訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まちがいを発見して修正中…

とりあえず、ジュリアと金平糖の写真をUP・・・

今年の夏は、珍事件…というか…やれやれ?事件が発生…。
アオメとソロモンの女の子同士で仲が良いのは大変良いことで…
カキカキのしあっこをしているところは大変微笑ましいのですが…
なぜか二羽でシンクロするように…
二羽とも卵を産みました…

こんたまご

人口飼育下でオウムが性成熟することは珍しいと聞いていたのですが…

ずりあたまご

勿論 無精卵ですよ!
メスが2羽ですから!

053_20151015181146c2c.jpg

アオメ卵が3個とソロモン卵が2個でした。
かわりばんこに温めていたのですが…
セオリー通り、ひと月ちょっと温めさせてから…
取り去りました。

さて、
「テレビ報道がどこかおかしい」
と感じて調べ始めて止まらなくなり、
歴史・経済・世界情勢等々
いろいろ学習しておりました。
毎日日経平均を調べることが習慣化してしまいました。

しかし…最近の地上波テレビは
タレントのうちわ受けばかりで、
興味がわかず、必要最低限しか見なくなりました。
印象操作も多いと思います。
報道するべきを報道しない。

NHKも間違いが多い…
「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」
も、NHKの造語だそうで、
両方健康のためには必要だそうです。
逆に低すぎると癌になりやすいそうです。

ダイオキシンは猛毒?
毒ではないことが分かっているそうです。

地球温暖化も一つの『説』であって、間違いだと思っている学者の方が多いそうな…!
二酸化炭素は地球温暖化にほぼ関係ない。
これは以前から変だと思っていたのですよ…。

青森県で縄文時代の巨大遺跡が発掘されていますが、
なぜそれだけ大規模な集落が北国で出来上がったかというと、
当時は日本は亜熱帯だったのです。
ですから、青森県あたりでも食べ物は豊富で豊かに暮らしていけた。
その後、寒冷化に伴い冬場は食料に困る。
巨大な集落は続かなくなった…。
人々は生きるために四散していった。
…残って北国の暮らしに適応していった人たちもいた。

あれ?変だなぁ…
縄文時代は日本は亜熱帯だった?
縄文時代に地球は温暖化していたのか?
海水面は上がっていたのか?

北極の氷が全部融けたら海水面が上昇する?
…んなわけないでしょう。
アルキメデスの原理です。

実験してみましょう…
コップに水を八分目入れて、氷を浮かべます。
水面に印をつけて氷が融けるのを待ちます。
水面の高さは変わりません。
氷が水に沈み込んでいた分、水面は上がっていたので、
融ければ平らになるだけです。

地球が温暖化していることにしておくために、
印象操作できるの映像ばかり流していたということですね。

氷河が融けている?
当たり前です。
極冠の所で増えているのですから、
周辺部では常に崩れている。

たまたま北極の氷が少なくなった年に映像を撮って
地球温暖化を煽り、
次の年には氷が逆に増えていることは放送しない…。

北極の氷が少なくなった年に、実は南極の氷が逆に増えていたことも報道しない。
どうしても、CO2のせいで、地球が温暖化していることにしておかないといけないらしい。

なが~~~い地球創世の歴史から考えると、
日本が温帯か亜熱帯かというのは誤差の範囲内で、
どっちかというと現在は氷河期と考えた方が妥当という
科学者の意見に賛成です。

え?平均気温は上がっているって?
そりゃそうでしょう。
都市部に設置されている温度計で統計を取っているのですから。
都市化のせいでコンクリートだらけですから、
上がって当たり前。

これについては科学者の武田邦彦さんや丸山茂徳教授のお話でお勉強させていただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・

『上野の西郷さんは本人とは似ていない。
銅像のお披露目があった時に奥さんが
「うちの人はこんなんじゃない」
と言っていた。』
という歴史物の番組を見たことがありますが、
これも間違いでした。
本人に、極めてよく似ているそうです。
西郷隆盛を描いた肖像画が多数あります。
奥さんが言った意味は
「人前で寝巻を着たまま歩き回るような人ではない。
身なりに気を使う人だった」
と、いう意味だったのだそうです。

事実の日本の歴史は面白いです。
そして、
日本は凄い国ですね。

テレビとゆがめられた歴史教科書に騙されないようにしましょう!
歴史教科書は私が子供の頃より、さらに酷くなってきているようです。
70年前のアメリカの陰謀と、近くのわがままな国のせいもありますが、
ちゃんと言い返せるようにならなければならないと思っています。

そういえば、テレビで『邪馬台国』について特集する時は、
いつも「近畿説」と「九州説」で、結論が出ないような終わり方ですが、
実はとっくの昔に結論が出ているそうです。


まず、音からして、
邪馬台国=ヤマト国=大和国
ですよね。

答えは旧唐書にちゃんと書いてあるそうです。

つまり
二つともあった!

二つあって、近畿の方が九州の方を併合した。

↓旧唐書より一部抜粋
日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名。或曰:倭國自惡其名不雅、改為日本。或云:日本舊小國、併倭國之地。其人入朝者、多自矜大、不以實對、故中國疑焉。又云:其國界東西南北各數千里、西界、南界咸至大海、東界、北界有大山為限、山外即毛人之國。

 日本国は、倭国の別種なり。その国は日の出の場所に在るを以て、故に日本と名づけた。あるいは曰く、倭国は自らその名の雅ならざるを憎み、改めて日本と為した。あるいは日本は昔、小国だったが倭国の地を併せたという。そこの人が入朝したが、多くは自惚れが大にして不実な対応だったので、中国はこれを疑う。また、その国の界は東西南北に各数千里、西界と南界いずれも大海に至り、東界と北界は大山があり、限界となし、山の外は、すなわち毛人の国だという。


シナの歴史書はどれも他国を見下して悪く書いたり、悪い意味の漢字を当てたりするので、細かいところは気にしない。
ちゃんと
「日本国は倭国の別種なり」
「倭という名前が気に入らなかったから、日の出る方向にあるので日本という国名に変えた」
「倭国の地を併せた」
と記録してあるところを褒めてあげましょう…。

話ちょっとずれますが、
『卑弥呼(ひみこ)』はどう考えても『姫巫女(ひめみこ)』
に悪い意味の漢字を当てて書いたのではないか(宮脇淳子先生談)
…という意見に賛成です。

話戻る
だから、ヤマトタケルの命(尊)がクマソを征伐に行ったお話があるわけですね…。

ねずさん(小名木善行氏)の本やお話のおかげで、歴史認識がまともになりました。
↓基本編
CGS日本の歴史_ねずさん


面白いですよ。
・始めに縄文人がいて、そこに渡来人が来て現在の日本人になったというのは
まちがい!
 縄文時代から、色々な顔の人がいたのです。
・半島から日本に稲作が伝わって弥生時代に稲作が始まったというのも
すでに覆っている!
 縄文時代から日本ではすでに稲作をしており、遺跡も発掘されているのです。
 

その他、歴史に関しては、宮脇淳子先生も面白いです。

とりとめのない話になってきたので・・・このくらいにしておきます。
申し訳ありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。