訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペローシス(腱はずれ)

セキセイインコ好きの人ならたいがい知っているだろうと思っていたのだが、ご存じない方もいらっしゃるようなので一応解説をば・・・・。
ペローシス腱はずれ)・・・「腱開き」と言っている人もいる・・・私もそうだと思っていたのだが・・・。
うちで引き取った太陽君はペローシスだ。

ある日ペットショップに行ったら腱はずれの雛が小さな虫かごに入っていて、
『どなたか里親になってください』
という貼紙がしてあった。
こういう雛は他の雛と一緒にしておくと踏み潰されて弱ってしまう。おまけに売り物には出来ない。
心のある店員さんの配慮だった。
で、もらってきた。
s-2008-11-08 035
セキセイインコに多いのだが、オカメインコにもたまにいるのだそうだ。
足が180度開いてしまっている・・・。片足だけの場合もあるようだが・・。
こうなってしまう原因は先天的なもの、物理的なもの色々言われているそうだ。親鳥が適切な餌を与えられていない場合もあるともいわれている。生後3週間以内なら専門の獣医さんに正しい位置に固定していただき、栄養価の高い餌を与えることによって治る場合もあるようだが、手遅れが多い。

しかし、足に障害があるだけでその他はいたって健康。元気な場合が多いが・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・『売り物』にはならないよね・・・。
他のペットショップではこういう子はどうしているのだろうと考え込んでしまう。

ある日犬鳥散歩をしていたら、生き物好きのお母さんが近づいてこられた。珍しいオウムに目が釘付けだったので、
『いや~~ショップでハゲていたので引き取らせていただいたんです』
と言ったら、そのお母さんは
『私、生き物が好きだったから昔ペットショップに勤めたんですけど、裏を知ってしまったらどうしても続かなくて、2ヶ月で辞めてしまったんです。』
・・・繁殖のためのわんこが狭くて暗いところにずっと入れられているとか、そういう状況に耐えられなかったのだそうだ。

ジュリアも太陽もまだ幸せだ。
ジュリアのときは『お引取り交渉』に応じてくれたし、太陽のときは店員さんが『里親探し』をしていらっしゃった。
うちにきてよかったのかどうかは別にして・・・・まだ良心的なショップなのだと思ったりする。
優しい店員さんでよかったなぁ・・・太陽・・・。

太陽は足が開いているので頭の上に止まる。髪をつかめば止まりやすいからだ。
・・・しかし、足が開いているゆえに感じやすいらしく、そのまま『尾羽フリフリ』をされてしまう。
s-2008-11-08 046

太陽は結構よく喋る。特に時間をかけて教えてはいないのだが、ジュリアや紅君のおしゃべりを聞いて覚えたようだ。
こんにちは バイバイ たいよー クレナイ オカメちゃん 
そして最近では
そ~めちゃん
とも言っている。私が早明大のことをそう呼んでいるから、聞いて覚えたらしい。
元気のいいペローシスセキセイインコ太陽の動画をどうぞ…。

動画が始まる一瞬に『タイヨーよ!』と喋っている。頭の上にいるのは紅君・・・尾羽だけ見えている。

boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: ペローシス 腱はずれ

コメント

記事にさせていただきました

みだがはらんさん、こんにちは。先ほどブログ紹介させていただきましたので、お時間のおありのときに覗いてみてくださいね(^_^)ここです
:http://fc2osusumeblog.blog44.fc2.com/blog-entry-332.html

ペローシスって知りませんでした。野生でもそういうことがあるのでしょうか?もし人工飼育だけの障害だとすると人災ですね・・
ペットショップの子のことは私もいつも疑問に思っていました。生後5ヶ月の犬猫ばかり世の中にいるはずがない。売れ残った子はどうなっているのでしょうか・・それを思うと、ショーケースを見れないのです(だからうちの4猫にゃんはみな拾いました 笑)

>三毛猫さん
ご紹介ありがとうございました。

単なる「うちの鳥は可愛いよ~」というペットブログではありません。そういう意味で、記事には面白い数々の鳥の顔やウンチまで載っています。
上記紹介文光栄です。

ペローシスは野生でもいるかもしれませんが、巣穴から自力で出られないなどの理由で生き残れない確率が高いと思いますよ。
でも、足に障害があるだけであとはいたって健康です。
三毛猫さんちの猫ちゃんたちは拾い猫さんなのですね。いうちも『お引取り』が多いので共感です。
なぜか集まってきてしまうんですよ・・・苦笑

はじめまして

今まで読むだけでしたが・・・
ペローシスの太陽くんを引き取って みんなと暮らしている記事を読ませていただき・・・
ちょうど知り合いの悩みと重なるところがあってコメントしています。
みだがはらんさんの行ってるペットショップは良心的なお店で安心して読んでいられたのですが・・・
知り合いが見つけたセキセイの仔は標準の半分ちかくになるほど弱っていて連れて帰って助けてあげたいと考えている状態だそうです。
何度も交渉されたようですがかなわず・・・
なんとかいい考えがないものかとプログで相談されているのですが・・・
売り物にはできないので裏で育てると言われて悩まれているのです。
私は 何の力にもなれず・・・
なにかいい対処法をご存じではないかと・・・すがる気持ちで お聞きしたいのです。
突然 無理な相談で申し訳ありません。
宜しく お願いします。

>ぺぺすけママさん
こんにちは 書き込みありがとうございます。
ペローシスの子は他の元気のいい子に踏みつけられ、弱っていくことが多いと思います。
悲しい現実ですが、お店も『商売』がかかっており、つきつめていけば『生活』がかかっているということは現実として認めなければならない事実であると思います。
私は『ジュリアは引き取った』と表現していますが、まともに買えば高額な種類です。それなりの金額は払っています。要は、私はショップにとって大切な顧客であり、転売をしない信頼できる相手であったということです。そして、お店の店員さんや雇われ責任者の立場を思いやって交渉したから引き取らせていただけたということです。
そのショップは『売り物に出来ない』『裏で育てる』と主張しています。『裏で育てる』というのが仮に本当だとしても、決していい環境ではないでしょう。
では『売り物に出来ない』と言っていることを逆手に取るとどうなるでしょう?
『おまけ』にならできるのでなないでしょうか?
決していい方法ではありませんが、お店の立場を尊重し、かつ『損』をさせなければ引き取れる可能性も出てきます。
最終的には『お金』のかかる方法しかありません。
数万円する高額な『鳥』の『おまけ』としてなら引き取れるかもしれません・・・。
・・・・うちのセキセイインコの『ハル君』はコガネのななごんの『おまけ』でした・・・・・。値引きしない代わりにおまけに売れ残りをつけてもらったのです・・・。
他にも売れ残りのメスが20羽はいたと思いますが、個人で助けることができたのは1羽だけでした。他の売れ残りのメスたちがどうなったかはわかりません。
客は『雛』を欲しがりますから、成長して手乗りになる可能性が薄れた若鳥たちは売れはしないでしょう。
私はハル君と太陽を引き取ることに成功しましたが、現実にはどこかに行ってしまった売れ残りの鳥たちはたくさんいるのです。
個人の力では全部引き取ることはできません。
せめて救えた2羽を大切にしようと思っています。
たいした助言は出来ませんが、心から本当に救いたいと考えるなら、出費を覚悟しなければならないでしょう。
厳しい現実です。
そして、お店の立場を尊重し、信頼できる顧客になることでしょう。信頼してもらえるようになれば、次第に客の話にも耳を傾けてくれるようになると思いますよ。
そして、店員としての立場の苦しさももらしてくださるようになります。それを聞いて、店員さんの心の支えになることができれば、ペローシスの雛くらい簡単に引き取らせてもらえるようになるのではないでしょうか。

知らないことばかりで勉強不足で ご相談してすみませんでした。
いろんな状況で元気ではない仔をお迎えするにはお店との信頼関係を築かなければ難しいことなど 色々教えて頂きありがとうございました。

ご相談した弱ってしまったセキセイの仔はフン検査は異常なかったけれど PBFDの可能性があるそうです。
けれど検査せず動物病院で暮らすことになったそうです。
ほんとにそうなのかなとか気になります。
店の裏で暮らすよりも 少しでもいい方向に変わったのではないかと思うのですが・・・
過酷な状況の仔たちがいっぱいいると知っても 何もできない自分がいます。
どうもできないけれど頭の中をずっとグルグルしています。

みだがはらんさん一家の一員になれたハル君と太陽君とジュリアちゃんよかったです。
ほんとよかったです。
なんだかむちゃくちゃで はずかしい・・・
ありがとうございました。

>ペペすけママさん
レス遅くなって申し訳ありません。
いやいや・・・偉そうなことを言って申し訳ありません。
ただ『信頼関係を構築する』というのが私の基本概念なので・・・。
そのペローシスのセキセイインコさんはお店の方が動物病院へ連れて行かれたのでしょうか?だとしたら一安心ですが・・・。
私も現在ショップで気になっている子がいるのですが、現在観察中です。万が一PBFDだとしたら、お迎えは出来ません。先住の子達を守らなければならないからです。
なかなか難しいですね。
恥ずかしいことなんかありませんよ。
色々経験していくうちに貫禄が出てくるんです。
私もまだまだ修行中の身です・・・汗
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。