訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっぽん的ガブリンチョ

すっぽんって、いったん噛み付くとなかなかはなれないんだよね・・・。

ブログにしてからはきゃっちのことについてあまり書いていないので書こうと思うのだが、まずは『おさらい』が必要だね。
だからまず前半はこれまでのあらまし・・だ。

きゃっちは『ミックス』のウロコインコだ。
(飼い鳥界では『ハイブリッド』と言われているが、考えるところあってあえて『ミックス』としております)
関西生まれなのでセリフを入れるときは関西弁風になっている。
関西の方で『関西人はこう表現する!』という場合は遠慮なくコメントをお願いいたします。すぐに訂正いたします。
・・・・・よくケーちゃんのままさんに直していただいていたのですよ・・・・感謝

さて、きゃっちの得意技は『ニギコロ』だった・・・。
ななごんが生きていた頃までは上手に出来ていた。
にぎころきゃっち

きゃっちはななごんを慕っていて、いつでもくっついていたがった。
ななごんきゃっち

しかし、少々問題もあった。
あまりに独占欲が強く、愛情が強すぎ、思い通りにならないとななごんに噛み付くこともあったので、ななごんは困っていた。
(旧日記の写真マンガより)
うぎゃ#12316;

カキカキのしあっこをするのはいいのだが、相手の羽を齧ってしまう。だから、ななごんの羽はあちこちちょっと齧られていた。それで、ある程度カキカキした後はななごんはきゃっちから逃げていた。
(旧日記の写真マンガより)
8[1] (2)

ななごんがあまりにもママにべったりだったので、嫉妬したのか、きゃっちはだんだんママの手に噛み付くようになっていった。
ななごんが逃げてしまうと、ベル君の後追いもしていた。しかし、テンニョインコとコニュアは性質が異なるので、ベル君は『逃げ』の一手だ。
(旧日記の写真マンガより)
1[1]


さて、きゃっちが慕っていたななごんが落ちてしまった・・・。
そのときから、きゃっちのニギコロは困難になってきた。ライバルだったママに本格的に攻撃し始めたのだ。
(正確な原因は不明だが、品質の落ちた古いペレットを食べたために『食滞』を起こし、手遅れになった可能性が高い)

でそのひと月後、コガネの早明大とダッキュウがやってきた。
きゃっちはダッキュウちゃんにすぐになついたが、それはそれで問題があった。
ななごんは飛べたので適度に遊んでやった後は逃げることが出来たのだが、ダッキュウちゃんは障害があって飛べないので、逃げることが出来ないのだ。
ダッキュウちゃんはどちらかというと早明大と遊びたがったが、一日『一時間』程度はきゃっちとも遊んでいた。
そうしないと、きゃっちが自分の尾羽を齧ってしまうからだ。
きゃっちは早明大をライバル視しており、同時放鳥すると攻撃するようになった。
だから、いつも時間差をつけて放鳥していた。
しかし、このところダッキュウちゃんはきゃっちを『拒否』するようになってきた。

カキカキしながら羽を齧って痛めるし、ときどき痛いことをしてくるからだ・・・・。

あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たず・・・
多種飼いの難しいところだ。

だから、鳥と鳥の関係については結構気を使っているのである・・・。

後半は『続きを読む』↓をクリック たくさん写真を貼ると重くなるのでなぁ・・・・
『鳥を飼っていてうちの鳥は幸せなのだろうか』とか
『鳥を飼っていたが幸せだったのだろうか』とかやっぱり思ってしまう。

きゃっちの場合もうちに来て幸せなのだろうかと思ってしまう。
きゃっちはあまりにも野性味が強く、攻撃的で、独占欲が強い。

しかし、お嫁さんを探してやるわけにもいかない。
なぜなら、そのお嫁さんが羽を齧られ、思い通りにならなかったら、噛み付かれてしまう可能性が強いからだ。
だからできることは、欲求不満で尾羽を齧らないようにケージの中で楽しく遊べるように工夫する。
毎日飛ばせ、思いっきり遊ばせてやるなどのことだ。
ダッキュウちゃんと遊ばせるわけにはいかなくなったので、最近はまたベル君に一役買ってもらっている。
ベル君は逃げ回ってはいるが、それはそれなりにきゃっちにとっては『挑戦』になっているようだ。
がぶりん1

がぶりん2

がぶりん3

がぶりん4

すっぽん的ガブリンチョ~!!
ぎゃ~~~!!
がぶりん5

がぶりん6訂正

boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

ママさん痛そう!
きゃっちちゃん、いたずらっ仔でとっても愛くるしい眼差しですネ!
私も鳥達(家の鳥、会社の鳥、)や犬にジ~~~ッと見つめられると ふっ と考えてしまいます。
この仔ら(鳥達、犬)は幸せなんやろか、って
確かなことは、この仔らが居てくれて私は幸せです。

はじめまして

はじめまして。
オカメルチノーのはっぴ~の育て親をしています。

いつも楽しく拝見させて頂いています。
沢山の鳥さんに癒されてます。
これからも、みんなの活躍を楽しみにしています。

我が家のガブリンチョはコザクラのさくらかなあ~
耳たぶにかぶりついてイヤリングやってますから(苦笑)
思わず首をふって振り落とすんですが・・また戻ってくるんですよ・・耳たぶに(笑)
いくらしかっても懲りないやつです。

ところできゃっちちゃんの最後のせりふ
「最強やでぇ~」のほうが・・その写真の目にあっているような(笑)

レスのろまですみません・・・

>AHOさん
きゃっちの魅力は『ワイルド』なところでしょうか。
噛み付くしね・・・。
でも、そのわがままなところが面白いとこでもあります。
楽しませてもらいながら、観察して、お勉強になっていると凝りもあります。

>はっぴ~ママさん
書き込みありがとうございます。
ケリーちゃんの記事を読んでいただけたようで、感謝です。
鳥さんは心が深いのでなかなか難しいですが、お互いに楽しみながら暮らして行きたいと思っていますよ。

>ケーちゃんのままさん
いつもありがとうございます。関西弁が良く分かっていないのに使おうと思っているところに問題があるのですな~~~笑
何とか訂正しました・・・滝汗
今回は写真加工ソフト専用の保存をしていなかったので作文添削手法でやってみました・・・ははは・・・。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。