訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40年という時間

まず、40年 50年という時間のことを考えて欲しい。
boti2
まだ40年生きていない人は生まれてから今までの時間のことを考えて欲しい。
それがどれだけ長い時間かということだ。
あなたが幼稚園か保育所の庭で遊んでいた時も、ケリーちゃんはケージの中で叫んでいた。
あなたが小学校の入学式に行って胸に名札をつけてもらっていたときも、ケリーちゃんはケージの中で叫んでいた。
あなたが遠足で動物園に行って色々な動物たちを見ていたときも、ケリーちゃんはケージの中で叫んでいた。
電車の中でひまだな~と思っていた時も、ケリーちゃんはケージの中で叫んでいた。
友達と長話をしていた時も、お風呂でのんびりしていた時も、落ち込んでいじいじしていた時も、転んで擦り傷を作った時も、ゲームをしすぎて叱られていた時も、コンビニで買い物をしていた時も、笑っていた時も、泣いていた時も、怒っていた時も、感動していた時も、文句を言っていたときも、いつもケリーちゃんはケージの中にいて『出して!誰か来て!寂しい!』と叫んでいた。

生まれて、歩けるようになって、幼稚園に行って、小学校に行って、中学校に行って、高校に行って、大学か専門学校に行って、、就職して、結婚して、子供が生まれて、その子がまた歩けるようになって、幼稚園に行って、小学校に行って、中学校に行って、高校に行って、進学をどうしようか迷っている頃、ケリーちゃんはやっとケージから出してもらえた。
50年なら・・・・孫が歩けるようになっている・・・我が家の場合・・・
その間、ケリーちゃんはずっとケージの中にいて、ほとんどひまわりの種だけ食べていた。


もしあなたが広さ3畳ほどの部屋に入れられてしまったとする。そこにはベットとトイレはついているが、テレビもラジオも何もない。小さな窓から空だけ見える。食事は毎日同じだ。ご飯と味噌汁だけ。係りの人が運んできて、一日分を置いていく。勿論おもちゃもない。遠くで何かの音が聞こえるだけだ。
きっとあなたは叫ぶだろう。泣くだろう。呼んでも呼んでも誰も来てくれない。ひたすら待つだけ。
何もすることがなくてつまらないから、ちょっと自分の髪の毛を引っ張ってみる。ちょっと痛い。でもその刺激で暇つぶしが出来る。体中の毛を一本一本抜いてみる。毛はまた生えてくるから、また抜いて暇をつぶす。それに飽きたら爪で皮膚をひっかいてみる。『痛い』しかし、刺激的だ。痛いからまた引っかいてみる。何度も何度も同じところをひっかくから、やがてそこには毛が生えてこなくなってしまう。
それでもつまらないから、あなたはいつか癇癪が起きて、部屋の壁に頭を打ち付けるようになるかもしれない。それでも心は決して満たされない。今度は部屋の中で大暴れをしてしまう。そうしたら、ベットの角に顔をひどくぶつけて、片目がつぶれてしまうかもしれない。
ケリー9

それでもケリーちゃんは優しい心を失わなかった。

以下の文はケリーちゃんを引き取ったままさんが書かれたものです。ご本人の承諾を得て、ここにUPさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我が家のケリーはタイハクオウムです。
推定30歳から35歳くらい(でも推定40年以上、ひょっとすると50に近い年だとわかりました)
最初はきっとお船に乗って日本へ来たかも知れません。
どこかのおうちからあるご夫婦のところへやってきました。
お店(スナック)をやってる奥様にお客さんが
「きれいだから看板鳥に」って・・
やってきた当初は本当にきれいな鳥さんでした。
お客さんの中でテレビ局の方がいて、あんまりきれいだからテレビのコマーシャルに出たこともあるそうです。
翼の力も強くって、片方4車線の道路を一気に向こう側まで飛んだこともあるそうです。

それも数年すると毛引きが始まりました。
でもまだまだ、ケリーはきれいでした。
そのうち奥さんが病気になって、おうちに帰ってこれなくなりました。
ご主人は会社と病院とをいったりきたり・・
ケリーは一人ぼっちの時間が多くなりました。
寂しいから呼んで、よんで、呼んで・・
寂しいから・・抜いて・・抜いて・・
寂しいから・・・また絶叫して・・・
朝も・・昼も・・夜も・・夜中も・・呼んで、絶叫して

でもご主人のことは大好き、ご主人もケリーのことは大切に思っていました。
でも・・長い時間を一緒にすごそう・・とはあんまり思わなかった。
そのうち、病気の奥さんがなくなりました。
帰ってこなくなったおかーさん・・
きれいだった体も皮膚だけ・・
たくさん飛べた羽も・・ぼろぼろ・・
ゲージに打ち付けて片方の目も見えない・・
それでもケリーはおうちのゲージの中にいました。

そのうちご主人がたまにしかおうちに帰ってこなくなりました。
ご主人のお母さんが病気になったから・・
でもケリーのことは大切で、餌と水だけはって・・
長い時間一人で・・ひとりで・・
鳴いて、呼んで・・呼んで・・
「かーちゃん」ってよんで・・「わんわん」って怒って・・
だーれも答えてくれない・・・

ある日まったく知らない男の人がケリーのゲージを抱えて何かに乗せました。
「ぶおーん」って言うのは・・「車?」
「どこ行くの?だれ?・・」
長い時間「ぶおーん」の音を聞きながら・・
次にゲージにかぶせてある布が取られたときには女の人が・・
「うーん、すごいくさい~~、でもいらっしゃい」
だれ・・だれ・・どこ・・
お部屋に上げられて、女の子がゲージの前に・・
「あっ、きたんだ~~」
だれ・・だれ・・
男の子も、少し大きいお兄さんも・・
だれ?・・「おかーさん」
みんなあの人のこと「おかーさん」って呼ぶよ
「おかーさん・・」
「これ、食べる?」
ん??なに?これ・・あまいよっなんだか覚えてるけど・・
ずーっと昔、おかーさんからもらったあまいもの・・(りんご)

かーちゃん、かーちゃん、あたし、ここにいていいの?
もうだれもどこにもいかない?
あたし・・一人にならないの?

見えなくなった片方の目はもう一生見えないでしょう。
毛引きも治療中
ケリーの災難
また始まったのかも
我が家で、叱られたり、すねたり・・甘えたり・・
独占できないかーちゃん
でもみーんな毎日帰ってきてくれる。
鳥仲間もできて・・
みーんな、みーんなかえってきてくれる。ねっ、かーちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケリーちゃんがケージから出してもらえていたのは最初の2,3年だけ。そのあとは、ほとんど部屋の中に一羽だけの状態で過ごしていたようです。
犬も飼っていらっしゃたので、ケリーちゃんは「わんわん」と言いますが、犬は大嫌い。犬は自由に走り回っているのに、自分は絶対に出してもらえなかったのですから。
特に最後の半年ほどは、元の飼い主さんが2日に一回餌(ひまわりの種)と水の交換に来るだけで、誰もいない家の中でひと冬越したのです。
そして叫び続け、叫び続け、寒さにも耐えて、長い長い時間を待って、暖かくなった頃、やっと次の飼い主さんに引き取られました。
元の飼い主さんがケリーちゃんを心配していなかったわけではありません。ただ、どうしてよいのかわからなかったのです。あまりにもひどい状態なので『安楽死』を考えたこともあったとのことです。
ケリー日光浴

ケージの扉が開らいて日の光を浴びられるようになるまでに、40年以上ケリーちゃんは待たなければならなかったのです。
続きは数日中に・・・。
boti2

スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

タグ: オウム 毛引き 自虐 タイハクオウム

コメント

胸が痛みます。

目頭が熱くなりました。
どうしてこんなことに…orz

長生きで、優しい大型の鳥さん。
その人生のほとんどを、悲しい気持ちで過ごすことになっていただなんて…もしも、自分だったらと思うと、やりきれません。

ケリーちゃんサイズの鳥さんの寿命は40~50年
人間はその1.5倍から2倍は生きます。
鳥の時間は人間の1.5倍から2倍の早さで流れているということ。
例えば、1週間ペットホテルに預けたなら
人間の10日から14日は会ってなかったと鳥さんは感じるのです。
だからケリーちゃんは人間でいうともっと長い時間押し込められていたことになるんです。
気が果てそうです。絶望を感じたでしょう。
それでも人が恋しくて恋しくてしょうがなかったケリーちゃん。涙が出てきます・・・

涙が出ます

どんなに辛かったでしょうか
ケリーちゃんのことを考えると胸が締め付けられます。
出してもらえて本当によかった。
たとえそれが短い時間だったとしても。
本当に本当によかったです。

>ひなたさん
昔の人はインターネットで情報を得る手段はなかったから、情報は伝わりにくいから、分かっている範囲内で、それでも一生懸命に面倒をみていたんだね。オウムはひまわりのの種だけ与えていればいいと思っていた。だから、奥さんが病気になっても、お母さんが病気になっても、どんなに時間がなくても、一生懸命、ケリーちゃんの面倒を見てくださっていた。でも、もし、オウムに詳しい人にであっていたら、ケリーちゃんはこんなひどい目に会わなくてもすんだかもしれない。
人間のしたことだから、同じようなことが二度とおきないように、たくさんの心ある人たちに伝えてください。
・・・・
え~っと  大型オウムにも、『凶暴』な子もいるから、気をつけよう。本気で噛まれたら大変な惨事になるから…汗

>野菜ジュースさん
論理にかなった計算ありがとう!!
そうだよね、ケリーちゃんにしてみたら、もっともっと長い時間だったんだよね。
人しか知らないケリーちゃんは人を恋しがっていた。
お留守番の時間が長すぎたね。
悲しみのない自由な空へ、翼はためかせて行きたかったんだと思う。人間も同じ心を持っているのに、なぜこんなことになるんだろうね。

>りのさん
そうなんですよ。胸が締め付けられそうになるんです。人間の無知のなせる業。だけど、オウムのより良い飼い方を知らずに一生懸命世話をして、命をつないでいた元の飼い主さん。それも長い時間だっただろうお思います。
不条理を感じます。

覚えておきますね

あーさんの所よりお邪魔しております。
読ませて頂き自然に涙がでます。
上手く言葉にできませんが生き物であるがゆえに人間にも動物にも色々な出来事や環境があるんだと感じました。
知識不足な事が不幸なのでなくて知識を補うコミュニケーションというか繋がりが希薄だった事が残念でなりません。
同じような事を繰り返さない為にこの情報を広く発信するお手伝いが少しでもできたらと思います。
差し支えなければ私のブログからリンクしても良いでしょうか?

お願いします

>NALさん
レス、遅くなってすみません。
インターネットで情報交換をできるようになった今は、手軽に調べられるようになり、ずんぶん便利になったものだと思います。私とケーちゃんのままさんもネット上で知り合い、情報交換するようになりました。
ケーちゃんのままさんはケリーちゃんを迎えて1年目の頃から、ケリーちゃんのような子がいることをたくさんの人に知っていただきたいという希望をお持ちでした。
どうか、たくさんの心ある人たちにこのことを伝え、ケリーちゃんのような状態になる子が出ないようにお手伝いください。よろしくお願いいたします。
記事の続きは出来るだけ早くUPできるように頑張ります。

どうすればいいんでしょうか

私が毎日通るあるお店のウインドウから、写真のケリーちゃんのように毛引きしてしまったタイハクオウムちゃんがみえます。

大型のインコを飼うにはあまりにも小さいゲージに入れられ、あまつさえ掃除もろくにされていない様子・・・。

ごはんはひまわりの種だけみたいですが、それも中身が入っているのかどうか・・・

お店といっても、専門店のようで、用事もないのに入る勇気もなく、私はその子のためになにもできずにいます。

私は、・・・私はどうすればいいんでしょうか。

>さきさん
う~ん
何県何市のお店かはわからないし、どういう状況なのかも分かりませんが、地道にやる他はないと思いますよ。
お店のオーナーが、どういう人なのかも分からないし、雇われているスタッフの人間関係も分からない。オーナーが金儲け主義の人なら、スタッフもやる気をなくしているでしょう。まず、お店に入って、スタッフさんと顔見知りになって、信用してもらえるくらいの人間関係を築いて、お友達くらいになるまでになって、それから、オウムさんに話しかけて、遊んでやって、時々りんごやみかんをプレゼントしてあげて、そのオウムさんの情報をスタッフから教えてもらえるようになるまで頑張って・・・・若い人には難しいかもしれませんが・・・・。
やってみて心が傷つく結果になるかもしれません。
でも、それを覚悟でやってみるしかないのではないでしょうか?
せめて、そのオウムさんに毎日話しかけることをしてあげることが出来れば、オウムさんもあなたが来るのを楽しみにしてくれるようになるのではないでしょうか?

涙が止まりません

涙が止まりません
言葉になりませんが、何か言いたくて。
ペットには頼れる人が必要ですよね。
うまく言葉にできませんが
動物は敏感ですよね。

>anjaneyaさん
書き込みありがとうございます。
ネコさんもそうですが、ちゃんと自分で考えている。感情も思考も知能も情緒もあります。
それを分かる人間か、分からない人間か、そこのところがなかなか難しいです。

初めまして、こんにちは
はなまるさんのブログから遊びにきました。
よろしくお願いします。
記事を読ませて頂きました。
涙が止まりません。
とってもとっても切ないです。
籠から出られず、自由が失われ寂しかったと思います。
悲痛の思いがあったことでしょう。
でも、最後にステキな飼い主さんと出会い、ステキなお洋服を作ってもらい、たくさん遊んでもらいケリーちゃんは幸せな生涯だったと思います。

>ソラさん
コメントありがとうございます。
たとえケージの中に入っていても、とかえひっかえ人が来て話しかけてもらえる状態ならまだよかったのだろうと思うのですが、過去は取り返しがつきませんからね。
こういう事例も合ったということをご記憶にとどめていただけるとうれしいです。

読ませていただきました

遅ればせながら読ませていただきました。
文字を追うごとに涙が出てきます。コンパニオンバードと呼ばれるこの子達は、人懐っこい性格だからこそですよね。
大型インコの毛抜きやストレスの話はよく耳にしますが、人間だってなんだかの形で癒されたくて鳥と暮らすわけですから、私は鳥だって同じことだと思っています。
人に愛されているという気持ちも理解できる能力を備えているし、寂しいという感情を表現する手段も備えているんですから、本当に考えさせられる記事です。
ご紹介してくださってありがとうございました。

>Rの母さん
お読み頂き、ありがとうございました。
ケリーちゃんの事例は氷山の一角でしょう。なかなか表には出てこないし、出せないのです。ケリーちゃんの事例が、少しでも多くの方々の心の中に生きることを願っております。

はじめまして

RIEさんのブログからきました。

胸が締め付けられます。
人間の気分・感情で動物を飼うのは本当に残酷です。
ケリーちゃん・・・本当にごめんね。

Happy Endで何よりです。鳥は一般的の動物 犬、猫よりもずっと長生きをするので、本当にずっと面倒を見れるかどうか真剣に考えてから飼うべきです。特にオウムだと外見はきれいでも、本当に鳴きはじめるとそれを対処できるかどうかも飼う前に知るべきです。そして鳥は他の動物に較べてもとてもとても繊細な動物です。
ケリーChan、、、やっと春に来たのね。これからは幸せになってくれ~

家にはモモイロインコがいます。今毎日、飼い主に甘えて幸せにくらしているのですが、、、ケリーChanの話を読むと、、、万一私がいなくなったら、彼の面倒は誰がみてくれるのでしょうか?40年は本当に長いです。大事にしなければ、、、今を!

>さんごさん
本当にごめんね・・・ですね。人間がしたことですから。
でもその気持ちを今生きているたくさんの生き物たちに返してやれたらと思います。
ありがとうございました。

>Kasumiさん
うちの子たちを見ていても、実に繊細だなあと、やはり思います。特にトラウマを抱えている子はさらに繊細です。悲しみや恐怖を味わっていますから。
普段から友達の輪を広げ、人間同士で助け合うことを心がけねばと思っています。子供たちが将来絶対に面倒を見てくれるという確証はないですから。仕事や家庭環境の状況によっては子供がいても面倒を見てもらえなくなる子も多いと聞きます。

はじめまして

RIEさまのblogからやってきました。
ケリーちゃんの記事‥泣きながら読ませて頂きました。

人間の勝手で、悲しい思いをさせちゃってゴメンね‥

君の叫びに気付いてあげられなくてゴメンね‥

とても色々な思いがこみ上げてきました。
私のblogでもケリーちゃんのことを知ってもらおうと記事にさせて頂きました。

>黒真珠さん
掲載ありがとうございます。
書いてるうちに涙が出てしまって、書き進められなくなる時もありました。自虐をするに至ったオウムの、表に出せる唯一の事例であると考えておりますので、たくさんの方にお伝え願えることを願っております。

40年

初めまして…。
私もタイハクオウムを飼っていました。
つい先日、突然10歳というまだまだお子チャマの年で逝ってしまいました…。

オウムは長生きで老いても年を感じさせない…。
そんな事を当たり前のように、当然のように思っていました。
いつも居てくれるのが当たり前のはずだったのに、居なくなるなんて考えられませんでした。
ぽっかりと空いてしまったケージにまだ幻が見えてなりません…。

けれど万一、私の老後にもしもの事があったならと、将来の受け入れ先まで寂しくないところ、幸せに暮らせそうなところ…と、考えていたというのに…。

そんな短かった運命の我が家の子の数倍も長生きできたというのに…。
ケリーちゃんの一生はなんと切ないものだったのでしょう…。
タイハクオウムは心優しく、おおらかでとても寂しがり屋さんで、とても頭が良くて…。
ケリーちゃんの心には絶対に迎えに来てくれるという信念があって、一人ぼっちでどんなに寂しくても頑張って生きてこれたのでしょうね…?

そして、やっとままさんに引き取られ、それまでにトラウマとなってしまっていた時折思い出す不安と戦いながらも、幸せをかみ締めながら精一杯残された一生を生きていたのでしょうね…。

短い運命だった我が家のマイケルと虹の出ている草原で一緒に楽しく飛び回りながら遊んでいることでしょうね…。
ケリーちゃんはマイよりもお姉さんですがマイは男の子なので、ラブラブになっていてくれるといいなぁ~

ケリーちゃんのまま、ご家族の皆様に深く感動し
感謝のきもちは言葉では言い尽くせませんが、心からありがとうとお伝えしたくて…。

>yuさん
タイハクさんで10年は短かったですね。愛してくれている鳥が急にいなくなったらどんな状態になるか、私も去年味わいました・・・コガネですが・・・。
大型オウムはさらに頭が良く、感受性もあり、愛情も強いですからなおのことです。
私もケーちゃんのままさんに『ありがとう』という気持ちで記事をまとめて発信させていただきました。
読んでくださってありがとうございました。

とりさんのブログからやってきました。
子どもの頃から小鳥を飼って48年。でも、ケリーちゃんはもっと長い時間、ずっとケージの中で過ごしていたのですね。悲しくて、涙が止まりません。
でも、最後にもう一度、やさしい新しいママに巡り会えてよかったね。天国で幸せに羽ばたいて欲しい!

>sumakoさん
なぜてもらうのが大好きな大型鳥さんがケージの中に40年は想像するだけで苦しくなります。
始めてお話をお聞きした時も胸がつぶれそうになりました。
今回このエピソードをたくさんの方々に読んでいただき、心の中にとどめいただけたとこが何より救いであると考えております。
お読み頂きありがとうございました。

とりのブログからやってきました。
もう悲しくて悲しくてたまりません。
ケリーちゃんの自由が40年もかかったなんて。
私は今26歳です。
そう考えると、ケリーちゃんずっとゲージの中で.....。


人間って身勝手。
私はセキセイインコを飼っています。
鳥にとってペットになるのは幸せなのかって考えてしまうときがあるけど、愛情のかけ方なんですよね。

ケリーちゃんの話に戻りますが、私のブログで少しでも多くの方に伝えられればっと思いました。

ご連絡

こんにちは。
ケリーちゃんのリンク貼らせていただきました。

私も一度に読むことができませんでした。
読めませんでした。
こんな悲しいことは終わりにしたいです。

非力ながら伝えさせていただきます!!

>Mieさん
コメントありがとうございます。
そうですね。まずは愛情。それから、気持ちを感じてわかってやることですよね。
紹介していただいてありがとうございます。
自分のわがままで生き物を迎えているのだから、その命を大切に思ってお世話しなければね。

>naoさん
リンクありがとうございます。
どうお伝えすればよいか悩みましたが、ケリーちゃんの事例を無駄にしたくはなかったのです。
よりたくさんの人が、オウムも生き物も心があるのだということを知ってほしいです。
でも、その心を分かることはとても難しいことです。

はじめまして。

ケリーちゃんのことを知ることが出来て本当本当に嬉しく思います。。。涙が止まりません。。。。
動物は心を通わせ本当の家族になれると私は思っています。。。。人間の勝手で、遠いところから輸送され、展示され、売られる。。。。そして行った先の人間によっては辛い辛い年月を過ごさなくてはいけない。。。。哀しすぎます。
やっぱり生き物たちの命を軽く考えること許せません。。。
人間に愛情をくれる生き物たちの毎日がどれほど大切か。。。。笑いかけ、話しかけ、遊ぶことがどれほど幸せなことか。。。。。犬の十戒と同じです。。。。
ケリーちゃんのおかげで私は大切な物をひとつ心に貰いました。。。。有難うございます。
ケリーちゃんはきっと幸せだったでしょうね。。。。。優しい家族が最期側にいたのですから。。。。。。。

>蓮巣さん
読んでいただきありがとうございました。
『ペット』と称される生き物は行った先の人間の気持ちしだいで運命が決まってしまいます。そのことをもう一度考え直していきたいですね。
私もケリーちゃんがくれたものは大きいと思います。

はじめまして

読んで涙が止まりませんでした。

元飼い主さんも頑張っていたのは分かります。
喋れない動物だけに、一つ一つの動作や行動で100%理解しなきゃいけないという事を分かっていない、安易に「かわいい」だけで飼う(買う)買ってあげる人もケリーの話を読んで欲しいと思いました。

私の日記にも貼り付けさせて頂きます。
宜しいでしょうか?

>ラグーンさん
レス遅れて申し訳ありません。気が付きませんでした。
どうかたくさんの方々にお伝えください。よろしくお願いいたします。

もう何度も読み返してしまいました。
胸が熱く苦しいです。酷い状況の中で40年という長い年月を行き続けてきたのはきっといつかケーちゃんままに出会うためだったんだと思います。
これを見てケーちゃんままの日記も見たくなりケリーちゃんに関わった全てを読みました。
救われたのはケリーちゃんが幸せの中で虹の橋を渡って行った事と元の飼い主さんがどんな姿であれ嫌ってはいなかった事です。

この話は私の鳥仲間の全てに伝えたいと思います。
文章とケリーちゃんの写真を数枚使わせていただきます。
きちんと「著作権保有者の許可をいただいて使用しております」と明記いたします。

ケリーちゃんの事は本などに残しておいて子供達に読ませてあげたいです。

>ミチャボさん
読んでいただき、ありがとうございました。
是非とも伝えなければならないエピソードだと思い、書かせていただきました。たくさんの方々に知っていただけることを願っております。

>josephさん
I can read eazy English. ・・・・・汗???

少し身につまされるような

うちにも日中は一人ぼっちの黒猫が居ます。
父の猫だったのですが、昨年父が他界したので
他に行き場もないため引き取ってきました。
ただ医者によると喘息もちの私には猫の毛が良くない
とのことでした。食事と基本的なお掃除はしますが、
日に1時間以上は一緒に居る時間が取れません。
猫は一緒に居たい様でよく夜中でも大きい声で
鳴くのですが。
特に今年は天候不順で私の体調がずっと悪く、
13歳になった猫と遊べない状態です。
オウムさんの記事を見ると似てるので
困ったなぁと思う次第です。
(うちの猫も母の死・父の死の最も近いところに居ました。)

>黒猫院さん
コメントありがとうございます。
生き物を飼うということはなかなか難しいです。かくいう私もアレルギー体質で、わんこにブラシをかけるとそれはそれは惨めな状態になります。それでもわんこは慕ってくるのでヒイヒイ言っていますよ…わんこに『スリスリ』はしてやれません。鳥には反応しないのでまだいいのですが、愛犬モンモンちゃんにはちょっとかわいそうなことをしているかもしれません。

拝見させていただきました

初めまして
ケリーちゃんのこと 読ませていただきました。。。。
涙がとまりませんでした。。。。40年。。。。。
 
私は昔インコちゃんからはじまって文鳥、小桜インコと
一緒でした。今はダックスフンドとすずめちゃんを一緒に
生活しています。
子供の頃からキバタンを飼うのが夢でその夢をいつ実現させようかな~と思っているところでした。。。。

ケリーちゃんのコトを知って、
私に出来ることはなんだろう   と考えてみようと
思います。。。

私のブログにもリンク貼らせていただきたく
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

>こぺママさん
お申し出、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
『子供の頃からキバタンを飼うのが夢』でいらっしゃるということは、きっと色々調べていらっしゃることと思います。
うちで引き取ったアオメキバタンのジュリアも少なからずトラウマを抱えており、コンパニオンバード言えるようにするまでに3年を要しました。
しかし、ジュリアはまだ運のよかったほうなのだろうと思っております。人間不信には至っておらず、噛み癖もなかったからです。
羽かじり癖は難攻不落ですが・・・苦笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ケリーの記事を読んで

私は大阪に在住する者です。ケリーと同じ様な様子の子の本を何度か読んだことがあります。
けれど40年という長い長い時を一人ぼっちで閉じ込められたケリーの事は
初めて知りました。
休まなければ涙で 何度も何度も 休まなければ 涙で
読むことが出来ませんでした。

本当によかった ケリー良かったね。

私は、鳥さんと暮らして15年ほどになりますが
飼い始めるときたくさんの本を読み 心の準備をして
この子の人生をあずかる こと
私の心ひとつだということを
考え 考え抜いて お迎えに行きました。

お金や自分の環境が整っていないと幸せには出来ません。

小型のインコでも 15年 20年と一緒ですから

けれど離婚をして環境が変わり 次に一緒になった男性が暴力を振るうひとでした
家も一緒に遠くに引越ししたので、親もなくかえるところがありませんでした

鳥さんにも壁に投げつけたりするひとでした
私は少々殴られても 死にません
けれど小さな命小さい小さい体 戦いました
怖かったけど 戦い 真冬はだしで逃げて警察に飛び込むことも
公園で夜をすごすことも どんなときも 私は桃と一緒でした

桃の籠とご飯だけは 自分が下着すがたでも もって行きました。

桃がいたから生き抜けたし 寒くても 桃と密着しているほんの少しの面積は
暖かかった。

桃には今でも苦労をかけたと思っています。

桃に支えられました。

私が閉じ込められていたのは、ほんの4年です。
だけど、ケリーは40年という長い 長すぎる 年月を1人でさみしく

何故か その時の桃の気持ちや
小さい頃の自分の事とも重ねて ケリーの気持ちを考えていました。


本当によかたね。
今から今までの分いっぱい抱っこしてもらい カリカリしてもらい 美味しいものたべて
日向ぼっこしてね。

私も桃と新しい人生を生きていくからね。

いつも桃に抱っこされているのは私だと感じるのは変かしら・・・

今では、桃もお嫁さんをもらい
子供も三羽生まれました。

先ほど、記事を読んで私がワンワン 泣いていたので 桃が
どうしたの?うるさいよ?
と見に来てました。


長くなりましたけど 鳥さんの愛情は人以上にあると私は思います。
大型になれば憎しみも愛もすさまじいでしょう。

わんことは違い 鳥さんは 服従に喜びを感じません。

人間同士と同じように、一度築き上げた信頼関係も 一瞬で白紙になる
いいえ マイナスにもなってしまう また一から 信頼をきずく
難しいけどそれが鳥さんの 魅力だと思います。

私もオウムには夢があるけど、手を出すには まだまだ人間も環境がそろっていないし
夢がかなっても将来は、オキナインコ かな?

大きな部屋と 出来れば自由に安全に遊べる 小さくても 温室みたいなモノを
作りたいです。
もちろんずーとずーと先の話ですよ。
桃の意見も聞かないと・・・

>まむさん
ケリーちゃんの記事、読んでいただきありがとうございました。
つらい経験をなさったのですね。でも桃ちゃんを守ってくださったから、桃ちゃんも力になってくれたのでしょう。
DVに悩み苦しむ女性は多いようです。富山でもそういう女性たちが増え、受け入れ人数の多い新しい一時保護施設が完成したとニュースでやっていました。
でも、そういう男性ばかりではありません。桃ちゃんと一緒に根気よく探せば、きっと桃ちゃんも一緒に愛してくれる人がみつかりますよ。
ケリーちゃんも希望を持っていたから、最後は優しいご一家のところにいけたのだと思いますよ。

ありがとうございます

ケリーちゃんの事 知ることができて感謝しています。
うまく言葉がみつかりません。
ただ ただ 命あるもの 皆に 幸があってほしいと願います。 
非力ですが リンクさせていただきました。

>hayateさん
お読みいただきありがとうございました。
また、リンクもありがとうございます。
生き物と暮らす心構えとして、ケリーちゃんの話は心に念じていたいといつも思っております。

人間は愚か

私は人間が大嫌いです。
無論、例外はいますが。
この仔の場合、人間の身勝手ゆえの被害者です。
この仔はずっと、ずっとずっとずっと待っていたんでしょう?
人間は「飽きたオモチャ」でしょうが、この仔はそれでもずっと待ってたんです。何年も何年も。
できるならこの腕でぎゅっと抱きしめてあげたい。
そして少々過激だが、この仔をこんなにまでした人間どもを同じ様に四方1㎡の箱に閉じ込めて、一日一回のエサを与えるだけの生活を強いてやりたい。
飼うと決めたら家族として迎えろ!!
それができないなら最初から飼うな!!
生き物を飼うということは責任を背負うということだ!!
こんな仔は、人間の都合で不幸な目に遭ってる仔は世界中にいるんだろうなぁ・・・。

雨男さん
ケリーの飼い主です
ケリーのために怒っていただいてありがとうございます
もうケリーの姿はないので抱きしめることも、一緒にコタツで寝ることもできなくなりました。
でもあの子のことはずっとずーっと忘れないでいてやろうと思います。
今でも写真をみると悲しいほどぼろぼろなのに、その目は澄んだやさしいまなざしを送ってくれています。
どうぞケリーのことを忘れないでいてあげてください
そして人間の身勝手で不幸になる子が少しでも減っていくように祈ってあげてください
今我が家でケリーの後釜に座っている白い子は同じような境遇の子です。
与えられるだけの愛情をそそいで大切にしてあげたいと思っています。

涙と怒りが・・・

初めまして、札幌に住んでいるインコ母と申します。

あちこちのお部屋をロムしていてこちらのお部屋に参りました。
ケリーちゃんのお話しを読みながら涙があふれ、目を真っ赤にしながら最後まで読ませていただきました。
読み終えて涙を拭きながら、激しい怒りがこみ上げて来ました。
元の飼い主さんの事情は解りましたが、充分なお世話と愛情を向ける時間が足りないのなら、何故もっと早くケリーちゃんを里子に出す事を考えなかったのでしょうか。

インコやオウムは手乗りでなくても飼い主さんや家族の愛情とその子に合う餌や果物は必要不可欠です。
まして白いオウムは甘えて遊んでもらうのが大好きです。
鳥さんだけではなく、生き物を飼うと言う事は「その子の幸せな一生を保障する」事と思います。
ケリーちゃんは長い長い時間をたった一人で過ごしてきたのですね。 どんなに寂しく悲しい時間だったでしょう。
毛引き、片目を失う程の寂しさ。人間なら気が狂っても不思議ではありません。

最後の3年近い時間を新しく優しい飼い主さんに見守られて暮らした事が幸せな時間だったのでしょうね。
ケリーちゃんのお話しは忘れません。
ケーちゃんのままさんに鳥飼いとして心からお礼を申し上げたく書き込みさせて頂きました。

我が家には10年前に迎えた当時は軽い人間不信だったキビタイボウシインコ(年齢不明、多分23~24歳、♀)と雛時代から育てた13歳のヤマブキボタンインコがおります。
ボタンインコは高齢のために昨年の10月から白内障になりましたが、今でも愛する大切な子です。
キビタイは若鳥でないのも証明書が無いのも承知で迎えました。 オンリーワン傾向が強いボウシインコですが、3カ月程噛まれ続けて、一度も叱らなかった私には心を開いてくれました。 今ではボタンインコと同様に愛する大切な子です。
私にもしもの事があった場合は、ボウシインコは引き取ってお世話をしてくれる鳥友達がいます。その方もボウシインコ飼いさんなので、困った時は助け合いましょう。と固く約束をしています。

ケリーちゃんのように悲しい思いをさせる事の無いように、ペットと言うより家族と考える方が生き物を飼う資格があると思っています。
犬も猫も鳥もお迎えする時は、家族や友人の協力が得られる事、お部屋にその子が安心していられる場所がある事、そして何よりも先に衝動買いをせずにある程度の勉強をしてから迎えて欲しいです。

みだがはらんさん、ケーちゃんのままさん、辛くて悲しいお話しですが、大切な教訓として、私も今いる子2羽を大切に世話をして虹の橋に送れるように愛情を注いで参ります。
色々と勝手な事を書きましたが、どうぞご容赦下さいませ。


インコ母さん
ケリーのお話を読んでくださってありがとうございます
本当にケリーは幸せな子だと思います
お星様になった後でもたくさんの方の心の何か温かいものを灯し続けてくれています

実は我が家には今、ケリーと同じような風貌のキバタンがおります
そしてインコ母さんのご事情と似たようなアオボウシインコもおります
特にキバタンのポー(オス)はケリーよりも悲惨な日々を送って、たくさんの方々の善意の力で我が家で平穏に暮しております
はっきり言いましてこの子は虐待があった子です
そして毛引きで・・
おまけに攻撃癖と絶叫癖、脱走癖を持っておりました
今、7,8歳というところでしょうか、迎えて1年半、ずいぶん落ち着いた暮らしをしてくれています
この子を見るにつけ、どれだけケリーが幸せだったかを思わせるような・・・
それほどひどい状態でした
ケリーの元の飼い主さんは飼い方は間違っていたとは思いますが、それはそれはケリーのことを大切にしておりました
ましてや虐待なんてとんでもなく、知らない人の手に託すのもかわいそうと思われてのことでした

私にしてやれるのはほんの少しのことだと思います
腕に乗せて、頭を撫ぜて、声をかけて顔をみて・・・
でも家族に半分捨てられたようなアオボウシと、ケリーを思わせるすっぽんぽんのキバタンは今のところそれで満足・・だと勝手に思っております。

どうぞ愛鳥さんを大切にしてあげてください
私がいまさら言うことではないかも知れませんが、本当に愛されて、大切にされている子のお話を読むとほっとさせられます

もしよろしければその後の我が家のことが「ケリー」というブログにのせております
みだがはらんさんのブログにリンクさせていただいておりますので・・・

ケーちゃんのままさん  レスありがとうございます。

>インコ母さん
深くしっかり読んでいただき、ありがとうございます。
  >その子の幸せな一生を保障する
お言葉の重さ、痛感いたします。気持ちはそうであっても、なかなか満足に行かないのが現実で、それでも日々少しでも鳥たちが楽しいようにと、工夫を重ねるところです。
鳥たちの一途な愛情が、人間生活の心の糧となる。それを毎日感じながら暮らしていけたら、鳥も人間も幸せな日々を送ることが出来ると思っております。
ケリーちゃんの事例はいつも戒めになっております。ともに、鳥さんたちとともに、謙虚に楽しく暮らしていきましょう………
………などと…えらそうなことを書いていたら・・・
…たった今…コガネが2羽して・・・肩にウンPをこいて…逃げていきましたが……え~~…毎日こんな感じです…。
明日も前向きに進みます!

涙が止まりません。

自分も鳥と暮らしています。手乗りではありませんんが、もスキンシップをとっていきます。話しかけて、撫でて、たくさんの愛情をかけます。
ありがとうございました。

uzigagaさん
読んでいただいてありがとうございます
愛鳥さん本当に大切にしてあげてください
そして自然の生き物、植物にも優しい目を向けてあげてください
それが人を大切する近道ではないかなぁ~と最近思います
本当にケリーのことを知っていただいてありがとうございます

Re: 涙が止まりません。

>uzigagaさん
お読みいただきありがとうございました。
ケリーちゃんがくれた優しさの分も、鳥さんに注いで上げてくださいね。

号泣しました‥

こんばんは^ ^
読ませていただき
ありがとうございました。
‥ケリーちゃんは
とても強く美しい
オウムちゃんですね。
私達人間でさえ
-生感じることのない
孤独や寂しさや苦痛を
小さな体で耐えてきた
ケリーちゃんの思いや
姿に胸を打たれました‥。
何度読んでも
涙が止まりません‥。
立派だね、ケリーちゃん。
綺麗だね、ケリーちゃん。
ありがとう、ケリーちゃん。
そう言って
撫で撫でしてあげたいです。

そんなケリーちゃんを
少しでも多くの方に
知ってもらいたいと思い
私が今やっているGREE内にて
紹介させて頂きたいと
強く思いました。

‥しかしながらGREE内では
こちらのぺージに直接飛ぶことが
出来ない為に
ケーちゃんのままさん様と
みだがはらん様の文章を
GREE内の日記に書き写して
公開出来ればな‥と
考えております。
そしてもし、お許しを頂けるなら
ケリーちゃんの素敵な姿(画像)も
お借り出来たらな‥と‥。

急に勝手なことを言って
申し訳ありません‥。
気分を害されたらごめんなさい‥。
お返事お待ちしてます。

Re: 号泣しました‥

>ちびさん
お読みいただきありがとうございます。
GREEにコピペしていただいても大丈夫ですよ。
発信してから2年半以上経っているのにまだ読みに来てくださる方が多いので驚いています。
どうぞたくさんの方に伝えてください。

ちびさん
ケリーのことを知っていただいてありがとうございます
あの子が逝ってから三度めのクリスマスがきますが、そんなに長く離れていたような気がしません

今でもほんの近くに・・・
そしてまだまだ我が家のこたつの中にいるような・・
いやいるんじゃあ~ないかと思っています(笑)

どうぞ、どの写真でもお使いください
ほかにもご覧になりたければ、みだからはらんさんにも申し訳ありませんが、ここにメッセージをいれていただければいくらでも提供させていただきます

もうケリーのような子がいなくなるように・・・
ひとりぼっちになる子がいなくなるように
お力をお貸しください

今、我が家にはあの子の後釜にあの子よりもさびしい、厳しい日々を送ったキパタンがおります
もう2年半の付き合いになりますが、やっと、やっと普通のオウムになってきました

Re: みました・・・

>まよさん
お読みいただき、ありがとうございました。
テレビ局のアナウンサーからメールが来たこともありましたが、取り上げられてはいないです。
きっと、テレビではふれにくい内容なんでしょうね。
動物番組はおもしろおかしいところばかり編集して放送していますしね。
残念ですが。

我が家のシロちゃん

我が家にもタイハクオウムがいます。来日して飼い主が 4 人変わりました。最初の 3 年で 3 人です。ちょうどそのころコバタンのシロちゃん (初代) を 4 才で亡くしてしまいました (病気)。初代のシロちゃんが亡くなる 3 ヶ月ぐらい前に、二代目のシロちゃんが鳥屋さんに返されていたのです(羽はぼろぼろ)。店主に伺えば、最初の飼い主に引き取られた後、 2 人飼い主が代わって、最終的には最初の飼い主のところに返されたそうです。そして鳥屋さんに返されたのです。我が家の家族になって今年で 27 年になります。最初の 4 年は私や家族と暮らせたのですが、社会人から大学に進学した私はシロちゃんと別れての生活です。週末と長期休暇のみお相手できる状態になりました。大学から大学院後期課程まで行きましたので通産 9 年間離れ離れの生活です。学位修得後は、大学の非常勤講師やプロジェクト研究員として働かざるを得ずさらに 10 年近いお別れの生活が続きました。その間は家族や親戚の者が面倒見ていましたが毛引き症はひどくなる一方です。ケリーちゃん以上の無残な状態です。一昨年前から面倒を見ていた実父がホームと入院の繰り返しであったため、昼間ときどき叔母が相手にするくらいで夜は一人で暮らすのです。この暮らしが 1 年続きました。そして一昨年実父が他界しました。このときシロちゃんの「そのうから首」にかけて人差し指大の腫瘍ができていました。こうなればもうどうにもなりません。獣医に見てもらい投薬をしなければなりません。シロちゃんへの投薬は私にしかできないのです。幸い鳥は飼ってもかまわないという大家さんでしたから、プロジェクト終了までの 9 ヶ月間和歌山の自宅で暮らしました。腫瘍の方は消えてなくなり、尾羽や翼の羽は生えてきました。でも翼の下には羽は生えてきません (我が家の家族になったときからこの羽は無いのです)。やっと生まれ故郷の近くで職が見つかりました。現在はシロちゃんと一緒に暮らせております。夜は、私の部屋の止まり木にとまって寝ています。シロちゃんは今年でおそらく 30 才です。現在は元気に暮らしております。私は今年 51 才になりました。もし、私が先に冥府に参れば、シロちゃんは姪に面倒を見てもらうことになると思います。この子は、我が家の墓に入ることになるでしょう。祖母が購入したオウムでもありますから、祖母のそばで眠らなければなりませんからね。
 とにかく大型のオウム類は知能が高いため飼育が大変です。寿命も長いので、親子二代で飼育しなければなりません。しかし、いったん家族になればかけがえの無い存在であると言うのも事実のようですね。

涙が止まりません

我が家にキバタンがいます。
ごみ屋敷の電気もつけていない部屋の真ん中に置かれ
カゴの下は糞と餌があふれ水もたまにしか
変えてもらってなくもちろん出してもらえない状況にいた子でした。
部屋の隅のダンボールの中からはアオメキバタンの亡骸が
出てくる、タンスの裏はネズミの巣だらけ、
そんな状況下にいた子を彼がもらってきました。
初めは彼もキバタンを知ってるっていうだけで話をしたら
あげるよって軽く言われたらしく彼も
あっじゃあ、と(笑)
そんな感じで我が家にきたのですが毛引きはしてはいないのですが、
噛みつきがひどく私達も初めての鳥さんでどうしていいか分からずで
でも私の希望でカゴの中で育てる事はしたくなく
部屋に出して遊ぶという事をしてあげてたのです。
でも常にこわごわでこの子が歩けば足や手はあげるとか
もちろん噛まれた時の骨まで届くあの痛さも何度も経験して
過ごして来ましたがもうすぐ2年!
今ではあま噛みになり腕にも乗れバンザイも
出来る様になりました。
ただ寂しがり屋で呼び鳴きがひどくため息が出ることが
多かったのですがこの記事を読みケリーちゃんの気持ちを
思うと心が締め付けられる思いで反省しました。
もっと向き合って分かり合おうと初心に戻れました。
ありがとう!涙とともに自分の愚かさを
少しだけだけど流せた気がします。

はじめまして☆

緊張しながらのコメントなのでおかしいところあったらすみません。
ここのところ災難続きで凹んでばかりいました。

でもみだが羽蘭さんのブログに巡り合えて読ませて頂いて気持ちが落ち着いて和みました
自分で自分のことを少し追い詰め過ぎていたのかもしれません。

そんなことにを気づくきっかけをくれたみだが羽蘭さんとほんの少しだけでも言葉を交わしあえたらなと思うんですがどうでしょう…?
ほんの少しでも聞いて頂けたら自分の中で何かを変えられるんじゃないか…なんて思えたので。

コメントで悩みを打ち明けるのは気恥ずかしいですし名前の所から直接返せないでしょうか。

もし迷惑でしたらコメント削除しちゃってください。
急な申し出すみませんがお待ちしてます、

Re: はじめまして☆

>すももさん
ずいぶんと古い記事を読んでいただき、コメントもありがとうございます。
やっとで更新した最新記事に書きましたが、現在突然Win10になってしまい、
現在、メールの返信もままならぬ状況です。
人間長く生きていると
「災難続き」
と感じることも多いです。
でも、
それを当たり前のように
何とかしていると、
それなぜか自分の糧となっていきます。
〈人のせい〉
にしては成長できません。
どんなに経験を積んでも、
失敗してしまうことはありますよ。
でも、失敗したときに
それを切り抜けられる方法は
経験で獲得できます。
当たり障りのないことしかここでは書けませんが、
メールの返信は
少々お待ちください。

とにかく、
北陸特有の雷が落ちたため、
PCが突然Win10になり、
自由にメールも出せなくなっています。
あちこち設定しなおしで、
ちょっと時間があったら
修復作業にいそしんでおります。
よろしかったら
FC2ブログにはコメントを公開しない設定で
つまり、管理者しか見られないモードで書き込みができるはずですので、
それで書き込みしていただけないでしょうか。
時間不足で、PCの修復に今月いっぱいかかると思いますが、
それが一番短時間でお話をお聞きできる方法ではないかと思います。
お手数かけますが、
よろしくお願い申し上げます。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。