訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願い

書き出す前にお願いがあります。
当サイト『キィ~!バタバタ・ん!?in富山』は開設3周年を迎え、カウンターも90000を越えました。
(注 HPのカウンターは一日に何回アクセスしても、どんどんカウントします)
お越しいただいている皆様には心から感謝申し上げます。
ひと月ほど前から日記をブログにしたことで新しいお客様もいらしているようです。
(注 ブログのカウンターは一日に何回アクセス一カウントです)
それで、3周年めで一度これまでを振り返りたいと思います。
おふざけなしで、本気で書こうと思います。
これまでひかえて書かなかったことも付け足したいと思っております。

そして、最後に友人のオウム『ケリー』ちゃんのことをたくさんの方に伝えたいと思います。
出来るだけたくさんの方に超毛引きオウム『ケリー』ちゃんのことを伝えたいのです。

(飼い主さんからは許可を取ってあります)
ですから、
ランキングをあげてください!
『鳥類』のランキングではなく、『ペット総合』ランキングの上位まであがりたいのです。
(現在26位です・・・犬と猫ばっかりだし・・・)
名を上げたいのではありません。
ケリーちゃんの話を広め、オウムについてもっと考えて欲しいのです。

昔から旧日記の方をみていてくださった方々が全員『一日一ポチッ』をしてくだされば、ケリーちゃんの話をするまでにかなり上位にいけるでしょう。
ケリーちゃんの話をし終わるまでで結構です。
新しく来てくださっているかたも、みだがはらんの日記が少しでもおもしろかったら、「ポチッ」してください。
お願いいたします
boti2


スポンサーサイト

テーマ: アオメキバタン
ジャンル: ペット

コメント

ケリーちゃんのサイトはどこですか?
良かったらURL貼ってください♪

>AOITORIさん
メールでお知らせしました。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
まるさんとごんじさんの所からまいりました。
あーです。

我が家のヒインコのオンちゃんも、いろんな事情(あえてブログではあんまり触れてないです)で来ました。
と言う訳で、協力しま~す。
1日1回クリックしますね。

私もいつかオウムをお迎えしたいと思っています。
なので、いい面も悪い面もみだがはらんさんの視点で教えていただけたらな、と思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

>あーさん
ありがとうございます。
ブログのほう見させていただきました。
オンちゃんの尾羽は羽齧りのようですね。
根元まで齧ってある風きり羽もジュリアのと同じです。
習慣化しないうちにあーさんのところにこれたようで、よかったです。
リンクさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。

やっぱり。

そうだったんですね。
たぶん家に来てからは羽齧りして無いと思うんですが・・・。

リンクありがとうございます。
私のブログ側でもリンクさせていただきますね。

追伸。。。
今日、セキセイのてっちゃんが初無性卵を産みました。
ひょえ~~~~です。
しばらくこっちの勉強もしなくてはいけなくなりました。
ふ~っ。

羽かじり

>あーさん
羽きりによって羽かじり始まることもありますし、おもちゃ不足や精神的ストレスでかじる場合もあるでしょうね。
環境が変わることで羽かじりが治まるケースもあるそうですよ。
ジュリアはうちに来て2ヶ月間はかじりませんでしたが、長期間の羽かじりですっかり習慣化していましたから、またかじり始めました。
要観察です。
てっちゃん心配ですね。卵を産み続けるメスは寿命が短くなりがちなようです。
早寝、遅起きにするとか、『卵を産みたくなくなる環境』が必要なようです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。