訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醜いオウム

ある程度の知識はあった。
中型インコまで迎えていたし、本も読みまくっていたし、ネットで調べることも始めていた。
大型オウムが素晴らしいことも知ってあこがれていた反面、日本のペットショップ事情で迫害されて、ハゲハゲになってしまったオウムさんがいることも知っていた。利己主義の店主にケージをバンバンたたかれて、自由に雄たけびを上げられないでいる、迫害状態のオウムさんが日本全国にたくさんいるということも知っていた。飼い主の無知のせいで、本来の心の豊かさを伝えられないでいる鳥さんたちがいることも、ある程度はわかっていた。自分も子供の時は分からずにセキセイインコを飼っていたのだから。
しかしね、人が書いたのを読んだ知識ってまだまだ手薄なんだ。実体験が伴っていない。実体験が伴っていない『知識人』が集まって話し合うことを『机上の空論』というのだよ。
だから、大型オウムに関しては『机上の空論』程度だったんだ。
大型オウムは情緒が豊かで素晴らしい。賢い。一度一緒に暮らしてみたい、と思ってはいたんだけど、なにせ、お値段が高すぎる。子供が3人もいるから養育費も学費もかかる。寝たきりじいちゃんを抱えてお仕事も退職してしまったから、収入がない・・・。そんな状態だったんだ。


そのオウムは突然目の前に現れた。
まるでぼろ雑巾のようにみすぼらしかった。落ち着きがなく、体を左右に振っていた。身動きが取れないほどのケージに入っていた。きたならしかった。病気みたいだった。
でも、顔の周りだけは綺麗だった。嘴も綺麗だった。PBFDではないなと思った。
だから、手を入れてみた。
そのオウムは顔を手に摺り寄せてきた。カキカキするともっと寄ってきた。
『こんにちは』と言ったら『バイバイ』と言われた。
立ち去ろうとしたら、『こんにちは』と言った。ケージに近づくとまた、『バイバイ』と言った。立ち去ろうとすると『こんにちは』と言った。

変なオウムだったんだ。

白色オウムにはあこがれていたのだが、本当はやめておこうと思っていた。なにせ、長生きだからね。
大型オウムの寿命は40年以上ある。自分が死ぬまでに責任持って面倒を見ることはとてもできない。
飼い主に先立たれて悲しい目にあわせるのは御免だと思っていた。
予算も足りない。寝たきりじいちゃんのところに毎日通うのがいつまで続くかわからない。寝たきりじいちゃんを老老介護しているおばあちゃんが倒れでもしたら、事態はますます悪化する。
とてもじゃないけどハゲハゲオウムの面倒をみている暇なんかない。

だけどね、そのオウムさんはすりついてきたんだ。
どうしても、無視することが出来なかった。旦那さんは「お金ためてブリーダーさんからいいのを買おう」と言ってくれていたのだけれど、どうしても、目の前に突然現れた醜いオウムをそのままにしておくことができなかったんだ。
醜いオウム

・・・つづく
boti2


スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: オウム キバタン 毛引き 羽かじり 羽齧り

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。