訪問者数
伝えてください ケリーちゃんのお話
ケリーちゃんのような子を二度と出さないために・・・
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

みだが羽蘭

Author:みだが羽蘭
『嫁にするなら日本女子大』出身
大学卒業後は15年間公務員をしていたが、第3子が出来た頃から寝たきりじいちゃんを抱える身となり、専業主婦に転身。

しかし、専業主婦はつまらないので、どこでどう間違えたのか、『鳥オタク』になってしまった。

その後、寝たきりじいちゃんと入れ替わるように認知症のバーちゃんをかかえる身となった。
…やれやれ…

ついでに、なぜか…家業の会社役員に転身した…ようで…現在に至る。

長女がネットショップを立ち上げたが…母の強力な要請により…初代愛鳥コガネの名前になった…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前へ!

なにせジュリアさんのおかげで羽は齧られ慣れているし、予想していたことだったし、大きい子どもを3人育てたり、難しいお年寄りの相手もしていたりするので・・・・・
・・・・きゃっちが羽を齧ったからといってうろたえたり、動じたり、悲観したりは全然なし・・・。
ひたすら、『傾向と対策』を考えて、前に進むのみ。

それで、きゃっちの毛引きの話の続きだが、やはりきゃっちはひたすらダッキュウちゃんにくっついてカキカキしあっ子をしたいので、おもちゃではごまかすことが出来ないところまできているようだ。
・・・性成熟しての『発情による毛引き』と考えたほうがいいかなぁ・・・。
夜寝るときにケージの中に入れたら、朝までにまた齧っていた・・・
・・・・ということは、ケージの中に入れるだけで『ハゲ』がひどくなるということだ。

とにかくきゃっちのケージを丹念に調査。
トレイと、敷き紙の下に入れてあった段ボール箱。体羽が大量に落ちている。
対策1

体羽の根元をよく見ると、ほとんど『毛根』がついている。
対策2

ジュリアの場合は根元で切って落とすので、毛根はない。きゃっちの場合は毛根がついているから、引っこ抜いているわけだ。
対策3

しかし、出血したり傷ついたりはしていない。そうとう頭にきて興奮状態で抜いていったんだろうな・・。
抜いて一週間ほどで、新しい羽がどんどん生えてきている。
対策4

ということは、栄養状態に気をつけなければならないということだ。
夜もケージの中に入れられないと言うのはちょっと厳しいが、続けてみた。
ダッキュウちゃんのケージの上か、早明大のケージの上で寝ているようだ・・・。
なぜ、早明大のところ?
対策5

日中はきゃっちと早明大のケージを開けたままにしているのだが、きゃっちは早明大のところにも遊びに来ている。ただし早明大はきゃっちが怖いので寝袋の中にもぐりこんでしまう。去年よくつつかれたり尾羽を折られてしまっているので『カキカキのしあっ子』は拒否だ。
対策6

しかし、今年は飛んで逃げることが出来るので、隣の居間によく逃げてくる・・・。
ドアのところにつるしてあるレースのカーテンの隙間をくぐりぬけて・・・・・。
対策7


次はジュリアさんの風きり羽の写真。
冬の間に齧ったり折ったりしてスカスカ状態だったが、8割方生え揃っている。
左翼
はね1

右翼
はね3

今年はどうなるかな~~~??齧らないでね・・・・。
はね4

boti2
スポンサーサイト

テーマ: 小鳥大好き
ジャンル: ペット

コメント

きゃっちちゃんは、引っこ抜いてて、ジュリア姫は、齧ってて、
何もかもひっくるめて『毛引き』って事!って、分かっていても、
字(文)を読むと「なるほど」って再確認が出来ます。
愛情表現の出し方って、人(鳥)によって違うって事も再確認です。
きゃっちちゃんも、何かほかに興味が向く、いいものが出来るといいですね!
ジュリア姫も、このまま生えそろうといいですね!
みだがはらさん、『前へ』ですか!
たくましいです、私も見習います(脱帽)

>AHOさん
気を付けていても鳥の性格によっては抜いたり齧ったりしてしまうので、いちいち一喜一憂しているとお世話係のほうが参ってしまいます。かといって、何も対策を講じないわけではないのですが・・・。
きゃっちはもう少し経過観察が必要なようです。以前は放鳥している最中でも尾羽を齧っていたので、結局『カキカキのしあっ子』をしたいようなのですよ…。
・・・やれやれ・・・。
引っこ抜くほうが毛引きとしては深刻なようですが、回復も早いようです・・・汗
「前へ!」はとある人格者の受け売りです・・・苦笑

前へ!

みだがはらんさんの毛引きの仔への深い愛情には、いつも感動しています。

前へ!と前向きにいくしかないのですね。これからも、様子を見守らせていただきたいと思います。

>はっぴ~ママさん
いつも子どもたちには「『失敗』したらその原因を調べて次の経験に生かそう」と言っていますよ。まあ、えらそうなことは言えないのですが・・・。私も子どもの時、不注意からセキセイインコを逃がしてしまったことがあって、散々泣きました。でも、それが今に生きています。
前向きで行こうね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。