訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼

協力してくださった方々へ
このたびはケリーちゃんのエピソードを伝えるにあたり、多くの方々にご協力いただき、本当にありがとうございました。
人によって考え方も色々あり、受け取り方も様々であろうとは思いますが、このエピソードは心に念じておかねばならないことであると考え、非力ながら書かせていただきました。
快く書くことを許してくださったケーちゃんのままさんを始め、伝えてくださったすべての方に心より御礼申し上げます。

ランキングをあげてくださいとお願いしたことは、そのほうがたくさんの方々に知っていただけるであろうという意図からであり、みだがはらん本人はそれほどこだわってはおりません。
ご協力頂きありがとうございました。

カウンター(同じIPアドレスからのアクセスは一日一カウントしかしないタイプ)の上がりかたが思いの他凄いので、驚くとともに感謝の気持ちも高まっております。

きっと、ケリーちゃんは今頃、たくさんの温かい心を持つ方たちの力で風に乗り、日本全国を飛び回っているだろうと思います。

本当にありがとうございました。

泣かいた

(富山弁注 泣かいた=泣かせた)
boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

ありがとうございました

みだがはらんさん・ケーちゃんのままさんへ。
こちらこそ感謝しております。
改めて家のインコ達の事を考えるきっかけになったと共に、リレーでどんどんリンクしていってくれた鳥友さん達の暖かい心に触れられる事ができました。
ケリーちゃんの話が風化しない様、ずっと伝えていきますね。

今頃桜前線に乗ってケリーちゃんは飛び回っているんでしょうね。(ななごんちゃんも一緒に飛んでいそうですね)
もし出合ったら、最後はケーままさんの所に帰るのよと伝えておきますね。



私も・・・

こんにちは。
私も感謝でいっぱいです・・・

コメント・・・
って、うまくできない私です。
涙した事の意味を考え直そうと思います。

凄いですね・・・小さくても集まると大きくなることが実感できます。

太陽ちゃんお元気ですか?
って、すみません。(笑

泣かいたがだ!

私も泣かされてしまいました。
目がはれて、むくんで、大変でしたよ(^-^;)

ケリーちゃんの記事を、紹介させていただきました。
鳥さんには詳しくないので、何か間違いがございましたらご指摘ください。
みだがはらんさん、これからも泣ける記事、笑える記事(特に後者!)楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

途中、夜中に寝ぼけながら書いていて、朝起きたら「ひ~まずい!!」と言う状況で、書き直したいのに先に済ませなければならない野暮用がたくさんあって、あせりながら必死で書き換えて・・・という状況もありました。
申し訳ありませんでした。なんとかここまでこぎつけることができました。

>あーさん
伝えてくださってありがとうございます。
そうですよね。風化しないようにしなければ、ケリーちゃんが40年待っていたことが生かされません。
ななごんはケリーちゃんの付添い人をしてくれていれのでしょうか?そうかもしれません。私にとってはななごんが永遠に大切な子なのですから。ありがとうございます。
そのうちケリーちゃんもままさんのところへ帰っていくでしょうね。ままさんにはわかるでしょう。

>nishiさん
初めてケリーちゃんのことを聞いた時も、落ちた時のことを聞いた時も、さんざん泣きました。
うちのジュリアに言いましたよ。
『あんたの方がはるかに幸せじゃん!!・・・まだ若いし…』
連携って凄いですね。改めて実感したしました。
太陽はむちゃくちゃ元気です!
そのうち動画を貼ります!く~ちゃんのお気に入りです。

>megyu さん
ご紹介ありがとうございました。
大型オウムをご存じない方でも分かるように注釈を付け加えておいたのですが・・・伝わるといいな・・と思っております。次回はかなり「さぶい」話しを書こうと思っておりますので、『幻滅』しないように期待しないでおきましょう…汗

みだがはらんさん、初めまして。
うずらと申します。宜しくお願い致します。
只今涙と鼻水でオモシロ顔に変身中です。
私もブログを作っていますので、ケリーちゃんのお話を伝える一人になりたいなと思います。
今は混乱中v-12ですが、改めて遊びに来させてくださいませ。

>うずらさん
オモシロ顔になってくださってありがとうございます。
そちらの地方にもケリーちゃんを旅させてあげてください。
よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

転載させてもらいました

はじめまして。ケリーちゃんの話、読ませてもらいました。
あまりに長くつらかったと思います。
なんとなく流行ったからとか、そんな理由で飼ってほしくないです。
大事な家族として一生のことを考えて飼ってほしいです。
ケリーちゃんが最後ママに出会えて優しいママに抱かれて
亡くなったのがせめてもの救いです。
まだまだ鳥さんはマイナーですがなんとなくオウムが
ブームになってしまうかもしれません。
二度とこんなひどい目にあうことがないように願って
コピーさせてもらいました。一人でも多く伝わればと
思っています。

ありがとうございます

>なぽさん
転載ありがとうございます。
オウムがブームになって、その将来を考えた時が怖いですね。犬や猫ですらいらなくなったら捨て打てしまえばよいという考え方を持つ日本人はまだたくさんいますから。
そうならないよう、ケリーちゃんの話を伝え、いましめていきたいとおもいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

事後報告で申し訳ありません。私のブログで、ケリーちゃんのことを紹介し、こちらのブログにリンクを貼らせていただきました。
一人でも多くの方に、事実を知ってもらいたくて・・・。

>sumakoさん
リンクありがとうございました。
無駄にしたくない事例であると思います。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。