訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の防寒対策

『防寒対策』について紹介してほしいというご依頼があったのでしてみようと思ったのだが・・・
・・・あれ?何かしてたっけ?????
そう言われてみればしていないこともないかも・・・・・う~ん

とりあえず、中型以下の鳥さんたちのケージはアクリル板で作ったケースの中に入っているので、隙間風にさらされることはない。
手作りだよ・・・。
アルミフレームを利用して作る人もいれば、木枠で作る人もいると思う。我が家はスペースがないのでアクリル板を専用接着剤で貼り合わせて作った。揮発性なので、乾いてしまえば害はない。
前板の開閉は粘着式のマジックテープで簡単に作ってある。色々やってみたのだが、これが一番修理がしやすいので・・・。
s-2008-10-31 023
アクリル板は鳥の日光浴に必要な紫外線を通すので、このアクリルケースの上にトルーライトを置いている。
s-2008-11-08 070
冬は寝るときに上側の板を下ろして冷気が入りにくくなるようにしている。
s-2008-11-08 071
セキセイインコたちはケージの中でバタバタ羽ばたいて、脂粉や羽毛が飛び散るので、前板を置いてある。ただ置いてあるだけ・・・。極めて簡単な作りになっている。
s-2008-11-08 072
太陽のケージはなぜか大型のプラスチック水槽にぴったり入る大きさだったので、出入り口のところを切り取って使っている・・・写真では分かりにくいが・・・。
s-2008-11-08 073
普通は夜に布などをケージにかけるのだが、現在我が家ではかけていない。『消灯』するだけだ。

雛上がりの若鳥のときは最初の冬だけヒーターを入れてやるのだが、ふた冬めからは入れていない。
・・・部屋自体はそれほど寒くないからだ。
ただし、ダッキュウちゃんだけは以前紹介したように心拍数が少なくて寒がりなので、ケージにプラ容器を入れてやっている。必要ならその下にハムスター用の小さなヒーターを入れてやるのだが、最近は早明大とくっついて寝ているから、要らないのではないかと考えている・・・。

次に部屋全体の防寒対策なのだが・・・。
中型以下の鳥さんたちのいる部屋の窓は・・・半分本棚でふさいである。さらに夜になったら窓はシートで覆ってしまう。よくホットカーペットの下に敷くために売られているシートです・・・。
なぜかというと・・・・・
s-2008-11-08 074
この部屋は西向きでそれはそれは西日が強く当たるのです。夏は灼熱地獄。
もし、アクリルケースに入っている鳥さんたちに日光が当たったら、熱射病になってしまう・・・。
だから鳥さんたちがいる側の窓は本棚でふさいで暑くなりすぎないようにしているのですね。
暑すぎる日はシートで光をさえぎって、クーラーをかけている。

逆に冬になって雪が降ると窓から冷気が入り込んでくる。暖冬続きといえどもやっぱり雪は降る。
窓からの冷気の進入を抑えた方が暖房効率はいい。
・・・ただし、換気はこまめに。
隣の居間には終日ストーブがついており、戸は開けっ放しなので、冬でも結構暖かい。

さて、居間は東向き。東側の窓はどうしているかというと、
s-2008-11-08 076
一度写真をUPしたと思うのだが、やっぱりシートを立てかけてある。こちらはピクニックやキャンプ用のシートだ。(こっちのほうが厚手で使いやすいかも)
その日の日差しや気温によって、はぐったり取り除いたり全面を覆ったりして調節している。
ロールカーテンを半分下ろすとこうなる。
s-2008-11-08 077
で、下に白い板が置いてあるのだが、これはダンボール状のプラスチックの板。ホームセンターで売っていて、お安い。
ロールカーテン(普通のカーテンもそうなのだが)だけでは窓との隙間から冷気が下りてきてしまうので、それをふせいでいるのですよ・・・。
インテリアもへったくれもありません!
実用主義なのです・・・。


さて、最後はジュリアさんが寝ている場所だが・・・・。
ジュリアさんも以前は巨大なアクリルケースにケージを入れて夜になったら布をかけていたのだが、それをすると羽を齧るのでやめてしまったのですな・・・・。
現在はベビーフェンスのところで寝ている・・・・。
下にはわんこ用のホットシートがある。完全防水。
s-2008-11-08 004
夜にはその上に新聞紙を敷いておく。
朝になると・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・あれ!?
s-2008-11-08 001
次の日の朝は・・・・
・・・・・ギャッ!!!!
s-2008-11-10 086
ギャギャギャギャギャ!!!!
s-2008-11-10 087
ジュリアさん・・・何か一言どうぞ・・・・
吹き出し1
乾燥しないように新聞紙は霧吹きで十分湿らせる。しかし下に水があると寒いので、わんこ用ホットシートで温めているんだけどね・・・・・。
時期が来て羽を齧り始めた。
だから昨日からは、さらにおもちゃや飲み物・食べ物も用意してみた・・・。
今朝は齧る量はかなり減ったが、完全にはおさまらない。
しかし、ジュリアが大量に羽を齧る時は、『とある状況』になった時なんですよ。
その『状況』については後日改めて・・・。
s-2008-11-10 099
はい ジュリアさん 言いたいことは?
吹き出し2
言い訳はしないんだそうだ・・・・・・・。
boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: オウム 毛引き キバタン 羽かじり 羽齧り アオメキバタン

コメント

はじめまして

一度行かせていただこうと思いながらやっと行動できました^^;

防寒対策っていうので今ちょっと考えてたものですから、タイトル見て飛んできたんですけど・・・。
すごいです。板・・・なるほどー。ここまでは思いつきませんでしたw
感心してしまいましたw

>蚊取り犬さん
こんにちは
参考になったのなら嬉しいです。
本文にはありませんが、西側の窓の窓枠においてある銀色のシートは、レースのカーテン用の細いつっぱり棒に目玉クリップで留めていますよ。

>Masaさん
参考になりました?よかったよかった・・・。
北国といっても北陸は中途半端な寒さなんですよ・・・しかも市街地だし・・・。
日中ひと気がない場合や氷点下以下に下がる地方だったら、厚さ5ミリのアクリル板がおススメですが、ベリーエクスペンスィブで重量も重くなります。下にキャスターを付けている方もいらっしゃいますよ。でも厚さ5ミリのでしっかりしたのを作れば、20Wのヒヨコ電球型セラミックヒーターでじゅうぶん温まります。空気の対流を考えればおのずと設計はきまってくるし、湿度調整はケース内に濡れタオルを入れておけば大丈夫だと思います。心配だったら最高最低温度計か、サ-モスタットを準備すればバッチリなのですが・・・さらにエクスペンスィブなことに・・・汗。
アクリル板はホームセンターでカットしてくれますが、最後のポイントは『面取り』かな・・・。アクリル板は角がとがっていて手が切れるほどなのです。角はニッパーなどで丸くし、板のふちは紙やすりで面取りするといいですよ。
そういえば、アクリル板をネット通販しているお店もあったかなぁ・・・そっちのほうが割安だったかもしれません・・。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。