訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また半年かかるかな・・・

さてさて・・・
いろいろとトラウマを抱えたアオメキバタンは、当時はずいぶん『男嫌い』で、さわれるのはママだけだったのだが…
半年後に長男のみっち君をパートナーに決めてからは、逆にママに咬みつくしぐさをするようになった…
されども毎日の『お散歩』の甲斐あって、『オンリーワン』になることは回避された…
『男嫌い』も治って行った…
そして…
赤ちゃんにも優しいオウムちゃんになった…
zuri1.jpg
↓ 自分のパートナーに近づく者に攻撃してしまうのがオウムの習性だと考えた方がいいと思う。ジュリアもお兄ちゃんになつき始めた頃は独占しようとしてママや末っ子のむっちに攻撃することがあった。お散歩効果は絶大だったと思う…。孫のしょーちゃんに咬みつくこともない。
zuri2.jpg

しか~し、オウムの心は難しい。
元パートナーだったお兄ちゃんに対してはやはりなかなか心を許さない。
↓自分を裏切って帰ってこなくなったお兄ちゃんに心を許すようになるのに、また半年かかるかなぁ…。

[高画質で再生]

バイバイ・・・ [小説]

我が家と同じように、はじめその家の『お姉ちゃん』になついていたのに、進学のためいなくなったら手がつけられないほどの『凶暴オウム』になってしまい、いろいろ手を尽くしたがどうにもならず、施設に預けられることになったとういうオウムさんもいる。(有名な『踊る雪球』ちゃんだね…わかるかな?……ダンシングスノウボールちゃん…)
我が家の場合はパートナーをパパに乗り換えていって凶暴化することはなかったし、やはり『常にたくさんの人と触れ合うお散歩』の効果があったかもしれない。

まあ、半年粘ろうと話している。
天候が良くなったら、お兄ちゃんとお嫁さんの二人で、ジュリアをお散歩に連れて行ってもらおう。
続けることによって、また変化が見られるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

お兄ちゃんがいなくなっても時々帰ってきていたのですから忘れてしまっていると言うわけではないですよね。
(実家のセキセイインコは滅多に顔を出さなくても、大歓迎してくれます。)
裏切られたという気持ちがあるんでしょうか。

今度はお嫁さんがいるから、ジュリアちゃんの立場も変わってくるんでしょうね。

早く仲良くなれますように。

Re: タイトルなし

>barmymama さん
レス遅くなりまして申し訳ありません。
アオメは特にオンリーワンになりがちな種類ですから、愛情が強い分だけ『可愛さあまってにくさ百倍』になってしまうのでしょうね。一途ですから新しいパートナーのパパへの裏切り行為もしたがらないようです。変化が見られたら、またお伝えしますね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。