訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はげます秋

たまには「まとめ」をしなくてはならない。
ハゲハゲで、警戒心が強く、トラウマをかかえていたアオメキバタンのメスを引き取って、それを腕に乗せて近所の公園で散歩を続けたらどうなってきたか…ということの報告だ。
今年でお散歩7シーズンめ。

初期の頃に比べ、ジュリアの様子は全く違ってきている。

そもそもアオメキバタンの女の子と言うのは、神経質で警戒心が強い。そして、オンリーワンになりがちな傾向が強いらしい。
それを克服するための『散歩』だったのだが、ジュリアさんは7年間でかなりの学習をしたようだ。

3年目までは飼い主の腕にしっかりしがみついて怖がっていて、ぜったいに下には下りなかったのだが、最近は公園に着くなり腕から飛び降り、トコトコと芝生の上を歩いていってしまう。
子供たちやお母さんたちが近づいてきて手を伸ばしてもすんなり受け入れ、触られても平気。
勿論飼い主は
「そっとなぜてあげてね。つかまえようとはしないでね。」
など、注意はする。

ジュリアさん、よそのお母さんにカキカキしてもらいながら、気持ちよさそうに頭を摺り寄せ、カタカタと嘴を鳴らしていたりもする・・・。

昨シーズンまでと違うのは飼い主の肩の上に、フライトスーツを着たオウムが乗っているということ。
実はジュリアさん、それが気に入らない。
腕に乗せて歩いている間中、ジュリアは肩の上の金平糖を警戒している。
で、公園に着くととびおり、これ見よがしによそ様に甘えに行く様でもある。

これもまあ、その内変わっていくかもしれない。

7年間でずいぶん変わったのだから。
少しの変化もたまれば大きい。

アオメのメスが…公園で…子供たちになぜられたり、腕に乗ったりしていて、しかも咬まないのだから…
…もしかしたらこれは凄いことなのかもしれない…が…いつものことだから当たり前になってしまっている。
次回の散歩にはカメラを持っていこう…。

今回は室内で撮った写真ばかりで
すみません…

9月の7

9月の8

9月の8

9月の10

9月の2

9月の3

9月の4

ジュリアさんは毎年9月末から羽かじりがひどくなる
だからタイトルの「はげます秋はハゲ増す秋!
9月の5

9月の6

9月の9

9月の11

9月の12

9月の13

9月の14

9月の1

…おしまい…
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

いやいやポーもいい勝負、いやいや絶対禿げ度では勝ってますよ(苦笑)
いまだに体はまだ「すっぽんぽん」ですからねえ~~

ジュリアちゃんは優しいから
金平糖ちゃんもそれとなく受け入れているんでしょうねぇ~~
ポーなら即座に「カツンッ」が大喧嘩になるか・・・
本当にオスは荒いわぁ~~(苦笑)

Re: タイトルなし

>ケーちゃんのままさん
「冠羽をかじる」という点ではジュリアの方が勝っておりますぞ!
・・・って、勝ち負けの問題じゃないんですが…爆笑

「女心と秋の空」
ジュリアさん金平糖に嫉妬しているのか、今日のお散歩では老若男女問わずにこれみよがしに甘えに行っておりました。
引き取った時からジュリアを知っている近所の方に
「すごい進歩したね」
と言われましたが、飼い主には逆らっている訳で、はてさてこれからどうしたもんだか…苦笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。