訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『売り物にならないから頼む』と言われて来た子

ぶつくさぶつくさ…
写真がなくてすみません。
よく行くホームセンター○サシのペット館は、最近評判悪い。
なぜかというと、小動物コーナーのスタッフが動物のことなんか全く分かっていない店員さんになったからですね。
以前いた方は、鳥さんが大好きで、障害がある子でも少しでも長生きさせてあげようと思って一生懸命鳥さんたちのお世話をしようと必死だったかただったのです。
でも、一生懸命やりすぎて肺炎が悪化して鳥さんのお世話をすることをお医者さんに止められてしまいました。

その愛情たっぷりの店員さんに
『売りのもにならないから頼めないか?』と言われて我が家に来た子は3羽。
セキセイインコで腱はずれの太陽と。
オカメインコであちこち障害があったポヨと
毛引きしていてやせていて、嘴と指に障害があったコガネメキシコインコの甘金タン

セキセイインコの太陽は元気!

しかし、ポヨと甘金タンはいろいろ~と健康に問題があった。

飼い主頑張ったんだけどね。
ポヨと甘金タンが落ちてしまった。

ブログでこういうことを書くと、批判に喜びを感じている人が「あそこは良く落ちるのよ」と大喜びで自分の発見を人に伝えたりすることもある。

あのね。
セオリーじゃないことをやってるからね。

ポヨちゃん甘金タンちゃん

いつもいつも甘えてきてくれていてありがとう。


幸か不幸かペットレス症候群にはならないなぁ
たくさん甘えてきてくれる子がいるから。

しかしなぁ~鳥分野に関しては
最新知識を持った獣医さんが富山にはいらっしゃらないことが問題なんだけど

叫ぶぞ!!

お~い!
東大の獣医学科に行ったK君!
君が二十歳の時に「鳥のことも勉強してかえってきて!」などと言ったりしたけどまだ修行中!?

ん!?
東大だったら逸材すぎて
帰るの無理?
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

小さい子はねぇ~すぐそう言われるよねぇ~~

でも精一杯生きて、楽しかった・・鳥性じゃあ~なかったかなぁ~

毛引きがあって凶暴も・・どーかなぁ~~
こんなお話を読むと、あの時ポーを助けていなかったらいまごろどうしているかなぁ~と考えます
あの時私は「あの子の運に任せたら・・」と思いましたからねぇ~~

ポヨちゃんと甘金タンちゃん、残念でしたね…
私も福岡にいた時、鳥専門の病院がなくて落鳥させてしまったことがあります
今は近くに専門の病院があるので、本当に助かっています
もっと日本にも鳥に詳しい方が増えてくれると良いですね

先日、ケン・マッコート氏の講座に参加しましたが
「毛引き」の鳥さんの対応の仕方も紹介していました
…が、すでにみだがはらんさんは実行されているようで
さすがだなぁと思いました
鳥さんは隅が好きだそうで、丸カゴより角カゴ
隠れる場所を作る
自分の羽根の代わりにかじったりひっぱたりするおもちゃを入れる
(おもちゃは好き嫌いがあるのでたくさんあげて好きなのを選ばせる)
おもちゃに餌をねじ込んで興味を持たせる
…コレで、頭以外ハゲちゃびんのヨウムちゃんが
ふさふさに戻ったそうです(^^)
もう実行されてると思いますが…(^_^;)ご参考までに♪

初めまして

いつも拝見していますが、初めてコメントさせていただきます。
今まで読み逃げですみません・・・。

ポヨちゃん、甘金タンちゃん、残念でしたね(涙)。
色々な意見があるとは思いますが、私はみだがはらんさんを尊敬しています。
毛引きや障害のある仔を引き取るのは、とても勇気と覚悟が要ると思いますし、
なかなか真似できることではありませんよね。

実は、つい先日愛犬を看取りました。享年14歳でした。
最期の数カ月は自力で動くこともままならず、24時間の介護になりました。
私は、今思い返してみても、あの子に充分な愛情を注いでいられたのか・・・
あの子は私の家に来て幸せだったのか・・・と考えてしまいます。
そんなときは、こちらの少し変わった鳥さんたちとみだがはらんさんの日々の奮闘を覗いては、励まされていました。
私の勝手な思いですが、みだがはらんさんには、とても感謝をしています。
ありがとうございました。

ケリーちゃんの記事も拝見しました。
私は、今まで小学校の鶏やチャボの世話をした程度の知識しかありませんが・・・、
ケリーちゃんについては間違った情報を信じてしまった元親さん、インターネットが普及していなかった時代背景、元親さんの置かれていた当時の状況など・・・、様々なことが重なり合って起きてしまった悲劇でしたね。
それはとても悲しい出来事でしたが、それでも素晴らしいこともありましたよね。
人間不信にならずにヒトと共に生きることを選んでくれた、穏やかな優しさを捨てずにいてくれたケリーちゃんと、難しい毛引きの状態のケリーちゃんを引き取り、愛情をたっぷり注いで包み込み、最期まで看取ってくれたケーちゃんのままさん。
私は今まで人間は(自分も含め)自分勝手で自己中心的なエゴの塊だと思っていましたが、こういう話を聞くとヒトもまだまだ捨てたもんじゃないと、ほんの少しですが嬉しくなります。
きっと、この「ほんの少し」の積み重ねが大事なんですよね。

残念ながら、ブログもHPもないのでネット上では難しいですが、私のできる範囲で地道に広めていきたいと思います。


ケーちゃんのままさんについてお伺いしたいことがありますが、宜しいでしょうか?
ケーちゃんのままさんのブログの更新が1月29日で止まっていて、心配しています。
うちのPCがおかしいのか、ブログサイトが別のどこかへ移られたのか・・・?PCにも初心者なのでまったくわかりません(汗)

このようなところで、申し訳ありませんが・・・、お忙しいとは思いますが教えていただけると嬉しいです。

これからも、陰ながら応援させていただきます。
長文、乱文失礼いたしました。

これから冷える季節になりますが、どうぞ皆様ご自愛ください。

ユーリーさん・・
どうもご心配かけてすいません
なにかととりまぎれていて・・・
いやいや・・元気にしております。
mixiでブログをしておりますので、よろしければ・・(^_^;)

ケリーから愛情を注がれていたのは人間のほうです
本当にあの子の無償の愛にすっぽり包まれておりました
大切な子を亡くして初めてその存在の大きさにきずきましたし、あの子の愛情の大きさを知ることになりました。
もう4年にもなるのに・・・まだあの子の姿がみえないことをとってもかなしく思っています


のりさん
我が家にもひどい毛引きのキパタンがおります
我が家もおもちゃに日光浴、ペット用アロマに加湿とありとあらゆることをしていますがなかなか改善しておりません
この子は多少の虐待もあり、人となかなかうまく付き合えなかった子です
3年かかってやっと普通のキパタン並になりましたが、まだまだ毛引きを治すには時間がかかりそうです

毛引きを治すには毛引きをしていた時間の倍の時間がかかるといわれています。
この子は5年以上毛引きの状態でしたので・・完治するには果てしない時間が必要かもしれません
ただ・・それ以上に今が幸せかどうか・・を考えてあげたいと思っています

いまだにダッキュウを手放したことをすまなく思っています。落ちたことは仕方ないと思っていますが、
いまだに泣けてきちゃいます。

わたしの代わりに愛情を注いでくださってありがとうございました。
落ちた子たちも、幸せだったとおもいますよ~
シクシクシク

こんにちは

ケーちゃんのままさんへ
お返事ありがとうございます。
お元気な様で安心しました。

私は、住環境などの理由でお迎えすることはできませんが、大型のインコやオウムにとても憧れています。
もちろん、一緒に生活することやお世話を続けることが大変なことは色々な鳥飼いさんたちのブログなどで拝見してわかっているつもりですが・・・。
自分ではお迎えできないので、こうして皆様の鳥さんでお迎えしたつもりで癒していただいています。
実際、触れることも一緒におしゃべりやお散歩を楽しむことはできませんし、バーチャルのようなものではありますが、あちこちにお友達がいるような気分に(勝手に)なっているので、実は結構満足してます。

これからも、みだがはらんさんやケーちゃんのままさん、その他の皆様のたくさんの鳥さんを『お友達な気分』で拝見させていただければと思います。

何度も失礼いたしました。

ポヨちゃんと甘金タンちゃん 
2羽も虹の橋をわたってしまって寂しくなりましたね

甘金タンちゃんがブログに出た時には
そのきれいさとお名前に私はすぐにファンになり、ブログに登場する甘金タンちゃんを楽しみにしておりました

この記事を読んですぐにはコメントの言葉が出ず。。。
寂しく悲しい想いがいっぱいです

でもみだかはらんさんのところでポヨちゃんも甘金タンちゃんも楽しい幸せな一生だったと思います

そして
鳥さんの専門医が富山にいたらととても思います 


東大の獣医学科へ行ったK君
早く修行を終えて富山へかえってきてください

はじめまして

腱はずれで頑張っているインコちゃんを探していてたどり着きました。
いい方に出会えて太陽くんは幸せですね^^

我が家のむすめは生まれつき腱はずれだったので、育てるのは当然でしたが、病のある鳥を引き受けて育てることはかなり勇気のいることだと思います。

落鳥は誰にとってもツライものです。

楽しいブログ、また拝見させてください^^
お互い子育て頑張りましょう。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。