訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテモテ・・・

ヴィヴィアンと甘金タンのケージの場所を入れ替えた。

シャワーを浴びてハンサムにもどったベル君はしっかり復活し・・・
またヴィヴィアンのケージの上から動かなくなった・・・
ちなみにきゃっちもヴィヴィアン寄りのところにいる。
s-2009-06-16 002
ところで
前回と前々回の記事内容があまりにも唐突で、説明書きを書くのを怠ったためか、ご批判のコメントをいただいた。
コメントを削除させていただいたのは、HNを出さないようにするための配慮なのでご了承ください。
別の方からの批判への批判のコメントが来ることを防ぐための配慮でもあります。
また、記事の中でレスすることもお許しください。
これは当方の記事を書くときの信念にも関する重大な内容となると考えております。
少々手厳しいレスとなります・・・。申し訳ありません。

いただいたコメントは以下の通りです。
ずっとROMらせていただいてましたが、これはあまりにも可哀相。沢山のインコを同時に放鳥していて、事故はおきないのかしらと心配していたら、やっぱり…失礼ながら、飼い主さんの慣れがこの事故をおこしてしまったのでは?指がもげなくて、ベル君は不幸中の幸いでしたね。趣味でどんどん羽数が増えてしまったのでしょうが、一羽一羽への注意力が落ちてしまうような飼い主さんでは、どんなに鳥飼いとして良いブログをお書きになられていても、説得力がありませんよ。お気をつけて…。

ご心配はごもっともですが・・・・・・・・・・・。
まず、ベル君にシャワーを浴びせることは時々していることで今回に限ったことではありません。テンニョインコは意外と脂粉が多く、ケージがすぐに真っ白になるからです。また、ベル君はほんの時々しか水浴びをせず、しても少し濡れる程度です。時々洗ってやる必要があります。今回は傷の具合をよく見て、完全に出血が止まってからさらに一日待って、軽くシャワーをかける程度で洗ってやりました。これを『かわいそう』ととるか、『必要なこと』ととるかは人間それぞれの感覚の違いかもしれません。

『事故は起きないのかしら』とご心配いただいていたことについては普段の日記で説明不足だったかもしれませんが、旧日記の頃からのことなのでそのことについての説明書きを書く必要性を感じておりませんでした。

『趣味でどんどん羽数が増えてしまったのでしょうが』
心外です。11羽のうち、自分から進んで買い求めたのは3羽だけです。あとは『依頼された』『障害や毛引きがあるので見捨てて置けなかった』『売れ残っていた』『プレゼントされた』等で『引き取った』という感覚の鳥たちばかりです。単なる『趣味』と言われても仕方がないでしょうが、本当にただの『趣味』なら、毛引きや障害のある鳥を引き取ったりはしておりません。ただの『趣味』なら、状態の良い珍しいインコやオウムを買い集めているでしょう。

『説得力がありませんよ』
きゃっちの毛引きについて書いた時に一度説明したのですが、『上手くいかなかったことも正直に書く』ことを信念としております。なぜならあらゆる『事例』は『学び』になるからです。人の失敗は自分の教訓となる。私もたくさんの方に学ばせていただきましたから、あえて失敗したことも書くようにしています。失敗談を知ることにより、読んだ方が同じ失敗をしなければいいなぁ…という気持ちです。
エイサン氏の本にはたくさんの事例が載っています。それが『学び』です。
カッコだけつけていたければ、失敗したことは書かなければ良いのです。あえて書いているのに『説得力がありませんよ』とのご注意、大変痛み入ります。

ベル君が突然ダッキュウちゃんに咬みつかれても、ちゃんと見ていた飼い主は即座に反応し、深刻な事態に至らぬうちにダッキュウちゃんをベルから放しています。
最近聞いた話ですが、とある方の失敗談。
オキナインコが細い金網を破ってアキクサインコに襲い掛かり、かみ殺してしまった・・・そうです。
少しの油断でそのような事態が起こります。また、充分気をつけているつもりでも、事故は起きます。知識不足で事故が起きることもあります。だからあえてセキセイインコの爪きりについても触れるのです。

もう少し書かせていただければこれは私の『子育て』に通じることです。
小さな失敗はあえてさたほうがよい。少々の怪我は子供のうちにさせた方が良い…という考え方です。
つまり転んで怪我をさせるのが怖くて転ばせないようにばかりしていると、ひ弱な子に育ったり、大人になってから大怪我をしたりします。
小さなうちに『たたかれたら痛い』ということを知らないと、人の痛みの分からない、手加減をすることを知らない子供に育ちます。
まあ、取っ組み合いの喧嘩は幼稚園か保育所のうちに充分させておけばよいのです。
子供のうちに大きな挫折をし、それから立ち上がった子は、大人になってからは丈夫です。少しのことではめげません。自分の力で立ち直ったという自信がそうさせるのです。

ベル君はとても賢いですから、二度とダッキュウちゃんのケージの上には止まらないでしょう。
細かいことまでいちいち記事にはしていませんが、早明大もきゃっちに咬まれたことがあります。甘金タンもきゃっちに咬まれたことがあります。それが学びとなってお互い怪我をしない同時放鳥が可能となっています。
しかし、深刻な事態に至りそうなら、時間差放鳥にしています。きゃっちがいくら毛引きしてアピールしても、咬みつく限りはダッキュウちゃんには近づけさせませんでした。
コメントをくださった方が過去記事をすべて読んで、それでも『説得力がない』とおしゃるのなら、失敗談は隠して当たり障りのないことだけを書いている別の方の記事をお読みください。
そのとき困っていることがあったらそれを書く。問題に対してどんな対策をとっているか、ある程度まとまったらそれを書く。私は日々あったことを暇があったときに書いているだけです。
事例として出しているだけで『説得』とか『説教』をしようと思っているのではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
あ、そうだった・・・今日のタイトルは・・・『モテモテ』だった・・・
↓2歳のパピヨン君に持てている毛毛(中国語読みでモンモン)
s-2009-06-16 006
『オバーサンだからやめときなさいよ・・・』って言ったんだけど、カンスケ君は毛毛が好きらしい・・・。

↓男の子にもてているジュリア
梅雨
梅雨の合間に散歩に行ったら男の子が3人遊んでいて『コンニチハ』と言いながら寄ってきた。前にも会ったことがあるようだが・・・・あまりにもたくさんの人に会っているので・・・いつ会った子だか覚えていなかった・・・・。

また、誤解されないように一応書いておくが、子供の腕に安心してジュリアを乗せられるようになるまでに慎重に訓練して4年の歳月をかけている・・・。
『この子は大人しいけど、咬みつくオウムさんもいるからむやみに手を出しちゃダメだよ』と注意もしている。
・・・・・・・・・・・
・・・・
しかしなぁ・・・・配慮してるつもりでも、やっぱり表現の仕方が悪いと誤解されちゃうな。
今後表現には気をつけます・・・。
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

うーん・・・うーん・・・(苦笑)
まっ、いろいろあらーなー・・といいたいかなあ~~
どんな動物を飼っていてもいろいろありますから・・

同時放鳥は本当に難しいこともあります。
特に我が家の銀河やポーのような少し問題のある子は・・
我が家でもケリーのときは小さい子たちも一緒に放鳥できましたが、今は時間差で大きい子が外に出ているときは絶対に出せません

これは大きい銀河やポーに問題があるわけで、小さい子たちはそのかわし方は充分しっているでしょうが・・まぁ~万が一に備えてのことなんですよ

ベルちゃんはちょーっと夢中になりすぎたんでしようねえ~~
紳士のベルくんにもいろいろあらーなー・・ですよ

我が家にも毛引きと性格欠陥鳥がいますけど・・趣味では飼えませんなあ~~(苦笑)
それでもかわいいですよ

>ケーちゃんのままさん
旧日記のときから時々注意書きしてたんですけどね。
『絶対に真似をしないでください』
最近慢性化して書いてなかったね。
・・・・これは反省・・・。
鳥と鳥との詳細な力関係について書いていてもきりがないし、どういう対策を講じているかをいちいち書いても内容がつまらなくなってしまうし・・。
事故ったことを書くと見下した批判が来るね。
やっぱり、無理して記事を書かずにおもしろおかしいネタができたときだけ書くのが良いのかと思ってしまいました・・・。

まっまっ・・・
失敗談がなければねぇ~~(苦笑)
それこそ学習するところがなくなるではありませんか

それにテンニョインコなんてみだがはらんさんのところで始めてみましたし・・私の知識不足かもしれませんが、他の方で飼っていらっしゃる方、見たことがないですよ

たくさんの方はちゃんとしてらっしゃることをご存知だし、やっぱり「なるほどぉ~~」と感心するサイトもなければねぇ~~

私の友達も捨て犬や病気だった犬を進んで引き取っていますが、口の悪い人には「なんぼもーてる」って言われるて

でもそんなことを言われても引き取るわけは・・言わずともわかってもらえると思います
・・・なんですよ
どこでもいます、ただ、学習の場をなくさないでぇ~~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

う~ん

私も日々動物たちに起こった日常を日記に書いている
だけにとても人事とは思えず、考えさせられました。

私もみだがはらんさんの意見にはとても共感しております。確かに悪い記事は書かず、良い・おもしろい記事だけ
書いている方がかっこもつきますし、批判されることも
ないでしょう。しかし、我が家で起きた事件などを
書くことによって、こういうことも「起こりうる・ありえる」という
ことを他の方にも知ってもらい、それが少しでも
(おこがましいかもしれませんが)他のおうちで
同じようなことが起きないようにと願う気持ちから
ありのままの出来事を私も書いたりしています。

みだがはらんさんのおっしゃる通り、いくら気をつけていても気をつけていたつもりでも、動物たちは予想だにしない
行動をとる場合があります。ここでもまた、それが気をつけていない。と言われてしまえば何も言えなくなって
しまいますが。
私もインコ歴は20年以上ですが、それでも失敗はありますし、動物たちから学ばされることも多いです。

表現は難しく、そんなにすべて事細かに日々の出来事や
状況などを書き綴っているわけでもないし、ブログだけを
読んで誤解される方も中にはいらっしゃるのでしょうね。

長くなりましたが、何が言いたいかと言いますと、
みだがはらんさんはとてもとてもよくやってらっしゃると
思います。
みだがはらんさんのブログに書き綴っている思いを
理解して頂けないのは悲しいですが、
これからもがんばってください!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

色々ありますね。

こんにちは。
初めての書き込みですが、いつも拝見させて頂いています。

我が家はセキセイとオカメ各2羽ずつの4羽をほぼ放し飼いにしています。もちろんオカメとセキセイが取っ組み合いの喧嘩をして流血した時もありますが、鳥たちの社交性と考えています。

でも、鳥飼いの方たちは、相手がか弱く繊細な鳥達なので守らなくちゃ!って考えが前面に出てしまう方が多いのかもしれませんね。でも、人それぞれの考え方なので、どちらが正しいというのは無いと思いますが・・・。

今日書き込みしたのは、みだがはらんさんの考え方も有りだと思うので、頑張って下さい!伝えたかったのでした。
ジュリアの成長が眩しいですね!!ヽ(*^▽^*)ノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

>ケーちゃんのままさん
ま、いろいろあら~な・・・。
今日もア型バーちゃん関係で必死こいてました…鳥とは関係ないけど…。
でもやはり勘違いされないようにいちいち説明書きのようなものをつけながら長々と書くには時間不足だし、簡単に書くとつっこみされる危険性があるし・・・やっぱり時間があるときにだけ丁寧に書く必要があると思いました…。

>?その1さん
人にパーフェクトを強要したり誰かに責任を押し付けたりすることは一番安易で簡単な方法だと思っています。しかし、その技を高めたければ国会討論をじっくり見ましょう。私は人間心理に関する『事例』の本が好きですが・・・。

Re: タイトルなし

>?その2さん
ありがとうございます。しかし、時間のないときに短く記事を書く危険性を感じました。
でも、頑張って続けますよ・・・時間があるときに・・・ひぃ・・・。

Re: う~ん

>ぽんたさん
ありがとうございます。
時々繰り返すように説明書きしたり、こちらの考え方を書いたりするようにもしてきたのですが、『数が多い』というだけで『この人は危険だ』と思われてマークされてしまっていたようです。
・・・もっと信じられないくらいに多い人けっこういるんだけどね・・・。
で、失敗談を短く書いたら突っ込まれてしまった・・・ということです。突っ込んだ方を非難するつもりはありませんが、むしろたくさんの人が来ているブログに安易に批判的なコメントを入れるとHNを変えなければならなくなるような事態が起こることもあるので、そちらの方を心配しましたが・・・。

Re: はじめまして!

>?その3さん
ありがとうございます。
地道に頑張ります。
・・・・ネタ・・・・ネタが少々不足気味・・・・書きたいことはあるんだけど・・・・書きかたがやっぱり難しい内容で・・・う~んう~ん・・・

Re: 色々ありますね。

>とよとよさん
ありがとうございます。
ジュリアちゃんはね~~今日も居間でパパにくっついて、ママを追い払おうとしていましたよ~~
・・・・やっぱりパパが好きなのね~~~~笑

Re: タイトルなし

>?その4さん
ありがとうございます。
でも、ちっとは反省してるんですよ。
もっと時間をかけて勘違いされないように表現しなければならないと・・・。
でもね・・・万人に勘違いされないような表現にすると・・・面白い表現やジョークは入れにくくなる。ましてや『写真マンガ』なんかとてもじゃないけとUPできなくなります。
鳥たちをキャラクター化して表現することなどとても無理。
今回は各鳥がその性格や特長によってキャラクター設定してあって、どちらかというと『写真マンガシリーズ』に近い表現をしてあったということが分からない人には理解できなかったかもしれません。
まあ、それでもめげずに『アホ』は続けようかと・・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。