訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それなのにオウム飼ってるの!?と言われた話

ボランティア精神で、「お客さんがオウムの爪切りをしなければならなかったペットショップ」に行ってきました。
不幸中の幸いで、新任採用の店員さんがみだが羽蘭の読者だったので、なんとかなったかな…。

さすがは富山だなぁ~~~どういう意味なんだ!?

まあとにかく、…
「オウムはヒマワリの種さえ与えておけば良い」
と考えている年代の責任者さんに上手に話して…色々お考えを改めて頂けるよう…
お心を傷つけないような会話の仕方で、ご意見してきました。
・・・
で、本当はうちの鳥連れて行きたくないんだけどね…

フライトスーツなるものを責任者さんに見せる必要があったのです…
だからフライトスーツを着せたソロモンオウムの金平糖を連れて行ったのですよ…。

本当は怖いんですよ…いろいろと…

責任者さんはすぐに気に入ったようで…
足に鎖をつけるのはやめようと思ってくださったようです。
まあねぇ…
ちゃんと設備が整った状態で…つまりしっかりした止まり木が設置してあって…
志村動物園に出てくるオスのアオメちゃんのようなのね…
まわりを柵で囲ってあってお客さんが近付けないような状態で…
…そんなコーナーがちゃんとあれば足の鎖も妥協できるのですがね…
あの状態で鎖はやめられた方が良いと思うのですよ…


さて…
金平糖を肩に乗せて駐車場を歩いていたら…
年配のご婦人が話しかけてきた…
「あなたお子さんいるの?」
……!?
「はあ!?子供は3人で、もうすぐ孫が4人になります…」
「それなのにそんなの飼ってるの!?」
と、あきれた顔をされてしまった…。
・・・
まあ、確かにね…
子どもがいないからペットを子ども代わりにして生きがいを見出している方もたくさんいらっしゃるとは思うんですけど…
正直言って…
…長生きのオウムは子供や孫がいるような人間のほうがいいんですよ…
でなかったら、自分に何かあった場合に引き継いでくださる人を見つけておかないといけないんですよ…
などと思ったが…

まあ、責任者の年配のスタッフさんは
「自分はもう年だから猫さえ飼えない」とか
「オウムは長生きだから、若い人に売らなきゃいけない」
とか、おっしゃっておられて、
とっても生き物が好きな方なのです…
ショップのアオメの女の子が幸せに暮らせる飼い主さんのところに行ける様に願っている。
・・・・
・・・
・・
一応断っておきますが…
私は孫がいるようには見えないはずです…
多分見えないんじゃないかな…
見えなかったら良いな…
…でも、今日もお手入れサボっちゃったな…
……
スポンサーサイト

テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。