訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕尾服

催事場の柵に巣立ったばかりのツバメの若鳥がいた。
親鳥がごはんを運んできてくれるのを仲良く待っている。
燕尾服をカッコよく着こなしてスイスイ飛べるようになるまで、もう少しかかりそうだね。
燕尾服

むかし むかし 
とある温泉町に地方銀行が二つありました。
一つは地元の県に本店がある『地元銀行』
もう一つは他県に本店のある『他県銀行』でした。
全国的な規模からすると『他県銀行』のほうが大きかったのですが、そこは昔ながらの温泉町。
『地元銀行』のほうが優位を保っておりました。

さて、とある年、『他県銀行』に新米の支店長が赴任してきました。
新米支店長は旧制中学しか出ていませんでしたが、大学出の行員に負けずに良く働き、いつか『支店長』になることを目標にしておりましたので、大変張り切っておりました。
また、この新米支店長は人を笑わせるのがとても上手な人でした。面白いことを言ったりやったりするので、たくさんの人から好かれていました。

さて、その年の大晦日。新米支店長は行員たちに言いました。
『明日は全員燕尾服を着て集合するように!』

年明けの正月元旦
足が長くてスマートでダンディな新米支店長は燕尾服をカッコよく着こなし、行員たちを引き連れ、丸一日かかって温泉旅館にあいさつ回りをしました。
温泉街を歩き回る燕尾服ご一行様はさぞかし人目を引いただろう…。
あけましておめでとうございます
他県銀行でございます
年始のごあいさつに参りました

そして燕尾服の一団は支店長を先頭に温泉旅館の玄関に並び、ピシッと頭を下げたのでした。

『面白い支店長が来た!』
この『他県銀行』の斬新で突飛なあいさつまわりはたちまち評判となり、たくさんの温泉旅館のご主人たちは他県銀行に鞍替えしてしまいました。
そしてその『他県銀行温泉町支店』は前代未聞の超記録的な預金伸び率を達成したのでした。

しかし、『人を笑わせる』のが上手な人というものは、実は『神経質』である場合が多い。
次の次の赴任先には『単身赴任』しなければならなかったので、支店長は神経性胃潰瘍になってしまいました。一人でいると余計な心配ばかりしてしまうし、なにより奥さんがそばにいないと寂しくて不安になってしまうのです。

退職後は入退院を繰り返しておりましたが、最後は奥さんに介護してもらいながら15年間病院で過ごしました。
微妙なバランスを保って生きていた元支店長さんは『転院』を告げられて神経質になり、たちまち体調を崩してあっという間に亡くなってしまいました。
意識がなくなる直前、元支店長さんは長年の介護ですっかり腰が曲がってしまった奥さんの腕を、いとおしそうになぜていらっしゃいました・・・・とさ・・・・。

安心してください。
ちゃんと毎日お母さんのところに通うからね・・・・。

スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。