでも成長していく・・・。
ま、これくらいはいいよ。
『自分は愛されている』ということがわかっていればいい。
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

今、昼食を食べました、写真が羨ましいです。
見ていると、なんだか眠た~くなってきました(笑)
ほんわか ほんわか ですね。
ジュリアちゃんも、ゆったりしてて、かわいいですねっ!

>AHOさん
はははは・・・・どうも・・・
でも、2番目の写真のような状態のとき、一番羽を齧るのですよ・・・。だっこしてなぜて欲しいのに熟睡してしまっていて相手をしてくれない。待ちくたびれてイライラしてくると齧り出します。
・・・ちなみに旦那さんは魚釣り帰りでへたばって寝ているのです・・・やれやれ・・・

最後の写真の風景我が家のポーでは「無理、むり・・」(苦笑)ぜーったいのぜーったい200%く~ちゃんを噛みに行きます。こんなことだけ保証できる飼い主って・・ちょっと寂しいですが・・・でもケリーか銀河では大丈夫(笑)緑の子もいいですよ 哺乳瓶、よかよか(笑)時々若いお母さんに聞かれるとき「小学校までおむつや哺乳瓶もって行った子いないから」って言うと本当に安心した笑顔になります。で、ついでに「かるーく幼稚園に持っていく?って聞いてごらん」っていいます。「わからないようにかばんにいれてあげるよ」って言って・・ってどのお母さんも爆笑されますけど中には目に涙浮かべている人も・・・今は情報が多すぎてそれに振り回されてお母さんが自分をぎりぎりに縛ってしまっているような気がします。で、どのお母さんもしばらくたつと「本当に、もういらないって・・でもちょっと寂しいぃ~」ですって(笑)********************

>ケーちゃんのままさん
今日も「こんにちは」と言うジュリアを見た年配のご一行様が「オウムはいいね」みたいなことをおっしゃったので、慌てて否定の説明をしていました。
『オウムは飼うのが難しいですので絶対に手を出さないでください。子どもを一人育てるくらいのエネルギーが要ります。普通は咬みます!私はこの子をこういう状態にするまでに3年かかっていますから。』
・・ひぃ・・・危ない危ない・・・
時々かなり年配のお年寄りが
『私飼うならオウムがいいと思っているのよ。犬は先に死んじゃうでしょ。オウムなら長生きだからね。』
・・・・自分のことしか考えていない・・・。
バカもん!自分の年を考えろ!
・・・と言いたかった・・・。
私でさえ危ないと思っているのに・・・。

育児書は四角四面のことしか書いてないからね・・。
一日中『おしゃぶり』をくわえているのはまずいですが、哺乳瓶で牛乳を飲むくらいは精神安定剤程度ですな…笑

鶏と一緒に寝起きしてました

はじめまして。
オウムと一緒にネンコしているのは珍しい写真だな~と重い、思わずコメントさせて頂きました。
私も以前飼っていた鶏(老衰で臨終)を室内フリーにしていたので毎日一緒に寝ていました。今思い出してもかわいくて仕方ないです。
今は2ワンと一緒に寝ています☆

無責任な飼い主の飼育放棄による不幸な動物が少しでも減ることを願って私もブログを書いていますので、とても共感できました☆
また寄らせて頂きます!

レス遅くなりました

>里親探しているミニダックスの仮ママさん
レス遅くなって申し訳ありません・・・。
コメントありがとうございます。
ブログのほう、ちょっと見させて頂きました。
無責任に飼育放棄される犬猫があまりにも多いことには心痛むところです。売り物にならない犬猫をペットショップが保健所などに持っていって処分を依頼するということもあるようで、そういうふうになってしまっている世の中自体に疑問を感じるところです。
犬や猫ですら飼いきれなくなって捨てる人がいるのに、興味本位でオウムを欲しがる人がいることにも心を悩ませてしまいます。。
「犬猫と同じように飼えますよ」などといういい加減なことをいっている人たちにも腹が立ちます。
鶏さんもペットとして飼うとよく懐くんですよね。
子どもの頃にひよこを育てていて、いつも後追いしてきて可愛かったです。でも、父が転勤になったのでそのひよこをバスケットに入れて地元である富山に連れてきて、色々な鶏を飼っていた父の知人に預けました。それでも悲しくて、子どもながらだいぶ泣きました。
ブログのほうリンクさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。