訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例枝垂桜2008

ソメイヨシノが散り始めると、城南公園の枝垂桜が咲く。
ジュリアお散歩4年目の枝垂桜。4年前、お散歩のスタートはこの桜の木からだった。
08-1

桜の枝がオウムにとって安全なのかどうかは定かではないが、とりあえず枝はかじらせないようにしている。
08-2

しかし、花をかじってしまった・・・・。
枝垂桜花

これこれ・・・
枝垂桜で写真を撮った後、おに~さんとおね~さんと一緒に遊んでもらった。
08-5

・・・・・このお兄さんの腕に乗るまでには実際にはかなりの時間がかかっている。アオメキバタンは慎重派だからね。
08-6

遊んでくださってありがとうございました。
ジュリアは今日も進歩したのかしなかったのか分からないくらいの進歩をしたようなしなかったような・・・・??
boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

桜の木・・・。

こんにちは。
桜の枝は、あまりよくないって言われていますよ。
毛虫の時期とかには消毒されていたりする、という理由もあるそうです。
とはいえ、ケンちゃんのスタンドには、使っていましたけど。
もちろん枝打ちされたのを拾ってきて。
しっかり洗って、煮沸して、乾燥してですが。
結構硬いので、長持ちしました。
皮をゴリゴリはぐから、掃除が大変だけど。

こんばんわ。
さくらの花は食べても大丈夫だそうですよ^^
野生のワカケさんやスズメさんがさくらの花の蜜を食べにくる映像を見た事があります。

お外だと知らない人でも時間をかければ触れるようになるのですね~まさしくコンパニオンバード!
うちの葵はその点、ダメだなぁ~知らない人には噛み付くから^^; 蘭は逃げるし~(汗

アタシもぜひ 近くなら散歩している公園に出没して
さわらせて頂きたいくらいです!

いいなぁ~ 近くの方。

大型のとりさんはとりんぽ(散歩)とゆう楽しみもあるんですね。とりんぽ夢見てフライトス-ツとリ-ドを購入しましたがス-ツ自体をつけてくれませんでした(涙)。
トリンポは夢で終わりそうです。

>ぱふさん
桜の木はこだわりの大工さんが時々建築材につかっていらっしゃるみたいですね。堅いから長持ちするそうです。
公園の木々は時々薬剤散布されていますから、そういう作業が行われていないか、よく窓から見ています。先日は芝生に除草剤をまいていました・・・やれやれ・・・。
情報ありがとうございます。
バラ科の植物はどうしてこんなに毛虫やアブラムシに好かれるのでしょう・・・・!?

>真水さん
『桜の花茶』というのをいただいたことがあるのですが、鳥が食べても大丈夫なのですね!?来年はもっとかじらせようかしら・・・・いや、しかられそうだからやめておきます・・・笑
いやいや、知らない人の腕に乗るようになるまでに3年かかっていますよ。葵君も蘭ちゃんも修行しだいですよ。きっと・・・。
↑のぱふさんちのアルーのケンちゃんはショップで接客暦が長かったので、「知らないおばさん」の腕にもすぐに乗ってくれましたが、アオメのジュリアも接客暦が長いはずなのに、ぱふさんの腕には行きませんでした。オスとメスの差と、アルーとアオメの性格の違いがあるのでしょうね。

>ポチ玉飼い主のアタシ さん
「とりんぽ」!!??ありがとうございます。今度からその新用語を使わせていただいてよろしいでしょうか??笑
ジュリアは翼の筋力が弱いのと、風きり羽を折ってしまうのとで全く飛べないので、お散歩ができているのですよ。
まあ、「弱点を強みに変える」というやつですね。
大型もハーネスやフライトスーツを嫌がる子が多いので、なかなか「とりんぽ」は難しいようです。
散歩をしたほうが『オンリーワン防止』になるし、『社交性』もつくのですが、飛べるのにわざわざ羽を切ってまで散歩に連れて行くかどうかは飼い主の判断です。
決断を下すことは難しいですね。
でも、ジュリアの実践を通して言えば、私はやはり「とりんぽ推奨派」でしょうね・・・苦笑

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。