訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそろい

どうも『勘』は良いほうなようなのだが、どきどき
『なんでこんな簡単なことに気付かなかったのだろう!?』
と自己嫌悪に陥ってしまうことがある。

去年友人が『手作りじんべいさん』をくーちゃんに送ってくださって、よく着せていた。
丁寧に縫ってあって、くーちゃんのお気に入り。
昔から定番の生地で作ってあった。
今年も暑くなってきたのでお風呂上りに久しぶりに着せた。
去年はダブダブだったが、今年はサイズぴったりだ。
………そこでやっと気が付いた・・・・。

これっておそろいじゃん!?
おそろい

ケリーちゃんのお洋服と同じ生地だ・・・。
(ケリーちゃんの写真は著作権保有者の許可をいただいて使用しております。ケリーちゃんのセリフはケーちゃんのままさんがつけられたものです。)

『勘』の良い皆さんは、どなたが送ってくださったかわかるよね!?

お散歩ジュリアのテレビニュースのおかげで、新しくこのブログに来てくださるようになった方々が多く、中にはブログ左上に出してある『ケリーちゃん』の記事を読んでくださった方もいらっしゃるようだ。
『拍手履歴』や『コメント』で確認しております。
ありがとうございます。
でも、まだ見てくださっていない方は是非読んでみてください。
目を背けたくなるかもしれませんが、どうか読んで、そして伝えてください。
プリントアウトしてお友達に読んでいただいてもかまいません。
ケリーちゃんのような子が二度とでないために。

順番に読んでくださいね。
40年という時間

伝えてください

オウムは心を寄せる

ケリーちゃんが教えてくれたこと
boti2
ちなみに我が家ではひいばあちゃんが「ばあちゃん」なので、みだがはらんめは『大きいママ』と呼んでもらっております。「ば〇ちゃん」と呼んだら罰金1000円を支払うきまりです。
くーちゃんを連れて歩いていても『お母さん』とちゃんと間違ってもらっておりますのでよろしく・・・笑
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

最近思う事

みだがはらんさんの日記に出会ってケリーちゃんのことを知り沢山の人に知ってもらおうと私の日記にも書かせていただきました。ケーちゃんのままさんからもコメントをいただきました。
とっても可愛そうだなと思って読んでいくうちに元の飼い主さんも決してケリーちゃんを大事にしてなかった訳じゃないと知って少し気持ちが軽くなりました。
でも、もっと早く何とか出来なかったのかな?と言う気持ちはあったのですが。

私は暇があるといろんなブログを見て回るのですが、捨てられた動物って本当に多いんですよね。
飼ったばかりのセキセイの雛を他人の自転車の籠におきざりにしたりエレベーターの中にインコを捨てていったり。
紙袋に子猫を入れて車からポイ捨てしたり、人間って本当に残酷な事をしますよね。
自分が飼っている子達をどうしても手放さなければいけなくなってしまうこともあると思います。
でも、せめて次の飼い主さんを探す事ぐらい出来るはずです。相談に乗ってくれるところもきっと見つかるはずです。
動物と暮らしている人がみんな優しい人である事を願うばかりです。

>ミチャボさん
伝えてくださってありがとうございます。
ケリーちゃんの元の飼い主さんはどうすることもできなかったのでしょうね。
これからの時代は、万が一の時のためにPCは有効利用したいですね。全国規模で連絡を取り合えますから。
昔ながらの方法には、中には良い習慣もありますが、途絶えさせたい習慣もあります。
その悪い週間のひとつが
『捨てれば誰かが拾ってくれるだろう』
という考え方です。
それで飼い主が見つかった子は幸せなのでしょうが、そうでない子もいるでしょう。
情けない習慣です。

いつも拝見しています。

 たまたま見つけたケリーちゃんの話 涙が止まりませんでした。我が家にもオカメをはじめ8羽の鳥さんに囲まれています。私も飼ったからには最後まで責任をもってかわいがってやりたいと思っています。事後報告になりましたが私のブログにも張り付けさせていただきました。何人かの方が見てくださりまたUPしてくださったようです。
 

>レモンちゃんさん
紹介していただき、ありがとうございます。
全国にはもっとかわいそうなことになっているオウムやインコがたくさんいると聞きます。ケリーちゃんの話を伝えることでそういう子たちが少しでも減ることを願っております。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。